BBT > decadance05

【今回予告】
復活。消失。置換。昇華。
罪宿は崩れ、第四十二層:罪淵は蠢き、【塔亰】もまた揺れる。

吼える者あり。生きる理由を刻まんと。
嘆く者あり。世の終末来たれりと。
そして神は、ただ静かに佇むのみ。

嗚呼、この星に息衝く遍く命よ。

跪け、“()の女”の御前に――

BEAST BIND TRINITY:Nursery CRIME
『DECADANCE05/荒城の月』

――人も獣も、最早縛るものはない。



【Hand OUT】

PC1:卯守・周吾

絆:ななめ<Noname> 関係:任意
SA:立ち上がる。
求め続けていた「ななめ」は、果たして君の理想だっただろうか。
彼女は哂い、君の手をすり抜けていく。
君は今、どうしたい?

PC2:真田・ゆかり/大光院殿月山傳心大居士

絆:ジドル<Zi-Dole> 関係:任意
SA:君に生き延びる価値はあるのか?
SA:何故ゆかりを生かすのか?
Lより渡されたリスト――記されていたのは赫城・銃九郎の名だった。
ジドルに躰を奪われ、この罪宿で暴虐の限りを尽くしているらしい。
今、この街で間違いなく大きい欲望を持つ魂。君は、彼を――?

PC3:佐敷・峠

絆:キリエ<Kyrie> 関係:任意
SA:キリエを掬う
なんだか【塔亰】がすごい事になっている。
このままではマラクの件を落着させるどころではない。
キリエ――出来れば彼女に話を聞きたいところだが。

PC4:東雲・菫

絆:高層都市構造体【塔亰】<TOKYO-MegaStructure> 関係:任意
SA:【塔亰】を救う
罪宿だけでなく、【塔亰】がやべぇ。
それは突如現れた謎の女だけでなく、最下層:罪淵にも理由があるらしい。
君は調査のため、罪淵へと向かった。


ざっくりTIPS

  • この【塔亰】のある地球ドミニオンは正史ではなく、第三次世界大戦を機に分岐した「地球´ドミニオン」である。
    • これとは別に、「正しい」地球ドミニオン――本来のBBT舞台となる地球ドミニオンは存在する。
    • ななめの正体は、正しい「地球ドミニオン」より来襲した魔術師であった。
  • “黒い雨”とは、ドミニオンを内包する「宇宙総体」による、異物への拒絶反応である。
    • “虚無”は言わずもがなドミニオンを消し去るべく“雨”を降らせるが、ドミネーターの肥大したエゴに対しても「宇宙」は忌避を示すため“雨”が降る。
    • ななめ曰、「そんな惨い死に方は誰だって嫌だろ? だからあたしは、あんた達を安楽死させにやってきたのさ」
  • しかし外部の存在であるななめは「地球´ドミニオン」にそのままでは侵入できなかった。
    • ので、その入り口を広げるための端末――卯守・周吾を送り込み、世界に馴染ませた。
      • “卵”は周吾を介してななめがこの世界に生まれ出るためのゲートであった。
  • 「ななめ」を生むという役目を終えた周吾は、世界に排斥されその存在が消えつつある。
  • 第四十二層:罪淵にてななめを撃破。「あたしを討とうが、世界自体が死ぬ定め。馬鹿なことを」と言い残し、ななめは撤退。
    • 罪淵は高層都市構造体に棲む人々、魔物の情報のバックアップであり、集合無意識である。
    • 構造体に棲む人々、魔物は一度死に、魂へと還元されてから再構築された擬似生命体――のようなもの。
      • 構造体の外で生活していた峠、外世界よりの端末である周吾は例外。
  • 罪淵より帰還後、罪宿に集まっていた層長らごと罪宿庁舎は爆破。各層長は生死不明。
    • だが、各階層の連結が崩れたことから、その生存は絶望的。
      • 【塔亰】は崩壊。住人達の生き残りは荒野へと放り出されることとなった。
  • マレブランケの目的「神殺し」は、システムとしての神だけでなく、遍く上位存在――運命への反逆行為。
    • よって、【塔亰】崩壊は望むところだが、世界自体が壊されてしまうのは困る感じ。
  • 真田・信繁の献身により、真田・ゆかりと赫城・銃九郎は和解。
    • “蒼褪めた死”の呪印はふたりより離れ、十三の魔物の魂を呑んだ「黒い卵」となった。
      • 彼らに試練を与えた“死”曰「その力を以て、“ガイア”を討ってほしい」とのこと。
  • 【塔亰】の崩壊、罪淵への接触、それともそれ以外の何かか――原因は不明だが、マラクの意識が戻りそう?


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。