風早霧絵

風早霧絵

「全ての人を守ることは出来なくても、せめて目の前の仲間くらいは守ってみせる・・・・・・その為に、今私はここに居る!」――主天使級の攻撃より、祐司機を庇うにあたって
「だから言ったでしょう?『こんなくらいで、私が死ぬと思う?』って」――主天使級の攻撃を無傷で受けきって


データ <System Data>

クラス&オーギュメント <Class & Augment>

ソルジャー ≪マルクト≫ ダメージ決定:実ダメージ-10D6
ソルジャー ≪マナセ≫ オート:対象は同一タイミングでオーギュメントを二つ使用できる。同名オーギュメントの効果は重複する


能力値&技能 <Attribute & Skill>

【肉体】 6 【感覚】 10 【理知】 8 【聖霊】 2 【階級】 5
<運動> ●○○○○ <射撃> ●●●●○ <情報処理> ●○○○○ <意志力> ●●●●○ <軍略> ●○○○○
<回避> ●●●●○ <整備> ●○○○○ <誘導> ●●●●○ <エーテル> ●○○○○ <陳情> ●○○○○
<格闘> ●●●○○ <探知> ●○○○○ <事情通> ●○○○○ <芸事> ●○○○○
<白兵> ●○○○○ <砲術> ●○○○○ <調達> ●○○○○ <話術> ●○○○○
搭乗時 :BvP504
【肉体】 10 【感覚】 14 【理知】 13 【聖霊】 2 【階級】 5

副能力値 <Sub Attribute>

初期アガペー
565
使用経験点
15Exp
HP/装甲
26/35
行動値/搭乗時
8/12
戦闘移動/搭乗時
13m/600m
全力移動/搭乗時
26m/4000m

特技 <Special Skill>

名称 タイミング 技能 効果
※リミッター解除 オート - 感覚、理知の成功数+【感覚】、HPを10点失う。ラウンド1回
カバーリング オート - 命中判定後。「かばう」を行う
心頭滅却 ダメージ決定 - 実ダメージ算出後。ダメージの適用をクリンナップまで先送り。ラウンド1回
火もまた涼し クリンナップ - 《心頭滅却》で先送りにしたダメージを半分に。ダメージ軽減として扱わない
不死身の異名 オート - 《マルクト》の効果を「実ダメージを0にする」へ変更
きらめきの壁 オート - 自身の居るエンゲージへの対象:範囲または範囲(選択)の攻撃の対象を自分だけにする
木の葉落とし リアクション <回避> ドッジの成功数に+[【感覚】+3] 、狼狽を受ける
反射防御 常時 - ドッジの判定値を+5
ドッグファイト メジャー <射撃>/<誘導> 射撃攻撃。対象のリアクション判定値を-3
対空攻撃 常時 - 飛行状態の対象に対する攻撃の判定値+2
家庭料理 メジャー - シナリオ終了までの間、対象ごとに選択した技能の判定値に+1。シナリオ1回。


ダーザイン <Dasein>

【初期】
過去 からの 束縛
からの 別離


装備 <Equipment>

ヴィークル BvP504 統一帝国軍製戦闘機 。HDP:4
搭載兵器 呪法弾道対天使ミサイル×4 部位:-
機体OP ミサイルランチャー 呪法弾道対天使ミサイル×4を装備。部位:H(2)
機体OP 慣性制御システム 《※リミッター解除》で失うHPを-2
機体OP 専用カラー <意志力>判定の判定値を+2。色は深緑。
インプラント 神経強化 【感覚】+2、アガペー+10
インプラント 皮下装甲 HP+10、アガペー+5
防具 軍靴 HP+1
防具 軍用手袋 HP+1
防具 防弾チョッキ HP+6、行動値-1
拳銃 P99 攻撃力+1、命中-1
アサルトライフル G36×2 攻撃力+6、命中+1
一般 制服 軍服
一般 携帯電話
一般 パイロットスーツ
一般 ポーチ 小物入れ
一般 車両使用申請券 軍用車両を最大24時間借り出せる
一般 嗜好品 文庫本とか
一般 医薬品 応急手当ができるように






概略 <Personal Data>

年齢 <Age>
23
性別 <Sex>
女性
身長/体重 <Height / Weight>
160cm / ??kg
色素 <Color>
瞳:黒
髪:黒
肌:黄(ヤシマ人)
出自 <Birth>
完全記憶
境遇 <Position>
別離

外見&性格 <Image&Character>

眼光鋭い黒髪の美人。スレンダーだが出るべきところはしっかり出ている。
常に落ち着き払った態度を崩さないその様は、その美貌と相まってどこか近寄りがたい印象を見るものに与える。
が、その印象とは裏腹に、彼女は「自分の仲間を守る」ということに関して、時に鬼気迫るほどの必死さを見せる。
また、自分より年下の兵士に対する面倒見も良い。その姿はまるで弟に接する姉のよう。
もっとも、その近寄りがたい雰囲気のせいで避けられてしまうことも多々あるようだが・・・・・・。

設定 <Settings>

彼女は5年前、弟を亡くしている。
名を風早啓一と言い、その内向的な性格のゆえにいじめを受けていた。
彼女は出来る限りのことをして、彼を支えようとした。が、その努力もむなしく、彼は自ら命を絶ってしまった。
最愛の弟を守ることが出来なかった。
その事実は、彼女の心に大きな傷を残すこととなる。
加えて、彼女は完全記憶能力を有していた為に、弟の死の光景を鮮明に記憶してしまっている。それこそ、弟の身体から流れ出す血の軌跡すらも。
弟の死後、一時は弟をいじめていた連中への復讐すら考えた彼女だったが、最終的に「人を守る力」を手にするために軍へと入隊する。
忌み嫌っていた完全記憶能力をフル活用することで、技術を余すことなく習得し、更には自身の身体に機械化手術を施すことで身体能力を強化。
その結果、彼女は「人を守る」に足る力と技術―そして精神力を手に入れるに至る。
深緑に染め上げられた専用機を駆り、今日も彼女はその身を持って敵の刃を受けとめる。
全ての人を守ることは出来ずとも、せめて目の前の仲間だけでも守れるように。

ちなみに、彼女の機体の専用カラーである深緑は、彼女の弟が好きだった色である。
また、年下に対して面倒見がいいのは、弟のことを思い出すからなのかもしれない。

  • せっかくなので質問箱に答えてみるのこと
01.風早霧絵よ。
02.23歳、女よ。
03.国籍はヤシマね。
04.軍人。階級は中尉。
05.両親が。それと・・・・・・もう死んでしまったけれど、弟が一人。

06.読書か自主訓練か・・・・・・あとは、気が向けば料理をするか、といったところね。
07.特に夢という物は無いのだけれど・・・・・・強いて言うなら、誰も死なせないことかしら。
08.・・・・・・啓一との思い出ね。
09.目の前で、誰かの死の光景を見てしまうこと。・・・・・・もう二度と、あんな思いはしたくないわ。

10.倒すべき敵。それ以上でも、以下でもないわ。
11.特には何も。
12.忌まわしい事象ね。自分がしたくはないし、他人にもしてもらいたくないものよね。
13.過度にのめり込みさえしないのであれば、心の支えにするくらいは、いいのではないかしら?
もっとも、私はそんなものにすがる気にはなれないけれど。

14.軍人になっておいて、こんなことを言うのもどうかと思うのだけれど・・・・・・正直、嫌なものよね。
15.色々と思うところはあるのだけれど、言わないでおくわ。
16.生まれ育った国だもの、何とかして守り抜きたいとは思っているわ。
17.正直なところ、特に思うところはないわ。
18.得体の知れない国・・・・・・と、言ったところかしら。
19.そもそも、他の国のことは知らないのよね。

20.関東の防衛の要。
21.できることなら、彼らのような子供を戦場へは送りたくないのだけれど・・・・・・実際のところ、頼らなければどうしようもないというのも、認めざるを得ない事実なのよね。
22.その命を削ってまで、手にしたい力があった人達。少なくとも、私はそう。
23.戦うためだけに創り出された存在というのも、虚しいものよね。・・・・・・ところで、どうして完全機械化兵の制服ってエプロンドレスなのかしらね?
24.イマイチ、どういうモノなのかわからないのだけれど、信用に足る力であるとは認識しているわ。

成長(予定)記録

1話後→《家庭料理》を習得、<回避>と<意志力>をそれぞれレベル4に。常備化Pを10点追加し、「ポーチ」「医薬品」「嗜好品」「車両使用許可証」を新規常備化。残り常備化Pは3点


PLのうわ言。

見た目他少々のイメージは某シリーズの黒髪美少女。クールビューティ系だと思っていただければ大体あってるはず。
データ的にもキャラクター的にもカバーリング特化型。ドッジ時は成功数17、判定値15(技能レベル3)からスタートするよ!
せっかくなのでセリフを追加。若干うろ覚えだけど。

何かあれば


名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。