MGTN > NPCs

※所属組織別、五十音順

私立霧仕良学園高等部生徒会

蘭・統一朗〔Araragi・Touichiroh〕 ♂/17(初登場:第一話)
○クラス:剣士/番長/アルカニスト
「今日もまた学園は賑やかで何よりだ。皆笑顔で、――『期待』に溢れているね」
 私立霧仕良学園第一〇一六代生徒会会長。高等部三年甲組所属。
 いつも笑顔を崩さない、若白髪の少年。大きな紫瞳は常に生徒たちを見守っている。
 年若くして天然理心流師範代の免状を持ち、また世界各地の悪魔への造詣も深く、文武両道の姿勢を地で行く性格。
 しかし時折、奇抜なイベントを唐突に開催したりと、ユーモアというか茶目気も大いに持ち合わせており、一言では言い表せない人物である。
 出現スポット:生徒会室、三年甲組、武道館。

伊勢村・正継〔Isemura・Masatsugu〕 ♂/16(初登場:第一話)
○クラス:遊び人/魔匠/???
「おっし、俺に任せとけ! 何にも負けない得物に仕上げてやるっての!」
 私立霧仕良学園第一〇一六代生徒会会計。高等部二年甲組所属。
 姓の末と名の頭を取って“村正”と呼ばれることが多く、事実かの刀匠の血脈の者であるとかそうでないとか。
 生徒会では会計、物資の調達や経理を主に担当しているが、特筆すべきはPCらの武器の作成も担当していることである。
 人懐っこい性格の彼は年齢を問わず女性の友人が多く、気になる女性NPCがいたら話を聞いてみるといいかもしれない(システム)。
 出現スポット:二年甲組、生徒会室、工房、加賀駕市街、紫陽花。

御蔓・虹人〔MiKazura・Kohjin〕 ♂/16(初登場:第一話)
○クラス:サマナー/ガンスリンガー/???
「……あまり無茶はするなよ? それで悲しい顔にさせられるのは、お前たちじゃないんだ」
 私立霧仕良学園第一〇一六代生徒会副長。高等部二年乙組所属。
 黒髪黒瞳金縁眼鏡、大抵不機嫌そうに眉根を寄せて誰かに説教をしている場面が目撃される。
 規律全般に厳しい性格をしており、会長に「風紀委員の方が向いているのではないかね君」「えっ」と言われたりもする。
 主に学園内部の揉事処理を担当、渉外担当のPCたちとは職務の都合でぶつかることがあったりなかったり。
 生徒会役員ではあるが本人の希望により乙組所属である。曰く「僕だって心休まる時間が欲しいんだ」とか。
 出現スポット:二年乙組、生徒会室、図書館塔、喫茶『びよんど』。


私立霧仕良学園在学生徒

イヴェール・サン=サーンス〔Hiver・Saint=Saens〕 ♂/17(初登場:第七話)
○クラス:幻視者/グラディエーター/???
「――寄るな、悪魔ども。俺はお前たちには気を許さない。去れ」
 私立霧仕良学園高等部三年甲組所属。
 ウェーブがかった金髪のフランス青年。フランスの祓魔師の家系“サン=サーンス”の人間である。
 元々はフランス治安当局に連なる学院に通っていたのだが、マリアンヌの厄介払いに付き合って留学してきた。
 家族を外道召喚師に殺されている為、悪魔やダークサマナーに関する忌避感は強い。
 しかし、?良や国香、りをに対する態度は自分でも悪いと思っているが、素直に謝ることのできない不器用な子供である。
 模造天遣剣“デュランダル・イミテート”を揮う剣士でもあり、まあこれに関しては次回以降。
 出現スポット:三年甲組。加賀駕市街。

伊勢村・千子〔Isemura・Senko〕 ♀/15(初登場:第五話)
○クラス:幻視者/???/???
「お兄様がいつもご迷惑おかけしております。これからも、仲良くしてあげてくださいましね?」
 私立霧仕良学園高等部一年乙組所属。
 日本人形のような艶黒の長髪、色素の薄い瞳の可愛らしい少女。
 母の胎にいた頃より何らかの呪詛を受け、時折目が見えなくなるという。
 兄である正継には無二の信頼を抱いており、この件に関しては三百六十五日盲目的である。
 出現スポット:一年乙組、工房、石楠花。

マリアンヌ=ジャンヌ・ドンレミ〔Marianne=Jehanne・Domremy〕 ♀/享年19(初登場:第七話)
○クラス:ロウヒーロー/剣士/悪霊
「車がガソリンで? まだそんな過去の技術を……、うっ! あ、頭が痛い……!」
 私立霧仕良学園高等部一年甲組所属。
 フランス・モンサンミッシェル修道院の地下に封じられていた、ジャンヌダルクその人。
 聖女でありながら魔女と捌かれた己の意味に六百年もの間縛られていたが、解き放たれた。
 現在は社会的な立場とか色々あって、霧仕良学園に留学中。生徒会予備役員として活動予定。
 十五世紀の人間にしては、妙に科学技術などにも堪能で、言動にはちぐはぐなところがある。
 しかし当時の記憶などを思い出そうとすると頭痛がするらしく、詳細は不明である。
 出現スポット:一年甲組、加賀駕市街。

御門・明崇〔Mikado・Akitaka〕 ♂/15(初登場:第一話)
○クラス:???/???/???
「あ、いたた。うーん、お腹痛い……。――四国の方で誰か暴れてるのかなあ」
 私立霧仕良学園高等部一年甲組所属。
 姓の通り、皇家に連なる血脈のもので、御剣・グレンが仕える主である。
 生来病弱で長く床に伏せっていたが、この春より学園に入学することになって本人大喜び。
 黒髪黒目、線の細い美少年。しかしどこか嗜虐心をそそらせるような雰囲気を放つ。
 温和で優しい性格、常に人のことを考えて行動する。が、あまり人馴れておらず、失敗をしてしまうこともしばしば。
 出現スポット:一年甲組、加賀駕市街、紫陽花、御門家別邸。

八尋・有沙〔Yahiro・Arisa〕 ♀/15(初登場:第一話)
○クラス:ジャーナリスト/xxx/xxx
「父さんが言ってたんだけどさ、この街って昔から天使とか悪魔とかの御伽話が多いらしくて――」
 私立霧仕良学園高等部一年甲組所属。
 白いヘアバンドと笑顔が印象的で、(他クラスに比べて)変人揃いの甲組の中でもめげない明るく元気な少女。
 父親は地方新聞「八卦週報」編集長で、その影響もあり本人も新聞部に在籍している。
 好奇心は人並み以上ではあるが、同時に“異常”なものへの恐怖心も強く、ぎりぎりのところで腰が引けてしまう。
 ちなみに超能力とか魔法とかの才能は持っておらず、甲組に編入されたのは実力。地味に秀才。
 出現スポット:一年甲組、文化部部室棟、加賀駕市街、住宅街。

玲仁・アルジェンティーノ〔Leni・Argentino〕 ♂/15(初登場:第二話)
○クラス:フェンサー/???/???
「やあ、明崇。今日はどこに遊びに行こう。君の知らないことを、教えてあげるよ」
 私立霧仕良学園高等部一年甲組所属。
 日本人建築家の父、イタリア人のオペラ歌手を母に持つハーフの少年。蜂蜜色の髪、深緑の瞳。
 フェンシング部と吹奏楽部、園芸部を兼部しており、人当たりの良さと見目から学内での人気は高い。
 特定の女子との付き合いがどうとの話はないが、最近は御門・明崇と仲が良いともっぱらの評判。
 出現スポット:一年甲組、武道館、音楽室、紫陽花、加賀駕市街。
※特記:狐面の男と一緒にいた、との目撃情報あり。要注意人物。


私立霧仕良学園関係者

荒祭宮・天薫〔Aramatsurinomiya・Tenkun〕 ♂/20(登場予定:第九話)
○クラス:剣士/サクセサー/剣士
「――地脈が、乱れているな。統一朗たちが、うまくやってくれていればいいのだが」
 私立霧仕良学園第千十四代目生徒会会長。現在は霧仕良学園大学部神道学科二年。
 いつも生真面目そうな顔をした、黒瞳黒髪銀縁眼鏡の青年。
 普段は冷静で落ち着いた様子を見せるが、中身は結構な熱血漢らしい。
 実家は伊勢、皇大神宮。別宮である加賀駕市・太神神社傍に居を構え、自適な日々を過ごしている。
 天真正伝香取神道流の皆伝であり、祓魔の神剣“火瓊瓊杵”を携える。
 出現スポット:大学部、荒祭宮邸、太神神社。

ヴィクトル・フォン=フォルクマン〔Victor・von=Volkmann〕 ♂/?(初登場:第一話)
○クラス:黒魔導師/ドクター/???
「……おい、死にたくなければその実験素材に触るな。貴様の穢れで使い物にならなくなるだろうが」
 私立霧仕良学園科学科教務主任。
 白い総髪と髭、歪なモノクルが特徴的な独逸老人であり、悪魔合体施設“業魔殿”の管理者。
 偏屈で人当たりは決して良くはないが、何故か操原の面倒を見ている。
 出現スポット:科学準備室。紫陽花。


葛葉関係者

安曇・操〔Azumi・Misao〕 ♂/15(初登場:第四話)
○クラス:巫女/幻視者/???
「ええ学校やな。生徒がみんな気ぃ清らかで、こら結界維持るんも楽やわ」
 私立霧仕良学園高等部一年甲組所属。
 駒王、道摩法師の計略により弱化した霧仕良学園の結界を修復するため、“葛葉”より派遣されてきた少女。
 姓が表す通り、瀬戸内は安曇の一族の出。深い海色の瞳は貴い血筋の顕れであり、姫と呼ばれることもしばしば。
 基本的に明るく強気、見た目は幼いが頼りになる西日本の情勢に詳しいアドバイザーである。
 出現スポット:生徒会室、一年甲組、石楠花、加賀駕市街。

葛葉・キョウジ〔Kuzunoha・Kyouji〕 ♂/26(初登場:第五話)
○クラス:サマナー/探偵/???
「世界各地を巡って、地質とか水脈とか、なんかそんな感じのアレやコレを調べるだけの簡単なお仕事さ」
 葛葉を名乗るデビルサマナー。白スーツが似合う伊達男。
 “狂死”の名が似合わぬ程度に呑気な性格で飄々と世を渡る。
 出現スポット:不明。

三峯・上乃〔Mitsumine・Kamino〕 ♀/23(初登場:第五話)
○クラス:???/???/???
「ここで会ったことは内緒にしてね。結構秘密のお仕事なのよ、ふふふ」
 葛葉・キョウジのパートナー。仕事的な意味で。
 濃い灰色の髪、すっと引き締まったスタイルの美人。
 それ以外はまだ決めてないでござる。
 出現スポット:不明。


崑龍大学付属中学

太乙真人〔Azumi・Misao〕 ♂/?(初登場:第三話)
○クラス:???/???/???
「ふん、麻雀で負けさえしなければこんな役目……。いいか、わしの管轄内で面倒を起こしてくれるなよ」

桃・青華〔Tao・Chinfa〕 ♀/16(初登場:第三話)
○クラス:符術師/黒魔術師/???
「んー、雨が降り続くといやね。僵尸たちが元気になりすぎちゃって」

東海青龍王敖広〔ToukaiSeiryuuoh・Gohkoh〕 ?/?(初登場:第三話)
○クラス:龍神セイリュウ
「階梯の先、貴様の望みがあらんことを。我が同胞を秘めし可能性を持つ者よ」

王・白猿〔Wan・Paiyen〕 ♂/16(初登場:第三話)
○クラス:気功拳士/アルカニスト/???
「お前の武を見せてくれ。俺はそれを糧に、更なる高みへ――、あ、ところでこの点心はどうだった?」


アーネンエルベ

エーファ・ベッセル〔Eva・Bessel〕 ♀/14(初登場:第九話)
○クラス:超能力者/???/???
「私、微弱ながらリーディング能力を保有しております。お役に立てましたでしょうか? ――てれてれ」
 ドイツの魔術秘蹟研究機関であるアーネンエルベの研究員。
 感情が極端に表情に出ず、会話にてれてれだのぷんすかだの、擬音を真顔で混ぜてくる。
 超能力者ではあるがPKは全くなく、ESP能力、しかも対人リーディングのみが微弱に発言している。
 この能力は常時起動型で自身で制限することができず、かつ相手の表層意識のみを読み取ることができる、という微妙なもの。
 本人その不便さをあまり表に出すことはないが、やはり苦労しているところはあるようだ。
 出現スポット:ベルリン市街、アーネンエルベ


英国勢

アリス〔Alice〕 ♀/xx(初登場:第十二話)
○クラス:魔人アリス
「どーせすぐみんな死んじゃうのに、どうしてそんなにがんばるの?」
 ありす。
 何故かバッキンガム宮殿にて生活している、水色エプロンドレスの金髪目隠れ少女。ティセではない。
 彼女の背後には赤と黒のスーツ姿の老人の姿も見えるが、詳細は不明。
 出現スポット:バッキンガム宮殿、ウィンザー城

エドワード皇太子〔Prince Edward〕 ♂/35(初登場:第十二話)
○クラス:剣士/サーヴァント/サーヴァント
「人も、魔も、全てが共に在る国。それが私の作りたい英国なのだ」
 アイルランド系の血を強く継ぐ皇太子のひとり。
 エリザベスの保守的な英国に反発し、王剣エクスカリバーを奪取した。
 英国を想う心は強く、他国と商売、関係を強くしようとするオズワルドを売国奴と嫌う。
 出現スポット:英国

エリザベス〔Elizabeth〕 ♀/64(初登場:第十二話)
○クラス:クイーン/クィーン/人間型悪魔(神霊アルビオン)
「なあに、そんな難しいことじゃないさ。ベティおばさんの可愛いお願いだよ」
 英国女王。オズワルドの伯母、つまりグレンの大伯母。
 ジャージ姿でごろりと転がった姿からは想像しにくいが、とてもとても優秀な人。
 神霊アルビオンの写身であり、即ち英国そのものでもある。
 現在は何者かの狙撃により、意識不明の重体。
 出現スポット:バッキンガム宮殿、ウィンザー城

オズワルド・トラヴァース〔Oswald・Travers〕 ♂/43(初登場:第十二話)
○クラス:サーヴァント/xxx/xxx
「気軽にサー・トラヴァースと呼んでくれたまえ! 可愛い子にはお小遣いをあげよう!」
 天元突破グレンパパン。
 ある大きな貿易会社の社長であり、一年を通じて世界中を飛び回っている。
 本人は異能を持たぬ只人ではあるが、英国女王の甥、御剣の娘を嫁に貰ったことにより、魔の世界への造詣は深い。
 基本気楽な商売人で、若い世代の人間と交流するのが大好き。
 出現スポット:世界各地

ケイ・ガーランド〔Kei・Garland〕 ♂/17(初登場:第十二話)
○クラス:アルカニスト/ボクサー/???
「――僕は、陛下の力になれるだろうか」
 妖精の先祖帰り、取り換えっ子である銀髪紫眼の青年。
 親に捨てられ身寄りのないところをエリザベスに拾われ、育てられたという経歴を持つ。
 現在はオクスフォードの学院にて勉学に励む傍ら、拳闘術の鍛練に勤しんでいる。
 降魔するのは妖精、ケルトの英雄ク・ホリンである。
 出現スポット:バッキンガム宮殿、ウィンザー城、ロンドン市街


仮面党一派

キング・レオ〔King LEO〕 ♂/?(初登場:第七話)
○クラス:忍者/格闘家/ペルソナ使い
「私は目の前に立ちはだかる障害は、正面から正々堂々と越えさせてもらう!」
 二メートル近い巨体を誇る、仮面党の新参者<Neophyte>。
 その身に似合わぬ俊敏性、隠行能力を誇り、剛柔兼ね備えた猛者である。
 御大将、と駒王を慕い「あの御方ならこの世界を変えてくれる」と心酔している様子。
 卑怯な振舞いを嫌い、自身の信じる正道を貫く誇り高い男である。
 出現スポット:不明。

クイーン・アクエリアス〔Queen Aquarius〕 ♀/?(初登場:第九話)
○クラス:クイーン/遊び人/ペルソナ使い
「私の美しさは永遠、変わらぬものでなければならないの……!」
 魔術行使に長けた仮面党幹部のひとり。
 その発言から老いを認められぬ女性だと見受けることができるが、詳細は不明。
 人造悪魔“薔薇の騎士”を用いてドイツ、ベルリンを異界化、霊脈破壊を目論むもPCらに阻止される。
 その身をマグネタイトに還元、“薔薇の騎士”と悪魔合体するがやはりPCらに倒され、死亡。
 彼女が身に着けていた“水瓶座の仮面”は国土交通省気象庁機動調査班に回収された。
 出現スポット:不明。

駒王〔Komaoh〕 ♂/?(初登場:第二話)
○クラス:剣士/悪霊/???
「――なあ、?良。俺と一緒に来い。お前の家のきんぴら、好きなんだよ」
 儀浪院・?良を我がものにせんと霧仕良学園に襲来した悪霊。
 ?良を悪霊へと変じさせた張本人であり、その力は凄まじいの一言に尽きる。
 今の世界を変える、ということ以外の目的は不明。幾千幾万の悪霊を従え、各地で工作を行う。
 調味料過多な現代の料理は口に合わないらしく、時折空腹に苦しんでいる姿も目撃されるとか。
 出現スポット:加賀駕市街、霧仕良学園、田中家、深理ノ杜、他各地。

道摩法師〔Douma-Houshi〕 ♂/?(初登場:第二話)
○クラス:符術師/式神使い/???
「おうおう、やりおるのう小童ども。ま、今回はこの辺りで退いたるわ。ほなまたな!」
 狐面とオレンジ色のフード付きパーカーが特徴的な青年。
 その正体は、蘆屋道満として知られる稀代の陰陽師その人である。
 駒王を御大将と呼び慕い、世界各地で暗躍している姿が目撃されている。
 出現スポット:世界各地。

その他

レオナルド・オスマン〔Leonardo・Haussmann〕 ♂/32(初登場:第七話)
○クラス:???/???/???
「やあ、小さなレディたち。せっかくだから、同道させていただいてもよろしいかな?」
 二メートル近い身長の割に、豪快というよりは明快な性格のフランス系アメリカ人。
 モンサンミッシェル修道院にて、?良と国香が出会い意気投合(?)した。
 世界的に有名なIT系企業レオナルド・カンパニーのCEOであり、熱心なプロレスファンであることは有名。
 巨体の割に妙にきびきびと動くのが特徴で、プレスにインタビューされた際は「仕事は秒単位のスケジュールでね、ははは」と笑ったという。
 六月より日本で発足するレオナルド・カンパニー・ジャパンの役員として来日するそうな。
 出現スポット:不明。

御門・威比等〔Mikado・Takehito〕 ♂/26(初登場:第九話)
○クラス:符術師/幻視者/遊び人
「んー、いい天気だ。こんな日はのんびり昼寝でもしていたいものだけど、そうもいかない世の中か」
 国土交通省気象庁機動調査班班長。御門・明崇の兄。霧仕良学園OB。
 ふんわりパーマ気味の黒髪、ゆるいスーツの着こなし。少々だらしない雰囲気で、実際少々だらしない。
 しかし腕の立つ陰陽師であることは確かで、特に霊脈把握能力と支援魔術に長ける。
 しかし把握は出来るが干渉や制御に関してはほぼ才がなく、あくまで指揮官として優秀なレベル。
 PCらや葛葉に実動要員を要請、といった形で事件に関わってくることになる。
 と思ったら、実際はかなりゆるふわな雰囲気。少々だらしないどころではなかった。しかし既婚者。大丈夫かこいつ。
 出現スポット:世界各地。

ワッフルベリー〔Waffleberry〕 ?/?(初登場:第九話)
○クラス:妖精?
「やあ“お友達”! あいつらに吠え面かかせるいい作戦があるんだが、乗らないか?」
 人懐っこい妖精族。中性的な容姿で、きゃらきゃらと愛らしく笑う。
 出身はティル・ナ・ノーグらしいが、世界のどこにでも現れる神出鬼没な妖精である。
 仮面党と因縁あるらしく、現在は国土交通省気象庁機動調査班と行動を共にしている。
 仮面党を初めとした敵には烈火の如く当たり、情け容赦のない面も見せる。
 出現スポット:不明。








ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。