「千歳ちゃんと幻の精霊の巻」

  • 突然謎の行動を見せる時魔ゴースト。あゆむ達はそれに対処すべく奮闘するが…


ある日突然時魔ゴーストが大量発生し、町中の精霊を片っ端から狙い始める
あゆむ達は精霊たちを時計塔へと避難させようとするが
パニックに陥っている精霊たちはなかなか言うことを聞いてくれず、苦戦する

そうする内にナビがゴーストに捕まってしまい、時空の穴へと連れ去られる
メイは間一髪でそれを助けるが、勢いでナビもろとも時空の穴の中へと飲み込まれてしまう

過去世界
ある日千歳が散歩していると、道に亀のような生き物がひっくり返ってもがいている
千歳はその亀を助け、食べ物をあげて名前を付けてあげる
かわいらしい亀の姿を見てナビのことを思い出す千歳

そして亀を水辺に返してあげようと池に向かう千歳
池のそばある木陰に座り、あゆむ達が現れたのはこの場所だったことを思い返す

すると突然黒い影のような物が現れ襲い掛かってくる
追い詰められた千歳。すると突然池から光と共に何かが飛び出してくる

あゆむ達が現れたのかと驚く千歳。しかし光の中から飛び出して来たのは
メイという女の子、そしてナビの姿だった
千歳との再開を喜ぶナビ。そしてメイ達の活躍でゴーストは逃げていく

一方まとまらない精霊に苦戦するあゆむ達
メイがいれば必殺技で精霊達を捕まえることが出来るのだが…

そして逃げたゴーストの行方を探るメイと千歳
しかし手がかりが見つからず途方にくれてしまう
するとナビが自分がおとりになってゴーストを誘い出してみると言い始める

そして上手くおびき出す事に成功したものの、ピンチに陥ってしまう
その時不思議な光がナビを包み、千歳はキュアオニキスへと変身する…

そして事件を解決するメイと千歳
気づくと亀の精霊は池の中からこちらに手を振り、水の中へと消えてしまう
「あの子なんだったんだろうねー?」とメイ
そして千歳は、メイを迎えに来たあゆむ達と久しぶりの再開を喜ぶのだった

幻の精霊の名前案
  • 歴史→レキ
  • 時→トキ