花籠


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花入の一種。桃山時代、わび茶〈未〉の発展とともに重視されるようになる。


花籠の種類

桂籠 かつらかご

蝉籠 せみかご

宗全籠 そうぜんかご

鉈籠 なたかご

虫籠 むしかご

唐人笠 とうじんがさ

鮎籠 あゆかご
掛けて使用します。
鮎取りの籠に見立てられています。
季節は6月から7月。
【茶器/茶道具・花入】掛花入 鮎籠

掛花入 鮎籠



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。