中置


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10月始めから開炉までの時期に、点前畳中央に風炉を据える扱いをすること。

風炉は、ふつう畳の中央より左に据え、水指〈未〉釜〈未〉の右側に置きます。
しかし、10月にもなれば肌寒い日もあり火の気が恋しくなるため、火を少しでも客に近づける気持ちで、それまで道具畳の左に据えられていた風炉を真中に寄せ、その反対に、水を入れた水指は客から遠ざけ風炉の左に置く扱いをします。

その場合、水指を置く場所が普段よりも狭くなるため、胴廻りが細く背の高い細水指〈未〉を使用する。また風炉もできるだけ火が見え、暖かさを感じるものが用いられます。

この季節が終わると、いよいよ炉〈未〉の季節です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。