※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VIA創設の経緯


幻惑解散通告について

7/7に幻惑総督(煌◆KIRA....Xs)より
「幻惑の解散宣言をして欲しい」 との依頼を請けました。
代表(煌)曰く、代表を含む幻惑自体の力不足や過疎化などの
諸問題から解散を決めたとのこと。代表本人は「もう森ガイには戻らない」
と、決めているためリア友である僕、 ひれんじゃく を通しての通告となりました。

今後の幻惑について

解散とはいったものの、僕は折角立ち上げたこの組織を解散してしまうのは 勿体無い と考えました。そこで、これより次期幻惑ならぬ組織を編成しようと思っています。
しかし、次期幻惑は“論争組織”では無く“多面的組織”として復活させたいと考えています。
もちろん、 論争 という分野も入った“多面的組織”です。
そして、規約・メンバーも一掃し、できれば組織名も替えるつもりです。
ただ、 幻影との関係は今後も継続させていきます。
いま幻惑があるのも、幻惑を設立したのもすべて幻影のおかげです。
そもそもここは幻惑のパロディスレとして立てられたものでした。
煌が赤犬(幽霊)に論破され、煌は代表に向いていないと言い
PTAが攻撃を検討していたときに懸命に説得して守ってくれたのも幻影でした。
やはり 幻惑にとって幻影は感謝すべき組織なのです。 本題に戻りますが、今後はすべてを白紙に戻しゼロベースでやっていきたいと思います。


VIAはこのように創設された組織です。応援よろしくお願いします。