松屋会記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天文2年(1533)に奈良の塗師〈未〉松屋久政〈未〉によって起筆され、3代にわたって書き継がれた会記。
千利休をはじめ、当時の茶の湯を知るための史料となる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。