底取


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

底取は、灰〈未〉の出し入れに用いられます。
銅で平椀状にして直角に手が立ち上がり、手は竹の皮で包まれて、その上から紺麻糸が巻いてあります。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。