※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コズミックブレイクは腐ってもTPSなので可能であれば
マウスやキーボード等のデバイスを扱い易いものにすると良い。
安価に収めるならQcK+G400+DRKB109がド安定

このページではおおまかに各種デバイスについて説明する。

+ 目次



マウス

入力機器の中では一番影響が出やすいのがマウスである。
ゲームをやる上で重視すべきポイントは、
・自分の手の大きさ、持ち方に合った形状
・センサの追従性能
・ボタンの数の豊富さ
等が挙げられる。

ゲーミングマウスのセンサは光学式とレーザー式の二種類がある。
基本的には光学式がベターとされるが、現在ではそこまで気にする必要はない。
ただし、マウスパッドによっては相性差などがあるのでそこに気をつけたい。

IntelliMouse Explorer 3.0(IE3.0)

元はゲーミング用では無かったが、
センサの性能と持ちやすさから愛用者が多かった。
生産停止から一度はセンサを改良した復刻版が登場したが
現在では復刻版も生産停止になり、後続機が出ずトンデモプライスになっている。
  • サイドボタンのヘニョヘニョ感が気になる -- 名無しさん (2012-01-31 19:54:18)
名前:
コメント:

MX518

こちらもIE3.0同様、持ちやすさとセンサの性能に定評があり
ゲーミングマウスのスタンダードだったが、生産停止。
駄菓子菓子ほぼ同じ形状の後続機であるG400が発売されたので
現在でも変わらず入手が容易である。
  • ホイールが固め -- 名無しさん (2012-01-31 19:54:29)
  • G400はセンサによってはMX518のような直線補正が無いものがあるとか -- 名無しさん (2012-03-13 22:51:28)
名前:
コメント:

G400

MX518の後続品で形状は一緒といっていいレベル。
PID 13333以降の製品はセンサの直線補正が無くなった。
価格も2千円台と安く、入手が容易。
形状に不満がなければ大体これでいい。
名前:
コメント:

sensei

名前の由来はまじで先生から。
海外では格闘技とかの師匠を「sensei」とかいうとかなんとか。
機能としては、底面にLCDディスプレイが搭載されており
マウス単体でセンサの設定等が可能となってるトンデモマウス。
センサの性能も文句なしでハードウェアとデザインは完璧だが
マウスの設定をするソフトのSteelSeriesEngineが圧倒的にうんこ。
あとお値段高須クリニックなので壊れた時が悲惨。
  • 表面に手垢が付きやすい。拭けば取れるのでこまめに掃除が必要 -- 名無しさん (2012-01-31 19:58:43)
  • 持ち方によっては使用しない方のサイドボタンを誤爆しやすいので設定で使わないようにすると良い -- 名無しさん (2012-01-31 19:59:26)
  • LCDディスプレイやLED等の機能削減、センサの変更で軽量で安価になったSensei[Raw]が出るとかなんとか -- 名無しさん (2012-03-13 22:37:39)
  • Fnaticエディションは表面がラバーコーティングで側面がkanaのようなツンツルテンのプラ -- 名無しさん (2012-07-18 01:34:54)
名前:
コメント:

Deathadder

Razerの定番マウス。持ってないからなんとも
  • 手ごろな値段で普通に買える貴重な左利き用マウスがある。サイドボタンがついてるモデルもあるから安心。感度が良すぎてマグロになりそうではある -- 名無しさん (2012-07-24 19:23:48)
名前:
コメント:




マウスソール

マウスの底面部分に貼ってあるマウスパッドと触れる箇所。
ゲーミングマウスであればデフォソールも滑りの良いものが多いが
使っていくうちに摩耗するので長く使いたいならあると便利。
基本的には滑りやすくするための物だが、最近ではARTISANから
滑りを抑えるためのマウスソールが出されている。

カグスベール

本来はマウスソールではないが、カグスベールシリーズの
トスベールをポンチでくり抜いてソールを自作すると
安く滑りを良くできる。あとホームセンターにあるから入手しやすい。
名前:
コメント:

Hyperglide

様々なマウスの形状に合わせたマウスソールを販売している。
価格と入手性に難有りだが、性能は折り紙付きである。
デフォでソールのエッジが丸められているので引っかかりを感じないのもポイント。
名前:
コメント:

Perfect Glide HD

PureTrakの販売しているマウスソール。素材はテフロン100%
Xai用の形状の物を使用したがデフォルトのソールよりも硬く厚みがあり、
LoDを短めに設定している場合は反応しなくなる。
滑りはテフロン100%なので抵抗なくスムーズに動かせる。
厚みがあるので消耗の激しいプラ製パッドを使用する場合にお勧めだが、
日本で入手する場合は秋葉原のArkか通販ぐらいしかないのがネック。

  • あと今回買ったのは5セットのものだが付属のアルコール綿は4セット分だけだったりするのは海外企業らしい -- 名無しさん (2012-05-02 02:12:01)
名前:
コメント:

零一式、零二式

ARTISANのマウスソール。滑りを良くするための物ではなく
ARTTISANの滑りの良いマウスパッドを止めるために使うためのものである。
滑りの良いマウスパッドで止まりやすくしたいなら候補に入れてもいいかもしれない。
名前:
コメント:




マウスパッド

カーソルの移動を安定させたり、マウスの滑りを良くしたりするのに重要。
様々なマウスパッドがあるがおおまかに分けて、布製とプラ製の二種類である。
シリコンやらガラス金属とかもあるが主流なのはこの2種類。
布製は価格が安く、滑りはほどほどだがよく止まる。
織り目の関係で縦横で滑りが違う場合も。
プラ製は価格が少し高めで、滑りが良いが止まりづらい。あとソール等の消耗が激しい。
大抵縦横で滑りは均一である。

QcK

SteelSeriesの布製マウスパッド。ド定番マウスパッド。
様々な種類がありサイズ以外にも厚さ等も差があるが
価格が安く、入手しやすい。迷ったらとりあえずこれ。
名前:
コメント:

Goliathus Speed Edition

Razerの布製マウスパッド。ゴラスピ。
一言で言えばプラ並みに滑る布。
QcKでさらに滑りが欲しいと感じたら。
名前:
コメント:

DharmaTactical Pad Glass Reflective

DHARMAPOINTのシリコン製マウスパッド。
国内企業なので家電量販店でも入手しやすい。
滑りと止まりは良いが、波打つ感じがある。
ギンギラギンにさりげなくない。
名前:
コメント:

紫電改

ARTISANの布製マウスパッド。これ布じゃない。
表面にガラスコーティングがされているので
感覚としては滑りの良いガラスを布の沈み込みで止める感じ。
ただ、布にしては滑りすぎるので場合によっては専用のマウスソールが必要になる。
表面ガラスなので冷たいのと、色が微妙な苺色なのがマイナス要素。
名前:
コメント:




キーボード

メカニカルやら静電容量無接点やらなんやらかんやらあるけど
同時に認識できるキーの数が多いものが良い。
斜め移動で2キー、ブーストに1キー、MAP確認に1キー、ダイレクトウェポンに1キー、アイテムやRCに1~2キー
これが想定できる限界なので7キー以上認識できれば良いが
こんな基地外じみた操作を同時には厳しいので
自分の想定できるキー数同時押し可能なものを選ぶと良い。
あとはWindowsキーが効かなくできるものや、扱い易いものなど好みのものを。

DRKB109

DHARMAPOINTのエントリー向けキーボード。キースイッチはメンブレン。
配列は日本語109キーで特殊なキーは無いので
普通のキーボードの様に扱える。
またFPS操作で多用される一部キーの同時押しが可能となっており
CBをするならまず不満がでないようになっている。
見た目等は値段相応だが2千円台で買えるので
初めてのゲーミングキーボードとしてお勧めできる。
名前:
コメント:

DRTCKB102PBKS

DHARMAPOINTのメカニカルキーボード。キースイッチはCHERRY黒軸。
詳しいことはレビューサイトに丸投げするが、Windowsキーがないので
誤爆を気にしなくてよく、左CTRLキーが押しやすい。
また、省スペースであるが10キーを搭載しているので
バザー時やクリム屋に投げるときに便利である。
特殊な配列なので人を選ぶがハマる人にはとことんハマる仕様。
駄菓子菓子今現在は売ってないかなしみ
名前:
コメント:

Majestouch

FILCOのメカニカルキーボード。キースイッチはCHERRY製のスイッチ。
テンキーレスモデルや迷彩塗装のもの等、種類が豊富。
中に鉄板が入っており重量があるので長時間使用してもズレない。
打ち心地も鉄板があるのでしっかりしている。
ただ、人によってはパームレストを使用しないと打ちづらく感じるかもしれない。
  • ゲーム用なら赤か茶安定。実物触れる環境なら実際に合うかどうかを確かめたほうが良い、特に黒軸は人を選ぶ -- 名無しさん (2012-07-18 01:36:40)
名前:
コメント:




テンプレ


デバイス名

説明
#comment