茶事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

茶事(ちゃじ)とは、茶席をしつらえ、茶道具をととのえ、懐石〈未〉菓子濃茶薄茶炭点前〈未〉で客をもてなす催しを言う。
一口に茶事といっても、催す季節や時間によって、内容や趣に違いがある。

「茶事七式」といわれる正午、暁、朝茶、夜咄、飯後、跡見、不時(臨時)の茶事と、独特の形式をもった口切り、名残、一客一亭、夕ざりなどの茶事がある。

茶事七式

正午の茶事

暁の茶事

朝茶事

夜咄の茶事
夜咄の茶事は冬の夜間、主客で共に語り合う茶事。
詳しくは夜咄の茶事

飯後の茶事

跡見の茶事

不時の茶事

その他の茶事

口切りの茶事

名残の茶事

一客一亭の茶事

夕ざりの茶事
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。