※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未来から来た赤ちゃんの巻(仮)

  • ある日あゆむの所に未来から赤ちゃんがやってくる。あゆむ達は赤ちゃんを元の時代に返すために奔走する


新しい登場人物

  • 未来から来た赤ちゃん「ゆうき」
  • 精霊バス



目がとても悪いコウノトリの妖精バス。赤ちゃんを運ぶのが仕事で
不思議空間を飛んでいる最中赤ちゃんにメガネを取られてしまい
あゆむ達の現代時空へ落としてしまう

みんなとの待ち合わせ中に鷹野センパイと偶然出会ったあゆむ
2人で話していると、光と共に突然赤ちゃんが現れる。ふわふわと下りてくる赤ちゃんを抱きとめるあゆむ
赤ちゃんはあゆむと先輩の顔を見てパパ!ママ!と嬉しそうな様子。なんだか照れてしまう2人
そこへ丁度到着したつむぎ達。その現場を見て固まってしまう…
先輩はつむぎとめぐるの圧力でムリヤリ帰らされ、あゆむ達だけで話し合い

落としそうだからと怖がって赤ちゃんを抱こうとしないミラとめぐる
「おっかなびっくり抱くとそれが不思議と赤ちゃんにも伝わるから、自信を持って抱っこしてあげればいいのよ」
はるかのアドバイスでめぐるは赤ちゃんを上手く抱っこする事に成功

そして赤ちゃんの入っていた籠の中に妙なメガネと名札が落ちていることに気づく
この赤ちゃんはゆうきという名前で、なんと未来からやって来たようだ

そういえばバスと言う赤ちゃんを運ぶ精霊がいるって聞いた事があるわ。とはるか
その精霊に何かがあったのだろうか?
もしかすると今頃この子を探しに近くに来ているかもしれない
あゆむ達はとにかくバスを探してみることに

ゆうきちゃんをあやしながらあても無く町中を探していると
上空から「ゆうきちゃ~~ん!」という声が
見上げると変な鳥が飛んでおり、どうやらあれがバスのようだ
すかさず追いかけるあゆむ達、だが精霊はふらふらと妙な動きをしている
もしかして籠に入ってたこのメガネって!
きっと何も見えてないんだわ!
あゆむ達は大声を出してこちらに気づかせようとするが
バスはすごい速さで飛びながら必死に叫んでいるため、聞こえていないようだ
そこであゆむは町の中央にある時計塔に行き、鐘を鳴らしてこちらに気づかせようと考える

しかし突如時魔龍の思念が現れ、バス目掛けて向かっていく
どうやら精霊の持つ力を狙っているようだ。あゆむ達は変身
めぐる、メイ、ミラは敵を引き付け、あゆむ、つむぎ、はるかはゆうきちゃんを守りながら時計塔へ向かう

時計塔へ向かうあゆむ達3人の前にも時魔龍の分身が現れ
つむぎとはるかがそれを引き付けている隙にあゆむは一人時計塔へ

戦闘の衝撃で階段を踏み外したあゆむはゆうきちゃんを落としてしまう!
するとそこへ鷹野先輩が現れ受け止めてくれる。騒ぎを聞きつけ心配で来てくれたらしい
戦闘も終わったらしく、つむぎとはるかも駆けつけ、全員で塔の上へ向かう
しかしなんと鐘は修理中で鳴らすことが出来ない!どうしようかと困っている間にもバスはどんどん遠ざかっていく
あゆむの不安な気持ちが伝わったのか泣き始めるゆうきちゃん

ゆうきちゃんの泣き声を聞いたあゆむは我にかえり、諦めちゃいけないと決意を固める
その時、あゆむ達のゆうきちゃんを助けたいと言う気持ちがキュアリオに反応し
修理中の鐘が光に包まれ、ゆうきちゃんの泣き声を乗せて鳴り始める
その音に気づき、大急ぎでこちらへ向かってくるバス。めぐる達も戦闘を終え、飛んでゆくバスを見上げる

メガネをかけ、あゆむ達にお礼を言うバス。トラブルのおかげで時間が無いらしく、慌てて時間のトンネルを開く
ゆうきちゃんにそれぞれお別れを言うあゆむ達。そしてゆうきちゃんは自分の時代へと帰っていく
そしてトンネルの光の向こうには彼女の両親の姿らしき影が

消えていくトンネルの光を見上げながら「赤ちゃんって可愛いですね」とあゆむ「そうだね…」と鷹野先輩
なんだかとてもいい雰囲気の2人を、つむぎ達は物陰から悲喜こもごもで見つめるのだった

バス
  • 誕生を司る精霊。
  • 見た目はコウノトリに似ている。
  • 真面目で礼儀正しい、しかしちょっと抜けた一面がある。
  • 大きな地図を持ち歩いている。
  • 赤ちゃんはあゆむの子供or子孫で女の子

赤ちゃんの名前案
  • 時生(ときお)
  • 悠希(ゆうき
  • この回は戦闘無し?(ありなら時計塔の上でバトル。ヤッテラはバスのメガネ)