紙釜敷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

炭手前〈未〉に用いる他に、床の荘りに香合を乗せる敷物として用います。

初炭手前に用います。

白の美濃紙〈未〉一帖(48枚)を四つ折りにして用いる紙釜敷は、利休が懐紙を用いたのが始まりで、真の位の釜敷とされる。

席中には炭斗に入れず懷中して出る。

のちに奉書〈未〉檀紙〈未〉などや箔押など好まれるようになる。





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。