※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5話「ど~するっ!?あゆむと駆の部活見学」

  • あゆむの様子が気になるパパとママはあゆむに部活動を進める 


朝食中のあゆむ家
両親はあゆむに最近帰りが遅いけど何かやってるのか?と尋ねる
プリキュアやってますと答えるわけにもいかず茶を濁すあゆむ
まさかグレたのでは…?と心配する両親
暇があるなら部活動でも入ってみたらどうだ?とあゆむに勧める
部活もやってみたいかも…と思うあゆむ

学校
あゆむは紡とはるかに放課後部活動を見学して回らないかと提案
どうして急に?と疑問を持つ2人に、両親に勧められたのだという旨を説明するあゆむ
紡は自分の境遇から、あゆむの両親が彼女を心配し部活動を勧めたのでは?と感づく

そして放課後、あゆむの兄駆も加わり見学をするが、なかなか決められないあゆむ
一方駆は陸上部に興味を持ち見学、それを尻目にあゆむたちは話し合う
どうしてお父さんは急に部活動に入れなんて言い出したのかな?とあゆむ
心配…なんだと思うわ、と紡
あゆむは意味を聞こうとするが、はるかに茶化されうやむやに

そうする内に吹奏楽部の部室前で
部長の奏巧(かなで たくみ)がなにやら悩んでいるのを見つける
話を聞くと明日の応援演奏を二重に約束(ダブルブッキング)してしまったというのだ
雨でも降らない限りもう手のうちようが無く、自分の責任は重い…
このままでは沢山の人に迷惑をかけてしまう
そして帰り道、一人になった巧へネボーが声をかけ…

翌日、吹奏楽部員がオロオロしている所に出くわす3人
もう時間なのに部長が来ないのだという、そこへ部長がヤッテラとなって現れる
撃退する3人、部長は部員達に謝るが、部員達は奮起し部員を2組に分けて
両方の応援をやることに

力の限り演奏する部員達、その姿を見ているあゆむと兄駆
駆は陸上部に入る事に決めたというが、あゆむはまだ決めかねている様子
そんなあゆむに駆は

父さんたちは気づいてないようだけど、あゆむには何か一生懸命頑張ってることがあるんだろ?
お前のことだから悪いことをしてる訳じゃないだろうし
それが本当に大事なことなら精一杯やればいい、焦って部活を決めることもないさ
その気持ちを父さんたちに正直に言えばいいよ、と言う

それを聞きあゆむは紡の言葉を思い出す
両親は帰りの遅い自分のことを、何か悪い事に巻き込まれているんじゃないかと
心配してくれていたのだ、そのことに気づくあゆむ

その夜、あゆむは両親に
友達と一緒に一生懸命打ち込んでいることがある、それは決して悪いことじゃないから
心配しないでと説明し、両親の気持ちへと感謝する
事情とあゆむの気持ちを知り、安心する両親であった



次回予告

  • はるか「さぁーてやってきました緑の牧場!この解放感がたまんなーい!」
  • つむぎ「ううう牛さんもおううう馬さんも可愛いですねねね」
  • はるか「ほら!大人しい子だからつむぎもあゆむも触ってみなさいよっ!」
  • あゆむ「あー…うん、可愛いね…はぁ…」
  • はるか「?あゆむ…?」
  • つむぎ「いやぁぁぁぁっ!なな舐めないでぇええっ!」

  • 3人「トゥインクルタイムプリキュア!モ~イヤッ!牧場でキュアリオ大捜索!
  • トキメキ・キラメキ・トゥインクルタイム!」
  • あゆむ「先輩かぁ…ってあれ?キュアリオが…!?」


ストーリー設定メモ*第5話アウトライン

今上家、朝食時に両親があゆむに帰宅が遅い、部活か?と質問
プリキュアとは言えず茶を濁すあゆむ、しかし部活もやりたいかも…と思いだす
教室で皆と話すあゆむ、放課後に3人と兄貴で色々回ってみよう、と言う事に
(紡と永が今上兄貴に憧れるアイデアあり、伏線入れる?)
回っていると吹奏楽部の部長が悩んでいる
話を聞くとダブルブッキングしたらしい
その話にちょっと胸が痛いあゆむ
CM
家で妙に部活の事を聞いてくる両親を不思議に思うあゆむ
(両親がぐれたあゆむをコミカルに想像したりする)
#ref error : ファイルが見つかりません (huryou001.png)
翌日、部長を心配している部員と話しているとヤッテラレッカー(部長)出現!
退け、救出した部長は自分のミスと決心し詫びるが部員が
何とかする!と頑張り出す
帰宅すると両親がやっぱり聞いてくる
両親の気持ちに気付くあゆむ
両親の心配する気持ちと
プリキュアやらなきゃならないのに…って気持ち
その板ばさみで
加古川家で祖母と母の板ばさみになってる紡のこと思い出す
自分のことから友達のことを思いやるようになる
(伏線として紡が5話全体であゆむの両親の気持ちに気付いてフォロー入れてくれていた)
両親に部活はじっくり決める、と報告
兄貴はそんなあゆむにやりたい事が有るんだったら協力する、と言ってくれる


第5話アイデアノート

あゆむと兄貴が部活を探す話
兄貴は陸上
あゆむは?
今回で決めなくても良いかも
兄貴や色んな人の姿を見てホントにやりたい事を探す、的なオチでも良いのかな、と
視点はあくまであゆむに据えてて兄貴は最後の方で
「俺は陸上部に入る事にしたよ」的に済ませても良いかな


吹奏楽部の部長の話と絡める?
吹奏楽の指揮者が応援演奏のダブルブッキングをやっちゃうという話
雨天順延とかでないと取り返しつかないというか
取り返しつかなかったからヤッテラレッカー化


転校してから帰宅が遅い→
実はプリキュアの活動してるから
両親は不良化か?と心配してみる
したら部活なんかやらせるのよくね?
で勧めてみる
朝食時の今上家
桜「ねえあゆむ、最近帰りが遅いんだけどどうかしたの?」
あゆむ「(ギクリ)え?そ、そんな事無い…と思うけど?」
進吾「何か用が出来てるなら母さんに連絡はしろよ?
   まああゆむだから大丈夫だと思うが…そうだ!
   部活動とかかな?」
あゆむ「(びっくり)へ?!あ…そう!どれにしようかな~ってさ」

部活なんかやらせるのよくね?
あゆむは両親を心配させてるのに気づくけど
プリキュアのことはとても大事だしと両挟み
なんとなく3話での紡のお婆ちゃんとお母さんの対立を思い出してみたり紡の苦労が少しわかったり・・・
一方兄貴はあゆむがプリキュアなのに気付いて
部活急いで決めなくてもあゆむが本当に大事なことからやっていけば良いというようにアドバイス
兄貴がこっそりプリキュアの手助けってネタに繋いでみる

吹奏楽の指揮者さんは応援演奏のダブルブッキングをやっちゃうとかいう話だったね
確かそんな感じ
あゆむ達が色んな部活を廻ってると廊下を行ったり来たりしてるような


吹奏楽部の部長の話で
二兎を追うものは…と思うあゆむ
しかし部活動もやりたいし…でも今はじっくり考えて見つけるよ!というオチにもっていく


あゆむが両親の気持ちに気付く件は
例えば悩める部長を心配する部員の姿を思い出して…で出来そう

部長自身は…自分のミスを詫びてどちらか一方にする、が
部員が何とか頑張る!!と両方へ手分けして…で良い


両親の心配する気持ちと
プリキュアやらなきゃならないのに…って気持ち
その板ばさみで
第3話の加古川お婆と加古川母の板ばさみになってる紡のこと思い出す
自分のことから友達のことを思いやるようになる
ないし紡が気付いてフォロー入れてくれる
とか有ってもいいかも

あと両親の心配を感謝する気になるのは最後の方だから
最初はむしろなんで部活クラブってうるさいんだろ
くらいに思ってたほうが落差がでていいかも


板ばさみになってる紡
そうだった!それも勿論入ってると思う
ただはるかだけは(この時点では)ちょっと覚めてたりするかもしれない
最後に前向きなあゆむにちょっと好感を持つ…的に


5話は敵が誰が来るか、
ネボーかな
「おにいちゃん、悩んでるね…?」見たいな感じで