※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おすすめ周辺機器


このページでは、おすすめのゲーミングデバイスを紹介します。

FPS使用に超おすすめヘッドホン

モニター用のヘッドホンの為、1つ1つの音がハッキリ、クッキリ聞こえる用にチューニングされています。

ですからFPSに使用するには非常に優れた音の聞き分けで出来るので、足音や銃声をハッキリと聞き分ける事が出来ます。

また、重低音を少なく設定しているので臨場感は減りますがFPSでは不必要な重低音を抑える事が出来るのも大きな特徴です。

まさに音聞きが重要なサーチルールでは、その効果を発揮します。

こちらはヘッドホンなので別途、単品マイクが必要になります。

価格あたりの性能を考えると、非常に良い商品だと思います。
長いケーブル、クリップ、ミュートスイッチにそこそこの音質でこのお値段はお得です。

長いケーブルはサウンドカードに直接マイクを挿すのに役立ちます。
クリップは衣服にマイクをくっ付けるのに良いですし、
ミュートスイッチも同居人に話しかけれれた時や、電話が来た時に便利です。
音質もそこそこで、価格が抑え目なので、万人にオススメできる良いマイクです。

おすすめヘッドセット

PCやゲーム機・DVD/BDプレイヤーなど、光デジタル出力可能な機器に使える、本格派ゲーマーズヘッドセットです!

ゲーム音は臨場感たっぷりです。
ゲーム音を聞きながらボイスチャットもできるのでオススメです。

ヘッドホンも重厚感はありますが、それほど気になりません。
長時間装着してゲームをしなければ問題ないと思います。

説明書も日本語ですし、初期設定(接続)も問題なくできました。

高機能である分、どうしてもコード類が多くなってしまいますが、それを除けば大満足です。
FPSをやる方にはハズレのないアイテムだと思います。

お手持ちのヘッドセット/ヘッドホンやスピーカーと組み合わせればPlaystation 3/ Xbox 360やパソコン、Macを大迫力&高音質に!

結論から言うと、「足音が聞こえすぎ」ます。

テストのために、CoD:BOにてNUKE TOWNで動作確認しましたが、
建物の周囲に来た敵兵の足音が二階の奥から聞こえます。
「足音で策敵したい」という目標に対する効果は十分です。
(モード切替でスカウトモードにした場合)
*方向のみ。高さ方向はわからない。

また、本製品はヘッドセットでの使用を前提としており、
ボイスチャットをかなりクリアにしてくれます。

接続も簡単!・・・なのですが、私の場合初め音声が再生されず、
色々抜き差しが必要でした(本体から電源を取得するための
USBコネクタを刺しなおしたらうまく出ましたが)

本製品の対象が、

・XBOX360(専用コネクタ:PS3共用)
・PS3(専用コネクタ:XBOX360共用)
・PC(USB接続)

となっているので、色々使い方に幅があります。

別売りですが、純正のワイヤレスヘッドセットもあり、
ワイヤレスでクリアに音を聞きたい人にもいいかもしれません。

*シアターモードについては、まだ検証してませんが、
 ゲーム時の音質から言ってかなり良いだろうと
 判断しています。

FPSに限らず、さまざまな目的に使えると思います。

ゲーマー向けデバイスを多数販売しているRazer製のヘッドセットです。
複雑な構造ではなく、シンプルな2chヘッドホン+ノイズキャンセリング付きブームマイク。

音質は所謂「ドンシャリ」。FPSゲームでは音がハッキリとした印象で、好き嫌いは分かれるタイプかもしれません。
マイクの感度は良好で、ノイズキャンセリングによるバックノイズの除去も優秀です。

ケーブル途中にあるボリュームで音量、マイクON/OFFが可能ですが、この部分が弱いせいか、ボリュームをいじるとシャリシャリとノイズが出るようになってきました。
ヘッドセット側のボリュームはいじらず、PC側で調整してあげると良いかもしれません。

イヤーパッドはソフトで、長時間の装着でも痛みや疲れを感じさせない素材です。
ただし耳を覆うようなタイプなので、メガネをつけていると耳が痛くなるのは他製品と同じ。

発売から暫くしても値段の変動が少ない製品ですが、ボイスチャットを含めたゲーム向けのヘッドセットが欲しい方にはオススメです。

それほど長い時間かけていた訳では無いのですが、すでにパッド内のスポンジが上部分のみ完全にヘタってしまいました。
それによって中の硬い部分に耳が押し当てられてしまい、ものすごく痛いです。掛けていられません。
後に購入したATH-770COMと比較しますと、10段階で

音      Siberia 6   ATH-770COM 7
付け心地   Siberia 7   ATH-770COM 5
耐久性    Siberia 2   ATH-770COM 6
マイク    Siberia 4   ATH-770COM 7

な感じです。新しい時はSiberiaの方が付け心地はよかったです。軽いし、側圧が強いので頭を動かしてもほとんどずれませんでした。
主にゲーム用として使用していましたのであまり関係は無かったのですが、デザインもSiberiaの方が良かったです。というよりゲーム用のヘッドセットで見た目を重視してるのってこのシリーズかRazerの音がちゃちいのしかありませんよね。
合皮でできたパッドカバーがもっと簡単に取り外しできて、中身を簡単に変えれればずっとこれだったと思いますが、いかんせん接着剤で貼り付けてあるだけなので難しいです。
いい線でしたが、おしい商品でした。

●見た目
ヘッドフォンといえばオーディオテクニカと言う人がメーカーが作ったヘッドセットですので、
見た目は本格的なヘッドフォンで”道具”としてのかっこよさがあります。
単純なヘッドセットやゲーミング用途のヘッドセットの様な派手さは無いですが、マイクが無け
ればヘッドフォンのエントリーモデルと言った感じの結構本格的なデザインです。
普段ヘッドフォンとして使用しても違和感が無い作りだと思います。

●マイク
どうやらノイズキャンセリングタイプでは無いようですが、マイクの音質にうるさい友人などを
相手に使っても不満無い様で、余計な環境ノイズは比較的拾いにくいようです。
例えば、マイク近くで使うことが多いキーボードのタイプ音ですが、相手にも聞こえているよう
ですがさほど気になるほどでは無いとのこと。
キーボードはLogicool Wireless Illuminated Keyboard K800です。
安物のキーボードやメカニカルキーボードよりは静かな程度のタイプ音です。
また、感度も他のレビューと同様きちんと取れているようで、マイクの作りは良いと思われます。
案外この辺の性能を軽視している製品が多いので、ここはヘッドセットしては重要かと思います。
マイク自体が結構自由に動かせるのも○。

●装着感
イヤーパットは肌触りがよく装着感は良好ですが、やや締め付けが強めで多少圧迫感はあります。
締め付けで頭痛が出るなどで苦手な人には慣れで使っていけるかどうかギリギリの線では無いかと。
頭がそれほど大きくない人だと大丈夫かもしれません。(私は大きめなので・・・)
あと密閉型なのとイヤーパットの材質的に夏場は蒸れそうです。
ただし、この辺は音漏れとトレードオフかもしれません。
ヘッドセットは音漏れがあると、ハウリングを起こして相手に不快なノイズを聞かせる事があるので、
この辺は致し方なしかも。

●操作性
音量・ミュートのスイッチ類ですが、耳に近いので他の製品で慣れていると、多少手こずるかもです。
慣れればなんてこと無いですが。クシャミなどの対応には確かにスライド式でホールドしにくいことも
あって、とっさの対応は慣れと練習が必要かも。
あと、少し気になったのはiPad/iPhone用のアダプタ使用時にミュートをONにすると、スピーカーまで
OFFになってしまう点。(不思議とアダプタ使ってPCに繋いだ場合は大丈夫)
この製品をiPad/iPhoneのヘッドセットとして使う用途はレアかと思いますが、一応注意が必要です。
実際はミュートする時はクシャミや他の人との会話だと思うので実用上あまり問題にならないかもですが。

●音質
ヘッドセットは音質を諦めていたので、これまでのヘッドセットにはヘッドホンとしての用途には全く
期待していませんでしたが、この製品はヘッドホンとしてもなかなか優秀なレベルだと思います。
iPhoneやiPod付属のヘッドフォンで日頃聴いているような人だと間違いなく音質的に良いと感じるレベル。

3~4万するクラスのインイヤータイプのヘッドホンを日頃使ってますが、こちらと比べると確かに解像度
も控えめですし、値段相応というのを感じますが、とてもバランスよく仕上げられているので、これは
これでアリだなぁと感じました。むしろ何かしながら使う事が多いヘッドセットという用途を考えると
十分すぎる仕上がり。

●総評
実売価格を考えると、とてもコストパフォーマンスが高い製品だと思います。
特にヘッドホンとしても十分に使えて、1粒で2度美味しい製品に仕上げられてる感じました。
もう一クラス上の1万円中頃のヘッドセットとも勝負できると言われている方もおられますが、実際に使って
みると、なるほど納得と思えます。
惜しむらくは、メーカーがあまり積極的に売り込んでないことでしょうか。