MGTN > Apocrypha01

第一話:『Open your EYES』

あらすじ

200X年、春。
四月も半ばを過ぎ、生徒たちが新しいクラスに馴染み始める頃。
この私立霧仕良学園では、毎年のように起こる怪事件があった。

「踊る机」

PC4人は高等部生徒会役員として、この事件の解決に当たるよう生徒会会長蘭・統一朗から命を受ける。
田中・姈良率いるPCたちは渉外担当の為、本来であれば学園内部の事件は専門外ではあるのだが、
今回は操原、嗚滝の新人研修として回されたものだ。難易度は低く、案件の処理は容易なものであった。

蘭や御蔓は既に原因と処理の方法を知ってはいるが、研修だと言ってもちろん答えを教えてはくれない。
途中操原が人体模型の小腸で縛られたり、御剣が八尋に怯えられたりもしたが、
調査の結果、「踊る机」事件は怪異「笑うテーブル」によるものだと判明する。

しかし、学園OBである父から学園怪異録メモを譲り受けている八尋は、こうも言っていた。
「例年より、机の暴れっぷりが激しいんですよ。何か別の“悪魔”もいるのかも――」
そのことを重く受けた嗚滝は蘭に調査時間の延長を申請、慎重に事に当たることにした。
実際八尋の言葉は真実で、御剣が単身事件現場に忍び込み、悪霊「ポルターガイスト」の介入を確認した。
本来ならば数段格上の悪魔ではあるが、相手の特性・弱点さえわかれば畏れるものは何もない。
笑うテーブル、ポルターガイスト共に弱点を看破し、適切に装備を整えていくPCたち。

田中が伊勢村に耳を甘噛みされて手に入れた火矢、嗚滝が降ろす「ユニコーン」のハマ、
栗原が喚ぶ地霊「ブラウニー」のスクカジャ、そして御剣の強烈な剣撃により、見事悪霊と怪異は調伏されるのであった。

完全下校時刻をとうに過ぎてはいるが、初任務成功の労を労う為、簡素ながらも生徒会室でささやかな食事がふるまわれる。
PCたちや御蔓、伊勢村もどこか穏やかに軽食を楽しんでいたがしかし、蘭だけは僅かに笑顔を堅くしていた。
「……この学校の霊的防御に緩みはない。あの悪霊「ポルターガイスト」は、どこから湧いたというのだろうね――」


...To be Continued.


備考

PCたちは6Lvに成長。あと少しで7Lvになれるのにー、と誰かが言う。

蘭「そう言えば君たち、知っているかい?」
本来存在するはずのない世界、“影時間”。
世界の歪み、捻じれの狭間に現れる“タルタロス”。
“タルタロス”では本来のGPにそぐわない出現値の高い悪魔も現れるんだ。
そしてこの加賀駕市西部、「深理の杜」にも“タルタロス”は存在する。
君たちが力不足を感じるなら、飛びこんでみるのも悪くはないかもしれないね。
蘭「毎日“タルタロス”は毎日現れるものではないけれど――、ああ、今日は月も悪くない。出るはずだ。
  ……セッションが早くに終わったからね!」

早速「深理の杜」へと向かうPCたち。現れる“タルタロス”。
突入してみれば、鬱蒼と茂っていた森でもなく、奇妙な塔の中というわけでもなく、墓石がどこまでも連なる広大な墓地だった。

GM「はい、じゃあ屍鬼グールと妖鳥ハーピーが現れたよ」
PL「経験値! 経験値!」

というわけで、時間が余ったのでバランス見るために軽く戦闘。
その経験値も合わせて、PCたちは7Lvまで成長致しましたとさ。
……PCたちが想定していたよりも強かったので、次回はもそっと強い敵を出します。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。