学園島の群像劇 NPCリスト

NPCリスト

基本的には各回GMが追記していく感じで。あと、公式NPCは省略の方向で。

○“さすらいのドーナツ好き”安東 夏
最近、学園島に赴任してきたUGN職員。
初等科に秋という妹がおり、溺愛している。
また、ドーナツが好物であり、あげると喜ぶ。

○灰原零華<Reika・Haibara> ♀・23(初登場:第一話)
アカデミア高等部の養護教諭を務める、背の低いポニーテールの女性教諭。
穏やかな物腰で人当たりもよく、養護教諭としての能力も高い。そしてよくも悪くも真面目。
アカデミアで勤める前に、別の学校での勤務経験もある。その時に何かあったのか、時たま暗い影を見せることも。
尚、医務室に彼女目当てでやってくる男子生徒も結構居るとか何とか。
データはこちらを参照>"Scarlet bloom"灰原零華(NPC)


○秋元風雅<Huga・Akimoto> ♂・16(初登場:第一話)
高等部の一般生徒。第一話の一件で晴れて(?)オーヴァードに。詳細はPCページを参照。


○秋元あやめ<Ayame・Akimoto> ♀・18(初登場;第一話)
高等部を騒がせた「幽霊」本人。死んだ風雅の姉がレネビとして覚醒したもの。重度のブラコン。
詳細はやっぱりPCページを参照。

○アジャリ<Ajari>
ディオゲネスクラブのメンバー。
甲冑を着こんだ騎士のような姿をしている。
最近、学園島にやってきたUGN職員のような声をしている。
「妹好き?」と聞くと「大好き!」っていう。
「ドーナツ好き?」と聞くと「なにがドーナツだよ馬鹿馬鹿しい! そもそもあの名前のおかげでどれだけからかわれたか!」っていう。
なんて正体不明なんだ! すごいぞ、ディオゲネス!

○弓弦織姫<Orihime・Yuduru>
秋元・風雅と同級生の女の子(16歳)。誕生日は7/7。シンドロームはエンジェルハイロウ/バロール。
好きなものは星、紅茶、甘い物、風雅君(←New!)。趣味は読書、お菓子作り、天体観測。
喫茶"Winter Step"の常連さんその1。お弁当を依頼したのも彼女である。

 《容姿》
 腰の辺りまである長い栗色の髪をほんのちょっぴりウェーブをかけたような感じ。
 首元には鍵編みレースのリボンを一本巻いている。
 基本制服を忠実に着ている真面目っ子である。

 私服の場合は落ち着いた感じの服装が多い。
 例:デニムのパンツに白のキャミソールワンピースでその上にベージュのロングカーディガン。
 腰には茶色の革ベルトを一本アクセサリとして巻いてる。

能力値はこっち>"Kaleidoscope"弓弦・織姫(NPC)

「風雅君……風雅君」
○比紀 籠莉(Komori・Hiki)
秋元 風雅のクラスメイトの少女。一般人。
重度の引きこもりであったが、風雅の説得により一歩を踏み出した。控えめ、臆病。学校にいる時はかなり風雅に依存気味。
容姿は不健康に白い肌、青い目、腰までの黒髪。学校では制服、それ以外では常に同じワンピースを着用している。


○真中 圭悟<Keigo Manaka>
数学教師。その実、教師勢の荒事担当。
シンドロームは実は決めてない。とある少女と共にアカデミアに来て付き合っていたのだが、彼女はジャーム化しました
正体不明のジャームが現れると活動を始める。基本的には番長連や生徒会などに協力を求めて、生徒を招集、雑な統率をするのがお仕事


○柳葉 和俊<Kazutoshi Yanagiba>
――ちっ、ガキが。お前の御蔭で残業代が増えるぜ。
コードネームは「企業戦士(サラリーマン)」。38歳。
基本的に基地で仕事をしており、用事がないと学園島には来ない。そのため日々退屈をしている。競馬もパチンコもねぇ!
ピュアオルクスの「黄金領域」持ち。元々は神城グループの会計監査をやっていた。
大学時代に公認会計士を取得。大企業に就職し最早人生のゴール……という感じだったが、34歳のある日うっかりオーヴァードに覚醒。
このうっかりにはキャンペーン一本分の紆余曲折があり、今は当時の仲間(カミシローズ)と一緒にアカデミアの警備を請け負っている。
アカデミアには万が一のとき神城早月が逃げ込むことも考慮されている。
学園島各地に置いた発信機とオルクス能力で監視作業をしている。
こないだのMMO事件で出た死者二人(一人)に関しての始末書を提出してゲンナリしているらしい。

○平坂梓<Azusa・Hirasaka> ♀・12(?)(初登場:第六話)
かつて死んだ藤堂柚香の親友。形見だった懐中時計を核にレネゲイドビーイングとして蘇った。
シンドロームは変異エグザイルとバロール。天真爛漫な性格をしており、初めてみるものがあればいつも眼がきらきらしている。
ベルム君にはとてもよく懐いている
容姿としては、腰ほどまである黒髪のロングヘアー
当初はほのかに光るローブを着ていたのだが、最近はちゃんとした服を買ってもらったため
休日には白いワンピースに麦わら帽子という格好で元気に町を歩いている様子がよくみられる
時計が元になっているので背中から歯車や鉄板で構成された羽や先に重りのついたワイヤーを出すことができ、そのワイヤーを使って移動するところも多々見受けられる
服をだめにしないように一応気を使っているようだが、よく少し破ってしまってはしゅんと落ち込んでいる
データはこちらを参照>"Revived hearts"平坂・梓(NPC)

○ディーナ・クラリオーネ<スペルなんて考えてなかった!> ♀・16(初登場:第六話)
秋元風雅や藤堂柚香と同じ学年の少女。ベルム君のクラスメート。
園芸部に所属しており、エフェクトも植物を利用したものとなっている。
非常に穏やかで優しい性格をしており、争い事は好まない。そして血がとても苦手である。
容姿はふわふわとした金色の髪を肩のあたりで切った髪型
かつてFHの実検体であり、当時の戦闘用人格は封印されているものの極度のストレスにさらされるとそれは解放される。
当時のトラウマからかモルフェウスの攻撃用エフェクトはめったなことがない限り使いたがらなかった。
六話で秋元風雅や秋庭小夜子によってトラウマを乗り越えたためか、最近ではしょっちゅうクリスタライズをかけている姿が目撃されている。
データはこちらを参照>"水晶の蔦"ディーナ・クラリオーネ(NPC)

○AFURO<Afuro> ♂・16(初登場:第一話)
第一話にて幽霊を見て倒れた生徒として登場して以来セッションにたびたび登場する学生
秋元風雅・草壁修二らの隣のクラス、神柁ベルムやディーナ・クラリオーネのクラスメートである
特徴的なのはそのアフロにサングラスという格好
アフロの中には鳥が住んでいるとかその日の教科書が全部入っているとかうわさは絶えない
大食漢で彼に食べられないものはないとも言われている
また、これでも一応学園天使であるとされており、ギターの腕は一流
やたら事件に巻き込まれる、かわいそうなやつでもある
データはこちらを参照>"Voice of Hevens"AFURO(NPC)

○篠宮桜子<Sakurako・Shinomiya>
データはこちらを参照>篠宮桜子(NPC)

○饗庭さやか<Sayaka Aeba> ♂・14(初登場:第七話)
「大丈夫、ひとまずできる範囲でなんとかすっからさ…な、頼むって!」
とある事件により、ソラリス/ブラックドッグ+ブラム=ストーカーとして覚醒してしまった少年。
目の前で、ジャーム化した両親とUGNエージェントとが戦う様を見てしまい、それがトラウマとなっていた。
そのため、死と蘇生=《ヨモツヘグリ》によって復活した自分に混乱、その隙をディオゲネスの‘フリードリヒ’につけ込まれてしまう。
ただ、誰かを護りたいという気持ちは非常に強く、現在、懸命に「UGNの、皆を護れる立場の人」を目指している。
どちらかというと、犬。なんだかんだ言いつつ素直。ちなみに、名前にはちょっとしたコンプレックスが(理由:かわいいから)。
二つ名「柘榴の扉 "Don't Look Back!"」、覚醒「死」、衝動「恐怖」、Dロイス「変異種」。
使用エフェクトは《エクスプロージョン》、《雷神の鎚》、《鮮血の網》など。データが必要な場合は上げます。

○風上鞘人<Sayahito Kazakami> ♂・22(初登場:第七話)
「いらっしゃい。…さて、クレープにしますか? それとも、問題の品に?」
市街区のかなり目立たない場所にある、場末の軽食屋「はなぶさ」のマスター。
その実態は、情報屋にしてブローカー、かつソラリス/ブラックドッグのわけありUGNエージェント。
…というのも、実はFHからの離反者であり、「経過観察」としてここに放り込まれたとのこと。
性格は非常に軽い、かつ飄々としてどうしようもない。結構お調子者。話は基本、聞いてないようで聞いてる。
「自分より若い人」が傷つくのが嫌いらしく、瀕死のさやかを救ったのもこの人。子どもが好き。
自分のシンドロームのエフェクトを利用した何かを作って生活。実益はブローカー業から、店は正直趣味らしい。
二つ名「風立ちぬ"It has blown"」、覚醒「死」、衝動「闘争」、Dロイス「記憶探索者」。
使用エフェクトは《オーバードーズ》、《狂戦士》、《ヨモツヘグリ》、《加速装置》など。データは必要ならば。

○‘フリードリヒ’<Friedrich> ♀・?(初登場:第七話)
「さて、今度はどんな面白い物語が見られるでしょうか?」
小柄で、黒く長い髪を緩く一本に結ったディオゲネスクラブメンバーの少女。
何らかの文学作品になぞらえた事件をこさえるのが好きで、その結末を見守るのを趣味としているらしい。
そのため、基本的に事件への直接介入はせず、火種を撒くだけ撒いてあとは放置、という非常に困った人物。
また、常に片手に文庫本、たまにどこからか呼び出した獅子の「ツァラ」に乗って登場することもある。
データは必要ならば、必要な人にだけ公開。

○AOW-W <Anti Overed Weapon - Watcher> ♀?・一ヶ月弱?(初登場:第7.5話)
「今わからないのならば、これからわかっていけばよいのです!」
幕間3のAOWシリーズの一件を受け、テアが完全に自分の手のみで開発した最新型のAOW。
その主な任務は学園島、及び他のAOWシリーズの監視である。
ブレイ同様に、すでにレネゲイドビーイングとして覚醒済み。ブレイと違って基本的に常時《ヒューマンズネイバー》を使用しているが、その見た目はいかにも「委員長」然としたポニーテールの女子生徒である。スタイルはわりとよろしい方。
OSにテア以外の人間の手が全く加わっていないためか、非常に硬い喋り方と、それにぴったりの真面目一辺倒な性格をしている。
7.5話では秘密基地にて迷うブレイに対し、突然現れテアに代わって喝を入れた。ただのツンデレではないかという説も。
使用エフェクトは《神の眼》、《アクティブソナー》、《リフレックス:エンジェルハィロゥ》など。Dロイスは「光使い」。
要するにエンジェルハィロゥ/ハヌマーン/ブラックドッグの知覚ドッジ型。攻撃力は皆無なので、実はブレイ君を殴ると自分の方が痛いという説も。データは必要があれば。

○桐山冬馬 <Toma Kiriyama> ♂・17(初登場:第八話)
「お前も、物好きなやつだよなあ」
メイド服を見るためにWinter-stepに行く程にはメイドが好きな、高等部2年のCランクオーヴァード生徒。武田光宙とは幼馴染の関係である。比較的落ち着いた性格をしている。
"オプターレ"の一件において、"強欲の仮面"を強制装着させられ、暴走。仮面の力でEロイスを使用し、学園を色んな意味で混乱の渦へと落とし込んだ。最終的には光宙他の活躍により仮面だけを破壊され事なきを得る。なおその後、光宙とはよい関係になった模様。
尚、「メイド服は好きだが、無理やり着せるような趣味はない」とは騒動後の本人の弁。
Dロイス「黄昏の支配者」の素質を持つが、普段は力が弱いために扱うことができないでいる。
シンドロームはブラム=ストーカー/オルクス
データは必要があれば。

○"オプターレ" <?> ♂?・?(初登場:第八話)
「その欲望、叶えてみたいとは思わないか?」
新たに確認された、"ディオゲネスクラブ"の一人。
曰く「他人の欲望を叶える」ことに至上の目的をおいており、その為に「本人が望むと望まざるとに関わらず」その欲望を叶えるための力を与え、その様を楽しむというはた迷惑な性質を持つ。
多少の介入は行うが、精々時間稼ぎ程度しか行う気はないようだ。
また、新しい仮面である「強欲の仮面」を所持している。
データは必要な人へ、必要ならば。因みに八話ではエフェクトは《縮地》のみ使用。

○月元 戒<Kai Tsukimoto> ♂・16(初登場:幕間その4)
「帷子ー、こっちこっちー」
鐶帷子の幼馴染である一般生徒の少年。細目。
変なところに突っ込んで、最も突っ込むべきところにつっこまない、飄々とした性格の持ち主。
かつてFHのテロ事件に巻き込まれており、それがきっかけでアカデミアにやってきた。
帷子を聖夜祭に誘うが、どう思っているのかはよくわからない。

○香月 直斗<Naoto Kaduki> ♂・15(初登場:幕間その4)
「これからもよろしくお願いします、先輩」
柚香の後輩であるところの風紀委員。一般生徒。
155cm程の小柄な身体だが、そこらのオーヴァードなら相手にならない程の合気道の腕を持つ。
具体的に言うと【肉体】10の<白兵>15、<回避>20持ち。
柚香同様に苦労症気味であり、困り顔や苦笑がよく似合う真面目な少年。枯葉色の髪を後ろでくくっている。
聖夜祭に柚香を誘い、『アカデミアメイズ』終了後も屋上に連れ出すなど、結構積極的。
最終的に手を繋ぐところまでいくなど、なかなかいい関係になった模様。
決して胡散臭くはない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。