“傍らに人無しが若し” ドロッセル・ベルンシュタイン

ドロッセル・ベルンシュタイン <DROSSEL Bernstein>


≪プロフィール≫

【コードネーム】“傍らに人無きが若し--Uncontrollable Force--”
【性別】女
【年齢】14歳か15歳。中等部3年生。
【身長】152㎝
【体重】43㎏
【誕生日】NoData
【血液型】A-
【ブリード】トライブリード
【シンドローム】キュマイラ/サラマンダー+ハヌマーン
【ワークス/カヴァー】UGNチルドレンA/生徒会雑務局中等部副局長
【ロイス】
[Dロイス]:羅刹(タイラント)
[上司]雲雀宏一 ■信頼 □隔意
[仇]アルマ・レグナム □無関心 ■憎悪

【ライフパス】
出自:結社の一員 両親(死亡済み)がFHドイツ支部の研究員であった
経験:大事故 アルマ・レグナムに街ごと滅ぼされた。UGNなどでは有名な事件
邂逅:恩人 アカデミアを紹介してくれたドイツ支部長のハンスさん
覚醒:感染 14 親に投薬を受けており、それが殺された時に目覚めた
衝動:飢餓 14 握っても壊れない物を探す

【能力値・技能】
肉体:6 〈白兵〉4 〈回避〉1 〈運転:二輪〉1 
感覚:1  
精神:1 〈RC〉1  
社会:2 〈情報:UGN〉    

【副能力値】
 基本侵食率:28
 HP:33
 行動値:3

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 制限  備考
- ≪リザレクト≫ - オート x HP回復。
- ≪ワーディング≫ オート   エキストラ除外。
xx1 《コンセントレイト:サラマンダー》 シンドローム - - - - - クリティカル値-Lv
Ch1 完全獣化 マイナー - 自動 自身 至近 - 【肉体】の判定のダイスに+3/4個
Ch2 フルパワーアタック セットアップ - 自動 自身 至近 80% 行動値0。ラウンド中の白兵ダメージに+LV×5
Sa1 白熱 マイナー - 自動 自身 至近 - 素手攻撃力をLV+5、ガード値4
Sa2 氷の回廊 マイナー - 自動 自身 至近 - 飛行状態で戦闘移動を行なう。移動力+LV×2m
Sa3 炎の刃 メジャー 〈白兵〉〈射撃〉 対決 - 武器 - 攻撃力+LV×2
Ha1 吠え猛る爪 メジャー 〈白兵〉〈射撃〉 対決 - 武器 - 装甲値無視。攻撃力-5+LV(最大0)


【コンボ】(80%以下)
『猩々緋の拳』
 ――――古代中国に猩々という動物が居た。長い紅色の獣毛を垂らした、人の言葉を解し、しかし人ではない生き物。
    日本では猩々色の鎧を纏う武者は強者と恐れられ、力の象徴とされていた。
    その猩々のような姿になり、拳に炎を纏わせ振るう。単純にして絶対の圧力。ゆったりとしたフォームから繰り出される音速の一撃は、全てを貫く矛となる。
    獣化には時間がかかる。とても弱点。


  • 組み合わせ:Ch1+Sa1(+Sa2)→Sa3+Ha1+xx1
  • タイミング:マイナー→メジャー
  • 技能:白兵
  • 対象:単体
  • 射程:至近
  • 侵食値:9(11)→5
  • 命中:4+9D+ボーナス
  • CT値:8
  • 攻撃力:装甲無視10

(80%以上/100%未満)
  • 組み合わせ:Ch2→Ch1+Sa1(+Sa2)→Sa3+Ha1+xx1
  • タイミング:セットアップ→マイナー→メジャー
  • 技能:白兵
  • 対象:単体
  • 射程:至近
  • 侵食値:4→9(11)→5
  • 命中:4+9D+ボーナス
  • CT値:8
  • 攻撃力:装甲無視15

(100%以上)
  • 組み合わせ:Ch2→Ch1+Sa1(+Sa2)→Sa3+Ha1+xx1
  • タイミング:セットアップ→マイナー→メジャー
  • 技能:白兵
  • 対象:単体
  • 射程:至近
  • 侵食値:4→9(11)→5
  • 命中:4+10D+ボーナス
  • CT値:7
  • 攻撃力:装甲無視23



【アイテム】常備化P:4 財産P:
名称 種別 常備化 詳細
学園通の友人 コネ 〈情報:アカデミア〉の判定ダイス+2個
思い出の一品 その他 〈意志〉判定達成値に+1。両親の形見
CランクⅠ ランク 《吠え猛る爪》を選択。最大レベル-1、侵蝕上昇-1

≪容姿・性格≫

 金髪碧眼ドイッチュ人。なのに支部長が中国人だったためこんなコードネームに。本人は気に入ってる様子。
 セミロングにした髪はやや癖っ毛でふわりと広がっている。体型はスレンダー(趣味)。
 物事に執着出来ない性格。好みや思いはあるが、それを否定されたり失敗したりしても「まぁ仕方無いかな」と流してしまう。
 アルマ・レグナムが仇なのだが、そんなに倒したいとは思っていない。UGNが倒してくれるならそれでいいかな、くらい。
 でもウロボロスには苦手意識がある。純粋に勝てない相手として、あまり関わりたくない。
 仕事はこなすし雲雀会長のことは尊敬している。でも余計なことはなるだけしないで、穏便に過ごしたいなぁ。


≪設定≫

 FHの両親に普通に愛されて投薬されつつ育った。が、8歳のときアルマ・レグナムに街ごと滅ぼされ、その際にようやくオーヴァード化。現場検証に来たUGNに拾われる。力がコントロール出来ない(0と100のスイッチしかない)ため日常に溶け込めず、アカデミアを紹介される(小6から入学)。
 アカデミアの環境はドロッセルにとってとても良い物でコントロールも覚えてきたのだが、1年前に起こった事件によりトライブリードに目覚めまたコントロールが出来ずに。今後の課題である。
 コントロール出来ないためCランクの扱いだが、コントロールを覚えればSランク入りではないかと噂されている。
 生徒会の雑務局に所属。雑務局とはその名の通り、庶務科をイメージして頂ければ良い。

 第一話で秋元あやめにSロイス取得。同じく力をコントロール出来ない身として親近感と苛立ちを覚える。RC頑張って欲しいけどスンナリ出来るようになったらヤダなーみたいな。


《PLより》

 獣化キャラが居ないので作ってみました。アカデミアらしいキャラを目指します。私がPC①だ!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。