ALF-GJK > Session02 > Ver=rater

フェア=レータ<Ver=räter>

「あの、私、フェアっていいます! よろしくお願いします!」
「わあ、奇遇ですね! こんなところで会えるなんて!」
「絶対その方が素敵だと思います!」
「ふーん。それで、首と胴は繋がってなくてもいいの?」

クラス

リンクス エイリアス ニンジャ
Lv.3 Lv.3 Lv.2
ウル フレイ ツクヨミ
  • Exp.160

ライフパス等

種族:リンクス
外見:ピンと尖った耳。細く長い髪。黒のゴシックドレス。
出自:暗殺者/死の導き手:隠密時与ダメ+1/リンクスの身体能力は最適
境遇:売買/クエスト:契約の執行/アルフレッドに拾われた
邂逅:主人:アルフレッド/銀十字軍の女性エイリアス部隊"ゴルテンラウプ"に配されている
シャード:リングに結ばれた紫の円柱

能力値


能力値
体力 反射 知覚 理知 意志 幸運
Basic 11 12 13 12 11 14
Bonus 3 4 4 4 3 4

戦闘能力値
未装備 装備時
命中 11 11
回避 8 9
魔導 10 10
抗魔 10 10
行動 19 19
耐久 24 24
精神 27 27
攻撃 6 光10/雷6

防御 炎/氷/雷 光/闇
通常 2 1 1 0/0/0 0/0

特技


リンクス
Lv.1 猫の手 常時 種別:射撃の武器の物理攻撃、魔法弓での魔法ダメージ+2。射撃武器の必要体力-CL。
Lv.1 魔法弓 オート 魔法攻撃直前。射程を射撃武器のものに。
Lv.2 猫の足 マイナー 隠密時メインプロセスの命中+2、与ダメ+3。
Lv.1 激高 マイナー メインプロセス中与ダメ+3。
Lv.3 ワンツーアクション マイナー マイナー2回。

エイリアス
Lv.1 インプリント 常時 任意の特徴取得。美形:異性の反応が超良くなる。
Lv.1 エイリアス部隊戦闘服 常時 同名アイテム取得。
Lv.1 身代わりの羊 オート 命中判定後、代わりに回避判定。
Lv.2 模造I:スカベンジャー 常時 W.A.R.S.:ヴァルキリージャベリン
Lv.2 模造I:運命の女神 オート 判定後振りなおし。ラウンド1回。
Lv.3 カバラ迷彩 マイナー 隠密状態になる。シナリオ3回。

ニンジャ
Lv.1 ニンジャ装備 常時 防具:黒装束:隠密状態での全判定+1。ゴシックドレスと言い張る。
Lv.1 ニンジャ装備 常時 アクセサリ:影衣:隠密状態での与ダメ+2。腰に帯く飾り布。
Lv.2 黒羽の刃 Dロール前 与ダメ+1D。投擲武器を一つ消費。
Lv.2 忍法:射刀の術 メジャー 魔法攻撃。必要体力反射+CL以下の白兵武器を消費。与ダメ:武器の攻撃力+3D6。

コンボ

  • <ミドル用>
マイナー:激高 + メジャー:リンクスの弓 + 黒羽の刃 = <雷>9+2D

  • <ヴァルキリージャベリン> シナリオ2回
マイナー:ワンツーアクション・カバラ迷彩・猫の足 + メジャー:ヴァルキリージャベリン(射)+ 黒羽の刃 = 命中+3 <光>18+2D

  • <ニーベルンバレスティ(笑)> シナリオ1回
加護:ウル(隠密) + マイナー:ワンツーアクション・激高・猫の足 + オート:魔法弓 + メジャー:射刀の術(ヴァルキリージャベリン) + 黒羽の刃 = <光>15+4D

装備

  • 装備
武器(右):ヴァルキリージャベリン(思い出のリボン)
防具   :黒装束
アクセサリ:影衣
その他1 :バックラー
武器(サブ):リンクスの弓(両手)

  • 一般アイテム
ダガー x2
ポーション×3
MPポーション×3
ショートボウ
メイジスクロール:マジックシールド

  • コネ
関係
主人 アルフレッド 変態。慕ってはいない。
契約 ウェンツェル・バルトハウザー 爺。
好敵手 アルヴィト げ。…奇遇ですねアルヴィトさん。こんなところで会えるなんて!
ビジネス ウェーラン・スミス 初めて会った時、周りに人がいなければ殺しにかかってた。あなたに私の何が分かるというの。

  • 所持金
1000ゴルト

設定

「幼い頃の記憶は無いの。
覚えている最初の記憶は人買いに売られたところかな。
正確にはエイリアスじゃないけど、ご主人様の権力でその地位に収まってる。
今の境遇? 別に、思い入れも反発もないよ。
期待される役割があるなら、その分は働くけど。
他に生き方も知らないし。
自分の過去を知るにしても、今のお仕事が一番それに近づけるんじゃないかな。まぁ別に興味ないけど。
普通のリンクスと違うことは分かってる。だから気に入ってるの、今の名前。」

Verräter(フェレータ)とはドイツ語で裏切り者を意味する。
リンクスのくせに帝国に付いてるだなんてとんだ裏切り者よね。って感じでキャラクター自身がそう呼ばれるのを気に入ってる。

言い訳

  • 言い訳など無い。クラス、見た目、設定、全て全力全開で趣味に走った。
  • 隠し設定や別パターンが浮かびまくってきて語りきれない。
  • シナリオ1本できた。
  • 帝国と仲の悪い種族でありながら帝国側に付くリンクス。最高だろ。それに付随するドラマがあったことは想像に難くない。
  • キャラクターのモチベーションは、主人への忠誠ではないが、言われたとおりに仕事をするのは苦ではないところにある。買われた立場だし、まぁ従うのが普通か的な。
  • 苗字は伸ばさないほうが語呂いいかな。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。