※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2話「ひと~りよーりふたりがいいさ♪ふたーりより・・・今はふたりだ」

「一人でずっと歩くのは辛いけど二人ならあっという間だよね、つむぎん」
「そうね ・・・あゆむん」
「いつの間にあのふたり仇名で呼び合うようになったの?」

2話関連案
 2話は冒頭であゆむに対して紡が微妙な態度になって
 中盤でキュアリオを返して!ヤダ!な流れに
 そこに敵が来て紡はあゆむを逃がそうとする
 それを見たあゆむが紡の心理を理解して改めて参戦を表明
 最後は仲良くあだ名で呼びあってシメ

 具体的セリフ案
 あゆむが紡に
 「一人でずっと歩くのは辛いけど二人ならあっという間だよね」的な台詞で
 プリキュアより紡個人が大切、と言う事を伝える

 つむぎ「プリキュアはそんな簡単な事じゃないんです!怪我をしたりもっと酷い事にも…だから…」
 あゆむ「だったら!私は絶対紡ちゃんだけにさせたくないよ!!」
 みたいな感じでどうか?
 しかし此処で終わりにすると
 あゆむが素人プリキュアだという自分をわかっていない、無鉄砲キャラに見えかねないから
 「そりゃ私に出来ない事ならしないよ、でも出来るなら私はやりたいよ」
 という言葉を後で入れることでフォローすると良いかも


2話あらすじ案
アバン
冒頭~1話ラストの続き、「やったね!」と笑うあゆむに「ええ…」と歯切れの悪い紡
タイトル後
翌朝登校時、「おっはよー!」と駆け寄るあゆむに「あの…」と何かを言いたげな紡
あゆむが昨日の事を持ち出すと紡は言葉に詰まってしまう
授業中もプリキュアの事を知りたがるあゆむを避けてみたり何かを言いたげだったり
あゆむとクラスメートは心配するが…
下校時に思い切って「キュアリオを返して!」と切り出す紡にあゆむびっくり
ついヤダ!と言ってしまい紡は駆けだしてしまう
夜、あゆむはポコに「紡が無理をしている」、と言われ何となく理解
紡はエトから無理しないで、と言われたり祖母に相談しようとして出来なかったり…

CM明け
翌日、改めて「返して欲しい」という紡にあゆむは、
「返したくない」ときっぱり断る
つい紡が声を荒げようとした時敵が出現!!
紡はあゆむに「逃げて、貴女を危険な目に遭わせたくない」と言って一人で敵に向かう
真意を知ったあゆむは意を決すると変身!
協力して戦う中、「プリキュアは危険な事だ」と諭す紡にあゆむは
「だったら尚更紡を一人で行かせたくない!」と宣言、協力して勝利する
夕暮れ、あゆむは「一人だと辛い道でも2人なら楽しい」と語る
その言葉に紡はあゆむを受け入れる
翌朝、あだ名で呼び合う2人にクラスメートはびっくり

あらすじに追加シーン案
昼休みにお弁当のおかずを取り換えっこする2人
ポコとあゆむが話していると家族が来て大慌て!
珍しい動物でしょ?飼っても良いでしょ??とあゆむ
(ポコはペット扱いにがっかり?)
祖母に相談しようとして出来ない紡に微笑む祖母、
今度友達を連れて来て、の言葉に驚き、うつむく紡
等々