南方録


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

千利休の茶の湯伝書。
利休の弟子、南坊宗敬〈未〉が師から見聞したことを書きとめたものといわれる。
原本は実在しないものの、博多黒田藩士立花実山〈未〉の書写本が伝わる。しかし、これは、断片的な資料をもとに実山が編集加筆したものと考えられている。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。