“屋根裏の遊歩者”虚門 来雨

虚門来雨〈Clue Common〉

「お、これおいし…あっ、ちょ、見つかっちゃっ、きゃー!」

≪プロフィール≫

【コードネーム】“屋根裏の遊歩者 -Zappy Walker- ”
【性別】男
【年齢】17
【身長】160cm
【体重】56kg
【誕生日】8月20日
【血液型】B
【ブリード】トライブリード
【シンドローム】バロール/オルクス+エグザイル
【ワークス/カヴァー】UGNチルドレンC/高校生(侵入気味)
【ロイス】
[Dロイス]:複製体 ≪千変万化の影≫習得
[理想の自分]‘原型’ □好奇心 ■無関心
[恩師]関口香西 ■幸福感 □脅威

【ライフパス】
出自:疎まれた子 (本人はにこにこしている)
経験:切望 (本人はにこにこしている)
覚醒:素体 (本人はにこにこしている)
衝動:飢餓 おなか、すいちゃった。きみは…あまいもの、なのかな?
邂逅:恩師/関口香西 先生すごいんだよー! おやつもよくご一緒するんだっ。

【能力値・技能】
肉体:1    
感覚:2  
精神:6 <RC>Lv.1 <意志>Lv.2  
社会:3 <情報:UGN>Lv.2 <情報:アカデミア>Lv.1  

【副能力値】
 基本侵食率:34
 HP:28
 行動値:10

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 制限  備考
- ≪リザレクト≫ - オート x HP回復。
- ≪ワーディング≫ オート   エキストラ除外。
Bal.1 ≪コンセントレイト:バロール≫ メジャー シンドローム - - - - Cl-Lv
Bal.2 ≪死神の瞳≫ メジャー <RC> 対決 単体 視界 - 次のダメージに+[Lv+1]D、シーン終了or効果適用まで続行
Bal.3 ≪悪魔の影≫ メジャー <RC> 対決 単体 視界 80% 次の攻撃へリアクション不可
Exi.1 ≪異形の祭典≫ メジャー シンドローム 対決 [Lv+1]体 - - 攻撃対象を[Lv+1]体に、攻撃力-10
Exi.2 ≪無機なる四肢≫ メジャー <RC> 対決 - 視界 - 攻撃力[+LV+4]、ドッジD-1
xxx.1 ≪千変万化の影≫ マイナー - 自動 自身 至近 2+2 - 好きな技能レベル+[Lv+1]、3回まで


【イージーエフェクト】
名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 備考
≪ディメンジョンゲート≫ メジャー - 自動 至近 どこでもあかでみあー(ずずず)。
≪ポケットディメンジョン≫ メジャー - 自動 至近 - じゃーん、僕の部屋だよー!
≪異形の歩み≫ 常時 - 自動 自身 至近 - これで歩くんだー(逆さになりながら)。
≪鍵いらずの歩み≫ メジャー - 自動 自身 至近 - おやつのにおい…お邪魔しまーす!
≪猫の道≫ メジャー - 自動 自身 至近 - もぐもぐ…あ、まずい逃げなきゃ(すたこら)。


【コンボ】(80%以上100%未満/100%以上)
  • 名称:

  • 組み合わせ:Bal.1+Bal.2+Bal.3+Exi.1+Exi.2
  • タイミング:メジャー
  • 技能:<RC>
  • 対象:3体/4体
  • 射程:-
  • 侵食値:14
  • ダイス:6/7
  • CT値:8
  • ドッジ:ダイスペナルティ-1
  • 攻撃力:なし
  • 命中時:次の攻撃に対するリアクション不可&ダメージ+4D/5D

※侵食値が危険なら≪悪魔の影≫を抜く
※必要に応じて≪千変万化の影≫を投入


【アイテム】常備化P:6 財産P:1
名称 種別 常備化 詳細
Aランク:スペシャリスト ランク ≪死神の瞳≫を組み合わせた判定の際、達成値+3。侵食率基本値+4(修正済)。
文殿寮特務証書 コネ <知識:>判定時のD+1。しょ、証書もってるんだからね! 侵入じゃないよ!
情報収集チーム コネ <情報:>判定時の達成値+2、3回まで。「友達」に手伝ってもらう、らしい。
書生服 防具 強化服相当、装甲値+1。大正浪漫を髣髴とさせる格好にして、来雨の正装。
キャスケット帽 諸々 - これがないとうまく立ち回れないらしい。早急に≪吸着≫がほしいところ。
携帯電話 諸々 - どちらかというと「持たされている」…が、使いこなせるのか…? どきどき。




≪容姿・性格≫

【容姿】
髪:漆黒 瞳:黒 肌:普通
跳ね放題の癖毛、くりっとした目、ぐるぐる変わる表情。
つまりショタ。ショタだけど年齢がそろそろ危ないかな!

【性格】
天真爛漫、天衣無縫。
どちらかというと、積極的に誰かを巻き込むタイプ。
ムードメーカーでありつつトラブルメーカー。オーサカ風に言えば、キジルシ道化師。

【口調】
〔普段は:どんちゃん騒ぎ〕
 一人称:僕 二人称:名前を呼び捨て // だよー、だねー、だよねえー…。
〔自分より偉い人には:頭があがらないのだよ〕
 一人称:僕 二人称:~さん、~先輩、~先生など // ですー、ですねー、ですよねえー…。

※語尾に締まりのないのが、ひとまずの特徴のような気がする


≪設定≫

【覚醒後】
FHで研究されていた、とあるウロボロスレネゲイド罹患者のデータをベースにして生み出された存在(→[Dロイス]:複製体、覚醒:素体)。
数少ない成功例であった一方、同時にバロール・オルクスのレネゲイドに目覚めてしまう。
相手を自分の領域に取り込み、じわじわと追い詰めていく様を「化け物」と評され、また研究者達も彼の扱いに手を焼いていた(→出自:疎まれた子)。
…そんな中、実験の行われていたセルが壊滅、UGN保護下に移行する。

【UGN移行後】
UGNチルドレンとして成長。ただし、FHでの経験から人とはあまり接しておらず、どこかに閉じこもって本を読んでいることが多かった。
そのため、「トライブリード」出現と同時期に、エグザイルの力…更なる「化け物」の力を手に入れたのは、当然の帰結であったかもしれない。
力を手に入れ、知恵も手に入れ、あらゆる手段で以て、彼は「必要とされる化け物」でありたいと願った(→経験:切望)。
そんなある日のこと、彼は上司に呼び出される。
「ちょっと特殊な場所で、仕事をしてみないかい?」

【入学後】
仕事とは、「オーヴァードと一般人が一緒に暮らす島で起こるトラブルの、解消の手助けをしてもらいたい」とのこと。
上司は、その中で彼が他人に対して心を開いてくれたら、と考えたらしい。
そして最初は普通に学生生活を送り始めた彼であったが…あることばに、非常に心躍ってしまう。
それは「学園十三不思議」。もともと怪奇系の話題が大好きであった彼は、様々な情報網をめぐらせる。
時には自分の能力も生かし、色々やらかしたその結果…自身が何故か、十三不思議には及ばないものの、「怪奇現象」となっていた。
…まあ、「侵入不可」の場所に入り込むのはまだ可愛いとして、室内に放置されていたお菓子を頂戴しちゃあ、ねえ。
そういうことで、学園内では「お菓子を机の上に出しっぱなしにしておくと、いつの間にかなくなってしまう」という怪奇現象が報告されているのだとか。怖いですね!

【まとめ】
まあそんな過去もありますが、本人は全く表に出しません。シリアルなにそれおいしいの?

【学園的サムシング】
得意教科 ほぼ全て(特に知識系…応用は若干苦手かもしれない)
苦手教科 体育(目の敵、とりあえず跳び箱に激突しておく)
委員会 なし(むしろ風紀委員会あたりの敵である)
部活 なし(放課後は、あちこちを歩き回っております)


【参考A:捕獲方法】
1.お菓子を用意する(甘いものが最適、手作りだとなおよい)
2.それをある程度広い場所に置く
3.それなりに長い糸をくくりつけた棒と、大き目の籠を用意する
4.伏せた籠を棒で支え、つっかえ棒に。その下にお菓子が来るようにする。
5.糸の端っこを持ち、獲物がかかるまで物陰で待機する
6.できあがり

※カブト虫などの採集方法を応用してもよいが、お菓子だけ食い逃げされる可能性に注意


【参考B:移動方法】
普段は普通に歩く。
が、調査中などは屋根裏(アカデミアだと天井裏)を≪異形の歩み≫で移動する。
図解すると、
__________ …天井
   \/
    |
    〇 <ぶらーん


__________ …床

…。
本人曰く、「クラシックな日本のお化けは全部こうやって歩いてたんだよ!」とか、なんとか。おまわりさんこのひとです。




《PLより》

Q.ネタキャラなんですか? A.ごめんなさい。
Q.某銀誓館にいましたか? A.くろりんなんて知らないよ。
Q.某ガイアにいましたか? A.おでん? おいしいよね!

もう全力で土下座します。
成長するとオルクス成分が伸びるよ! やったね!

…どうぞよろしくお願いいたします。









《めいじょうしがたいらくがきのようなもの》


2011.10.25. ひとまずめもめも、でえたのあるぴーしーさんのみまとめ。

【覚醒】
2 ●●
憤怒 0
素体 1 ●
感染 4 ●●●●
渇望 1 ●
無知 5 ●●●●●
犠牲 2 ●●
命令 1 ●
忘却 2 ●●
探求 6 ●●●●●●
償い 1 ●
生誕 1 ●

あと「悔悟」ってのをみかけたきがする。
ひとまずそたいはぼくだけなんだね! えへへ!


【衝動】
解放 2 ●●
吸血 1 ●
飢餓 4 ●●●●
殺戮 4 ●●●●
破壊 1 ●
加虐 5 ●●●●●
嫌悪 1 ●
闘争 4 ●●●●
妄想 2 ●●
自傷 0 
恐怖 2 ●●
憎悪 1 ●

さすがにけっきさかんである、あとはらぺこ。がくせいらしいよね!


〔つづきはみすかとにっくとしょかんで〕


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。