「第27話「誰か止めて~っ!走れ!大波乱の体育祭!」


夜の加古川家、曇り顔で空へお祈りをしている紡、それを祖母絹江が見かけ声をかける「どうかしたのですか?」
「いえ、何でもありません」と紡、明日は時ノ音学園の体育祭
運動の苦手な紡は明日が雨になるよう祈っていたのだ

そして当日絶好の天気に体育祭は大盛り上がり
あゆむたちのクラスも大奮闘を見せるが裏腹に紡の気分は憂鬱…

そして休憩時間中、紡は木陰に寂しそうな少女の姿を見つける
彼女の名前は高橋みずき。陸上部期待のエースで
体育祭の目玉であるリレーは彼女の十八番。この日のために頑張っていたが前日に足を怪我してしまい
出場できないのだという。大好きな運動が出来ない…悲しみ、苦しむみずき
自分と正反対の彼女の姿を見て考える紡

そして休憩も終わりいよいよリレーの時間、見ていられずに校舎へ入ろうとしたみずきの元へガイが現れる
「さあ!思う存分走るがいい!」ヤッテラ化するみずき
手にした銃と地面の白線で生徒達を操り、自分と一緒に町中を走らせる
操られ走らされる生徒たち、3人は紡が走るのが苦手な事を逆手にとって遅れていき、人目が減った所で変身!
パールの必殺技で白線を流し、自由になったところで撃破

気がついたみずきに「まだ来年がある、それまでにお互い頑張りましょ!」と励ます紡
それを聞いたみずきは元気を取り戻し、来年へ向けて練習に励むのだった

後日、加古川家
ジョギングへ行こうとしている紡。
「あら珍しい、一体どうしたの?」と尋ねる麻子に紡はただ微笑むのだった




次回予告

  • エディソン「ついに、ついに、完成っ!大発明だよ!」
  • あゆむ「えー、なになに?」
  • つむぎ「どうしたの?葉加瀬くん?」
  • はるか「まーた、変なロボットとかじゃないでしょうねぇ?」
  • エディソン「ふっふっふ、この機械、初恋の人を探すことが出来ちゃうんだ!」
  • あゆむ「えっ、すごーい!見せて見せて―!」
  • エディソン「おーい!がっくんもこっちにおいでよ!・・・・・・ってアレ?」
  • あゆむ「がっくーん、がっくーん!」
  • はるか「全然聞こえてないみたいね・・・・・・」

「トゥインクルタイムプリキュア!「見つけだそっ!初恋の人と奇跡の精霊石!」」
「トキメキ・キラメキ・トゥインクルタイム!」

  • がっくん「あの人、どこにいるんだろう?」

添付ファイル