※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第24話 「たすけて~っ!!夏とプールと宿題の山!!」~あらすじ~


  • 夏休みのある日、加古川家に集合した3人
  • あゆむは宿題を写させてくれと2人に頼む
  • 登校日までに半分終わらせないとお小遣いがカットされてしまうのだ
  • はるかは呆れ、紡は丸写しはいけないけれど分からない所は教えてあげると言う

  • しかし猛暑のため集中出来ないあゆむ
  • 紡家はエアコンが無くても十分涼しいが、クーラー慣れしているあゆむは
  • 耐えられなくなりプールへ行こう!と言い出す
  • 2人は呆れるが精霊たちも行きたがり、仕方なくプールへ

  • 一方その頃、うだる街中をうろついていたルーもプールを発見、中へ
  • しかし中はまともに泳げないほどの混雑、怒ったルーは雲をヤッテラレッカーへと変化させる

  • 更衣室へ行こうとしていた3人はプールのほうが騒がしいことに気づく
  • なんとプールの周辺の空は曇り、霰までもが激しく振っていたのだ
  • 3人はスライダーの上で涼むルーを発見、身勝手にプールを荒らしたことに怒り、変身

  • 雲ヤッテラは上空から氷の槍を降らせ攻撃してくる、こちらの攻撃が届かず苦戦する3人
  • そこで3人はセラフィムフォームへと変身、その力と見事な連携でヤッテラを撃破!悔しそうに退散するルー

  • しかしプールの水は霰によって冷え切ってしまっており、結局プールは閉鎖になってしまう
  • 夕暮れの帰り道、泳げなかったことにがっかりするあゆむ
  • 遊んでないでマジメに宿題をやれって事よね、と茶化すはるか
  • 3人はいつもの調子で帰っていくのだった



次回予告

  • あゆむ「自分にそっくりな人は世界に3人いるってホントかな?」
  • つむぎ「どうなんでしょうねぇ」
  • あゆむ「近くにその一人がいたらひっくりかえっちゃうよねー」
  • はるか「ソックリな人が近くにいたらそりゃ・・・・・・あっ、いた」

  • トゥインクルタイムプリキュア!
  • 「南の島とお姫様!はるかは渚のプリンセスっ?!」
  • 「トキメキ・キラメキ・トゥインクルタイム!」

  • はるか「わたし、プリンセスになっちゃいました」