ALF-GJK > Session31 > after

諸々

ダメージの消去―――HP・MP全快
装備の回復―――クライマックスで影響の受けた装備の数値を元の値に戻してください
コネクションの消去―――任意
コネクションの記入―――登場NPCに関しては自由に取得してOK。PCに関してはそのPLにも了解を取ってください。
レコードシートの記入―――次回サインします。

報酬

経験値の配布

経験値を使用したPCは申告すること

セッションに最後まで参加した

全員に1点

クエストを達成した

  • 【アスガルドの探索】してない。【標的を狩る】何を標的と定めたかは今回微妙かなぁ。【解呪の方法を探る】探ったし、(意図しなかったけど)解呪できないことも確認したし、自分の求める方法を再確認した。 -- T.O (2017-06-04 19:01:00)
  • 【アスガルドの探索】すっかり忘れてた。【奈落の侵食から解放される】今回はちと違ったな。 -- Campari (2017-06-04 21:13:05)
  • 【真実の探求】した。【少女の正体を知る】知った。【アスガルドの探求】してない。 -- 四式 (2017-06-04 22:55:29)
  • 【秘密を守る】オープニング前からばらしちゃいけない情報だだ漏れさせてた? シリマセンネ? こいつの"秘密"へのスタンスは、中盤ハンスさんに黙っとこうよって言った時のもの(信頼と自分で見極めるため以上の情報はいらない)なので、個人的には申告はさせていただきたく。【"堕天使"サマエルの目的を知る】ちゃんと調べたつもり。サマエル自身の目的がそれだけかは難しいかなというとこもある。 -- yume (2017-06-05 03:13:00)
  • 【己の探求】過去を知りたいと思い、知った上でどうするかを選択した。 【イスカリオテ・ユダで何が起こったか知る】知るために行動して知った。 -- yshzw (2017-06-07 07:49:23)
  • 忘れてた。【少女の正体を知る】知った! -- Campari (2017-06-10 23:18:24)
名前:
コメント:

倒した敵のレベル合計÷PC人数

チョットマッテ

登場したシーン数

各々(シーン数÷3)点

良いロールプレイをした

PL(自薦含)から2件以上のコメントが入ったPCに1点

“ヴルメリオ”ジグムント=ジークフリート・マクシミリアン
  • 30万と6人との対話を選べる覚悟、見せてもらいました。エンディングのメルヴィとのやり取りも毎回面白いよね。 -- T.O (2017-06-04 19:01:44)
  • やっぱりヒロインと存分にいちゃついてもらわんとな! という気持ちも新たになりますな。 -- 四式 (2017-06-04 22:56:50)
  • やっぱり主人公ですな! 映画館の話もそうだし責任取りきるところがまさにメリ夫。 -- yume (2017-06-05 03:13:15)
  • プリムラとの会話での自然に話しかけたり押しにたじろいだり、ちゃんと情報も得ようとしてたりの流れが上手い。そしてヒロインを見捨てないために手段を尽くすところはさすがの一言。 -- yshzw (2017-06-05 20:08:43)
名前:
コメント:

ミュリエル
  • 自宅での出来事からのプリムラへの詰め寄り、自分の出生、それを全て受け止めての決意。どれも素敵でした。 -- T.O (2017-06-04 19:02:03)
  • 自分と過去との向き合い。お見事でござい。 -- Campari (2017-06-04 21:13:29)
  • 背負った業が昇華されていく素敵なストーリーテリングを見せていただきました。 -- 四式 (2017-06-04 23:00:03)
  • 丁寧なキャラクタ表現の結果の未来という印象。家族みんなからの話を聞くところが、ジンと来た。 -- yume (2017-06-05 03:13:28)
名前:
コメント:

ズィ―ベン・レルン・ツァウベラー
  • 紳士な物腰、メリオを後押しする姿、なんといっても可愛がられてる姿に。 -- T.O (2017-06-04 19:02:27)
  • ずるいねずみだった。「我が主は」がクリティカル。 -- Campari (2017-06-04 21:14:28)
  • そりゃもう、みんなモフりますわ(深く頷きつつ。エンディング、フレイでの人形回収の提案には素直に脱帽。 -- yume (2017-06-05 03:13:41)
  • 個人的には丁寧かつヴァーハナなのに年齢を感じさせるその口調がまず好き。そしてヴルメリオとのやりとり、人形に関する提案と、老紳士らしい気の回りが素晴らしかった。 -- yshzw (2017-06-05 20:20:53)
名前:
コメント:

ベルナドット・アスクィス
  • ハンスの行動を言葉で御したり、情報を渡したり、「不良・軍人」それぞれロールで示せるあたり、流石だよねto -- T.O (2017-06-04 19:02:46)
  • すいすいとPCとNPCの間を縫っていくのは流石のyume。それがらしさになってるのが素敵。 -- Campari (2017-06-04 21:15:43)
  • 仕事はこなす、意気は通す。両方スマートにこなすから相変わらずやり手よな。 -- 四式 (2017-06-04 23:03:40)
  • ハンスの言いくるめっぷりはさすが。のらりくらりとしているようで、相手が誰であれ有り様が一貫してるのが芯に見えて、そこに"不良"を感じられるのがイイ。 -- yshzw (2017-06-06 07:58:29)
名前:
コメント:

アンネリーゼ
  • メリ夫とは違う、奈落との向き合い方が「ああ、そうよなぁ」という感じで隣で見ていてとても良く感じられた。 -- Campari (2017-06-04 21:17:28)
  • 影のあるキャラとしての動きも好みだったというのに相棒の動物までついてるとかずるいぞみたいな心地はあります。 -- 四式 (2017-06-04 23:14:53)
  • わかってても友人呼んでまいますわ(キャラ的に友人呼びする機会伺ってた説あり)。誰に対してもニュートラルな対応なのがわかるエンディンググナ子との会話がツボ。 -- yume (2017-06-05 03:13:58)
  • 奈落を否定しきれないところにキャラクターが見えて良かった。あと個人的には、誰かと連むことには消極的でありながら、プリムラ撃とうとするのを"だめ"と言って止めるところに情はちゃんと持ち合わせてるのを感じられてツボ。 -- yshzw (2017-06-06 08:05:08)
名前:
コメント:

GM
  • ハッピーターンを買ってきたどなたかに1点 -- t-jun (2017-06-04 11:00:17)
  • NPCが皆活き活きしてて、楽しかった! -- T.O (2017-06-04 19:03:21)
  • 少女改めプリムラが今までメリ夫の周りにいない近距離パワー型で何ともまあ。 -- Campari (2017-06-04 21:18:19)
  • 魅力的でパワフルなNPCたちはロールおつかれさまでしたとしか言えんて。 -- 四式 (2017-06-04 23:19:12)
  • 魅力的なキャラクターズの対比がもういっそ怖いくらい。マリーアがいつも以上に一歩引いてるっぽい雰囲気だったのに罪悪感が浮かぶほど。 -- yume (2017-06-05 03:14:17)
  • ハンスに30票くらいあげたい。めっっっちゃ助かった。シナリオ進行はもとより、個人的に超絶お世話になった。序盤受動的で自分の目的以外にモチベーション低めなミュリエルが動けるようになるまで引っ張ってもらいっぱなしだった。ありがとう。ありがとう。 -- yshzw (2017-06-06 08:09:16)
  • ハッピーターンポイントはいただいた -- yshzw (2017-06-06 08:29:34)
  • あとプリムラのロールのアクセル踏みっぱなしな感じが出せてるのはすげえと思った。 -- yshzw (2017-06-06 08:35:40)
名前:
コメント:


他のプレイヤーを助けるような発言や行動を行った

他PLからの他薦で2票以上で1点

“ヴルメリオ”ジグムント=ジークフリート・マクシミリアン
  • ボスコマンダーはお任せしました。エンディングの掛け合いは、アンネリーゼは表じゃ否定するけど、内心嬉しかったよ。 -- T.O (2017-06-04 19:04:08)
  • いやあ色々焚きつけたまま走ってもらってありがたいやらなんやら。 -- 四式 (2017-06-04 23:23:07)
  • 色々背負ってもらえたからこちらも安心して妄言はけたよ! -- yume (2017-06-05 03:14:43)
  • プリムラに武器を向けた時に止めてくれたのがありがたかった。あとプリムラを死なせずにすんだのはヴルメリオが手段をひねり出してくれたおかげ。 -- yshzw (2017-06-06 08:13:31)
名前:
コメント:

ミュリエル
  • 合流シーンの起点、ありがとうございます。終盤、フレイが残ってる安心感。結果、フレイを使わせずに戦闘が終わってよかったです。 -- T.O (2017-06-04 19:04:39)
  • プリムラを撃たないでくれた事に感謝を。 -- Campari (2017-06-04 21:20:48)
  • 最後の提案に乗ってもらえたのでPLは凄く満足です。 -- 四式 (2017-06-04 23:36:54)
  • ミュリエル実は蛇倒さなくてもよいかもだけどって意味で、PCが助けてもらったと思ってます。 -- yume (2017-06-05 03:15:00)
名前:
コメント:

ズィ―ベン・レルン・ツァウベラー
  • 何回命を助けられたことか、回避にフレイネルガルにバリアに範囲攻撃に…正直あれだけの数を1人では耐えきれなかったと思うので。 -- T.O (2017-06-04 19:06:19)
  • データ的な支援は勿論、するっとメリ夫と合流してくれて他PCの話をくれたのが何より助かった。 -- Campari (2017-06-04 21:20:15)
  • あと「プリムラを助けたいんだけどどうしたらいっかな」の背中を押してもらった。 -- Campari (2017-06-04 21:21:56)
  • パーティとしてまとまったのはズィーベンのおかげだと本気で思うの。 -- yume (2017-06-05 03:15:14)
  • 個人的には、ズィーベンが人形のことを思い出させてくれた点。あれはミュリエルにもプリムラにも大事なものになったと思う。あとはキャラクターの間に入って情報と感情の橋渡し役になってくれてたところに。 -- yshzw (2017-06-06 08:18:34)
名前:
コメント:

ベルナドット・アスクィス
  • ヘルモードからのカバーリング、助かりました。戦闘面でもロール面でも、アンネリーゼのキャラ性を出せたので。 -- T.O (2017-06-04 19:06:45)
  • 「どうやったらプリムラと一緒に外に出られるかな」の具体的な手段をくれた。 -- Campari (2017-06-04 21:22:17)
  • 今回も情報の行き渡り方への気配りに優れていたので、分割気味の動きにおいてはとても助かり申した。 -- 四式 (2017-06-04 23:41:47)
  • 超速の情報共有と、蛇の人たちへの対処を担ってくれたところ、プリムラの処遇のあれこれに。それでいてキャラ性を保っているのがすごい。 -- yshzw (2017-06-06 08:21:56)
名前:
コメント:

アンネリーゼ
  • 最速行動によるプリムラ側の足止めが何より光っていた。 -- Campari (2017-06-04 21:19:37)
  • 上記は勿論のこと、全般的に戦闘時ムーヴが光っていた印象。一部ダイス目はすごかったけど。 -- 四式 (2017-06-04 23:44:47)
  • 戦線構築のおかげで死者でずにすんだよ! -- yume (2017-06-05 03:15:39)
  • 上にも書いたけど個人的に、ミュリエルがプリムラに武器を向けたときに"それはだめ"と言ってくれたのがありがたいし嬉しかった。 -- yshzw (2017-06-06 08:27:07)
名前:
コメント:

GM
  • 食べられたー!アビスイーター後のやり取りなどなど、キャラ性引き出してもらいました。 -- T.O (2017-06-04 19:07:15)
  • オネエチャ…グナーデオネエチャン…スキ…。 -- Campari (2017-06-04 21:22:43)
  • 無茶かもな提案通ってホッとしたよ!>幸福装置パクる -- yume (2017-06-05 03:15:56)
  • ハンスに100票くらいあげたいのは上に書いたとおり。 -- yshzw (2017-06-06 08:36:46)
名前:
コメント:


セッションの進行を助けた

“ヴルメリオ”ジグムント=ジークフリート・マクシミリアン
  • 今シナリオのヒーロー。近距離パワー型のラッシュをうまく受け止めてくれたのと、OP、映画館、蛇への啖呵、EDとどのロールも印象深くかっこよかったことに。 -- t-jun (2017-06-07 22:11:40)
名前:
コメント:

ミュリエル
  • 今シナリオの主人公。OP、家族の家、プリムラ、ベルナドットからの情報と、小出しにされる情報をうまく受け止めて、一連のロールをしてくれて、GMにこのシナリオをやって良かったと思わせてくれた。 -- t-jun (2017-06-07 22:13:02)
名前:
コメント:

ズィ―ベン・レルン・ツァウベラー
  • 渋かわいいという新しいジャンルを定義した。フレイによる人形回収はGMの発想を完全に超えていてTRPGはやはり良いものだと思わせてくれた。 -- t-jun (2017-06-07 22:14:13)
  • 戦闘面でも、クライマックスの戦闘の完封劇に大きな役割を果たしたというか、いつもながら加護の切り方うまいわ -- t-jun (2017-06-07 22:17:49)
名前:
コメント:

ベルナドット・アスクィス
  • PC4枠へのグリップが甘かったなとGMがシナリオを反省していたらハンスを生き残らせるわ、プリムラの生存に決定的な役割を果たすはでGMの想像を超えて役割を作っていった私的MVP。なんかすごいわ。 -- t-jun (2017-06-07 22:26:08)
名前:
コメント:

アンネリーゼ
  • メリ夫とのスタンスの対比が活きていた印象。そして戦闘でのMVP。一人で奈落サイド封殺は勘弁してください。 -- t-jun (2017-06-07 22:44:16)
名前:
コメント:

GM
名前:
コメント:

場所の手配、提供、連絡や参加者のスケジュール調整などを行った

  • メリ夫に1点。


大喜利

メルセデス・バルトハウザーさんからヴルメリオに一言お願いします
  • ?! -- Campari (2017-06-05 01:02:42)
  • (ヴルメリオが仕事の後で女の子連れてくるのは今に始まった事じゃないけどそれにしても今回はいつもと段違いというかいや見捨てられない性分なのは分かってるつもりだけどねでもなんで女の子ばかりなのよというかマリーアと瓜二つすぎてもにょもにょするしまぁどんな事でも頼って大丈夫だと思ってくれてるんならそれはそれで嬉しいんだけどそれにしたって今回はいつもとレベルが違うといいますかはあ今後どうしよ)という顔をした。 -- yshzw (2017-06-07 07:59:51)
名前:
コメント:


ED

yshzwさんへの情報伝達。どうしてもNPC側からの視点になるので補足あれば

“ヴルメリオ”ジグムント=ジークフリート・マクシミリアン
メルヴィに事情を説明し、装置の小型化をしてもらう。
持ち歩けるが、動力源足るシャードのゾーン内は幸せになってしまう。とする。

”ガイア”の加護により一日限りの外出が可能に。
約束通り、映画を見に行く。見に行った上映はこちら http://baahubali-movie.com/
名前:
コメント:

ズィ―ベン・レルン・ツァウベラー
マリーアに顛末を報告。プリムラを助けようとした意図を訊ねられ、答える。
「主人に、あなたと同じ顔をしたものによって傷を負って欲しくなかった」

その後、マリーアに遠慮がちに抱きしめられる。
名前:
コメント:

ベルナドット・アスクィス
司令に顛末を報告。
蛇の教団については包み隠さないが、プリムラ周りについては何も触れず。

「隠してることあるよね?」と問われるがシラを切りとおし、退出。
名前:
コメント:

アンネリーゼ
ヴルメリオに別れを告げた後、イスカリオテ・ユダ跡地に向かい、グナーデと再度邂逅。

グナーデからイスカリオテ・ユダには「妹(みたいなもの)を助けるために来た」のだと明かされる。
(犠牲なしに)奈落から解放される方法について問い、グナーデはこう答える。
「魔朱の主を殺せばあなたの呪いは消える」「あなたはそれを犠牲とみなすだろうから、奈落から解放される方法は存在しない」
  • 自分という存在が無くなるという意味で「奈落から解放される」を捉えてたところがあって、「それで私は無事なの?」と聞いてたかな。あと、セッション中では言ってなかったけど、魔朱の主の行動が不幸をもたらすものなら、犠牲とはみなさないかもとは一応。 -- T.O (2017-06-06 23:19:43)
名前:
コメント:



ネタバレと言い訳

タイトルについて
思った以上にシナリオがそのまま感じあったタイトルの元ネタ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14052144

シナリオについて
謎の少女(プリムラ)に焦点を合わせた、いわゆるヒロインボスもの。つまりいつもの。
彼女をどう扱うかのコンフリクトに時間をかけるため、NPC二人にぐいぐい話を動かさせるという設計だったが、NPCのロールで逆に時間を食っているという欠陥が発覚した。

登場したNPC達について
プリムラ
「映画の続きはまたいつか、一緒に。約束ね?」
「許さない、許さない!私たちを殺した者たちに、必ず復讐を!」
存在しないはずの13人目の聖母。イスカリオテ・ユダの亡霊。30万の荒御霊の集合体。アビスイーター・希望に囚われた奈落。
当シナリオのヒロイン。正直設定盛りすぎである。


イスカリオテ・ユダに出没する、聖母の姿をした奈落。祝福された都事件の原因となった洗脳装置(仮称)により、希望以外の感情を抱くことなく、善良(で少々アグレッシブ)な少女と変わらぬ振る舞いをする。
彼女の正体はイスカリオテ・ユダで自殺した30万人分のマナの欠落が形となった、なんかすごい奈落が人格を得たもの。
祝福された都事件より、7人の聖母がマナを受け止めきれず死んでしまった事故を「予定より多くのマナが使われてしまった」「その使われすぎたマナは奈落となった」という設定とした

彼女に対してどう向き合い、どう処理するかがシナリオの焦点、でした。


<事前に想定したルート>
①うっかり洗脳装置を壊しちゃって倒す (まずないだろうけど)
②意図的に洗脳装置を壊して倒す (サクセションあり)
③洗脳装置そのままで倒す (この際、クライマックスの敵に+グナーデ)
④倒さずにイスカリオテ・ユダに彼女を残していく (蛇の教団の排除と、ミサイルの迎撃がクライマックス)
⑤ガイアでどうにかする
まさか洗脳装置を飛行艇に括り付けていくとはね。

彼女の本来の人格は まだ決めてない 余白として残している部分。
ただ、30万人の犠牲者は希望に満ちて死んだのだから、そこに恨みや憎しみはなく、
それを悼み、帝国を、ひいては世界を憎むのは彼らを外から見た存在であったはず。
それが聖母の誰かなのか、それ以外なのかが観測されるのはきっとこれからの話。

ハンス・ウィクリフ
「真実を隠した彼らは優しい。それでも、君はそれを知るべきだ」
タフなトーキー。当シナリオの狂言回し。
反教会の言論に勤しむ、強い正義感と行動力を持ち合わせた迷惑な人。

ミュリエルをイスカリオテ・ユダにいるシルヴィア/ヴルメリオ/謎の少女(正確にはその隣にいるはずのPC1)いずれかの下に連れていく。その仕事をするためだけに配置されたNPCでした。
が、割と受け身で消極的な印象のあるミュリエルを話の舞台に引き出すのは結構なタフさが必要と見積もられ、彼の傲慢で遠慮がないが一定の善良さはある人格が設計されました。
実際のところ2枠トーキーなPCと同じくらいの気合で動かしています。
PCくらい動くNPCが居座るのはシナリオには良くない事なので、しかるべきPCに引き渡した後はトーキーらしく速やかに退場していただく予定でした。
生き残ったのは(シナリオがしくじっていて見せ場が少なめだった)ベルナドットの見せ場になるかなというところでGMが妥協したため。見せ場になっていたならいいな。

<死亡ルート>

①ミュリエルが家族をみて暴れたときに止めようとして死ぬ。(しかるべきPCとまだあってないので不発)
②プリムラが暴れたときに殺す。(ミュリエル合流前に暴れ始めたので不発)
③教会層の情報を調べに行ったところでグナーデにやられる。(ベルナドットにより不発)
④しかるべきPCにミュリエルを引き渡した後に単独行動を取ったらとにかく死ぬ。(ベルナドットにより不発)

ジョン・ウィクリフが名前の元ネタなんだからハンスじゃなくてヨハンで良かったのではと今更ながらに気付いた。

グナーデ
「彼女と仲良くしてあげて頂戴ね?」
>何度も出てきて恥ずかしくないんですか
当GMは彼女の正体が元聖母というルールブックのどこかに仄めかされていた気がする設定を採用しているため、このシナリオでは生まれが似通うプリムラの擁護者として動く。
グナーデオネェチャン

堕天使サマエル
「彼らの言葉を乱し、互い意を通じることを得ざらしめん」
当シナリオの黒幕。なお未登場
謎の少女ラスボス化計画が失敗した場合の、今後の黒幕候補。WFSの堕天使クエストをプリムラ絡めつつもじったシナリオをちょこちょこ続けていこうかなと
加えてシュライバー卿はなんとなく人であって欲しいので、人の範疇を超える悪いことはこいつに担当してもらおうという魂胆。


ご意見ご感想をどうぞ。あと、セッション中のことで聞きたいことがもしもあれば、それもどうぞ。

  • やりたい事をやりたいだけやった -- t-jun (2017-06-04 00:09:00)
  • 割と忘れてしまうコネ申請をちゃんとしておこうと。アンネリーゼへの申請は、本人は友人として扱われることを快くは思いませんが、なんでもOKです。ヴルメリオに同志、ミュリエルにいいひと、ズィーベンに恩人、ベルナドットに同行者で -- T.O (2017-06-04 19:11:47)
  • プリムラに幼子。ミュリエルに秘密。ズィーベン(というかフレースヴェルグにコネ、持ってなかったな)に家族、ベルナドットに同行者、アンネリーゼに友人でコネ申告したい所存。メリ夫はフリー素材なのでご自由に。 -- Campari (2017-06-04 21:26:30)
  • 自己満足寄りのロールに付き合ってくれてみんなありがとう。 -- yshzw (2017-06-06 08:53:21)
  • コネ申請はヴルメリオとアンネリーゼににいいひと、ズィーベンとベルナドットに恩人で。 -- yshzw (2017-06-08 20:30:25)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。