波久礼 宇流布 DX2nd HM

波久礼 宇流布 <Uruhu・Hagure>


≪プロフィール≫

【性別】男性
【年齢】27歳
【国籍】日本
【シンドローム】ソラリス
【コードネーム】"埋め込まれた者(インプランテッド)
【ワークス】記者
【カヴァー】記者
【Dロイス】≪申し子≫:「宇宙人」に改造された。
【ロイス】
  • [目的]「宇宙人」:■執着/□憐憫
【ライフパス】
  • [生まれ]:母親不在 > だから、少々妄想癖が強くなった
  • [経験1]:三面記事 > 「X県の中学生、宇宙人に連れさらわれる」(毎朝スポーツ三面)
  • [経験2]:被害者 > 「宇宙人」の実験の幸運な成功例、それが僕だ
  • [覚醒]:感染 > やつらが何者だったのか、それを知らずに死ねなかった
  • [衝動]:恐怖 > まぶたの裏でちらつく幼きころ見た惨劇の記憶

【能力値・技能】
肉体:1
感覚:1 〈運転〉1
精神:4 〈追跡〉1 〈RC〉2 〈知識:オカルト〉1
社会:6 〈交渉〉1 〈調達〉3 〈情報:報道〉1

【副能力値】
 基本侵食率:31
 HP:10 
 IV:8
 Exp:0
  • 初期:0

【エフェクト】
種別 名称 Lv 侵食 技能 タイミング  効果
xxx ≪リザレクト≫ - x 宣言 x 戦闘不能復活。生命維持装置起動。
xxx ≪ワーディング≫ - - 宣言 x エキストラ除外。次元の位相を少しずらす。
00 ≪セレリティ≫ 10 宣言 Mj メジャーアクション2回行動。クロックアップ。
01 ≪狂戦士≫ 〈RC〉 Mj 対象のCL値減少+ダイスボーナス。RV活性物質散布。
02 ≪女王の降臨≫ 10 宣言 St 対象のCL値減少。エーテル注入によるRV活性化。
03 ≪アクセル≫ 〈RC〉 Mj 対象にセカンドアクション付与。。
04 ≪ファクトリー≫ 〈RC〉 Mj CL値減少。インプラント高速起動。
05 ≪蒸散の香気≫ <RC> Mj 範囲化。波動拡散。
06 ≪オーバードーズ≫ - Mj エフェクト効果上昇。アカシックレコードを少しいじるだけだ。
07 ≪癒しの水≫ 〈RC〉 Mj 対象のHP回復。
08 ≪ショック≫ 〈RC〉 Mj トループ一掃。
09 ≪止まらずの舌≫ <RC> Mj 自白強要。
10 ≪さらなる力≫ 〈RC〉 Mj 再行動。
11 ≪奇跡の雫≫ 10 後述 対象の即座復活。。
12 ≪命の盾≫ 〈RC〉 Re RC回避。
13 ≪マインドエンハンス≫ 【精神】【社会】 Mj/Re CL値下げ。

【コンボ】
『オーバーテクノロジー』
 埋め込まれたもの(インプラント)をフル稼働して状況を有利に働かせる
  • 技能:〈RC〉
  • Effe:00,01,03~06/侵食率:28+14
  • 判定:6D+DB
  • Dm:
  • 特記:範囲対象にCL値減少+DB。二回行動なので2エンゲージに飛ばせる。



【アイテム】固定化P:24
名称 固定 詳細
埋め込まれたオーパーツ(UGN戦闘服相当) 18 今では僕の信頼できる相棒だ。
コネ:警察 よくお世話になっています。
コネ:裏社会 何回かすっぱ抜いたら、お友達になってくれました。
コネ:学問 あれで、専門分野じゃ権威なんですよ。
コネ:軍事 全員がやつらの手先じゃない。信頼できる人もいる
コネ:ウェブ ひょっとしたら、やつらはコンピューターウイルスが弱点かもしれないからね。
コネ:マスメディア 正義の権力、やつらの手先。どっちも正しいのが困るね。


≪容姿≫

 基本ルルブのサンプルキャラ「魔術師の仮面」みたいなおじさんです。

≪設定≫

 今から十数年前、中東の遺跡から発見されたレネゲイド・ウイルスが人知れず世界中にばら撒かれていたころ、
 二流ゴシップ新聞の三面にこんな記事が載っていた。「X県の中学生、宇宙人に連れさらわれる。生き残りの少年少女を保護。」
 今風に言えば、「宇宙人」を名乗るジャームが仲間を増やすために人体実験を繰り返した、といったところだろう。
 しかし、当時はまだUGN日本支部の活動が開始される前で、エージェントが訪れることはなかった。
 改造されたジャームたちは「宇宙人」に反逆し、両者は争いの果てに死に絶えた。
 保護された数人の生き残りは心に傷を抱えたまま、事件を封印した。
 ……ただ、彼だけは違った。彼は宇宙友愛協会に入り、あの化け物たちの正体を探り続けた。
 その過程で得たいくつかの情報、「レネゲイドウイルス」「UGNとFH」「ロイスとタイタス」
 危険な目にも何度かあった。生き残れたのは「宇宙人」に埋め込まれた(インプラント)されたオーパーツと、
 数少ない仲間たちのおかげだ。だからこそ、仲間を危険に犯さないよう、彼は危険な真実を目指していく。
 はぐれ狼を気取りながら
 識別票が埋め込まれ(インプランテッドされ)ているとも知らずに

PL脳内妄想の軌跡

 念願のハートレスメモリーだ!! これで××の××が見れるぞ(ネタバレ回避)
 でもって、死にたくないのでガチ組みしたはずなのになんだろうピュアの癖にこの燃費の悪さは……(大技が多すぎです)
 まあ、2ラウンド持てば何とかなるでしょう。(それ以上かかったら帰ってこれないという話しだし)

 さて、データはこれでいいが設定をどうしようかな。
 というか、記者としてやって来いなんて無茶振りもいいところだと思います公式。(逆切れ)
 mさんを持ってこようかなと思ったけどGMがすごい嫌そうな顔をするし(当たり前だ)
 ギルドのメンバーとか絡みにくそうだしな(悪役から離れなさい!)
 ほかに何か面白い組織はないかなぁ……(ルルブを開く) 宇宙友愛協会かあ
 こ れ だ
 よしよし、「宇宙人」を追う記者さんだね。接点を増やすためにUGNのことぐらいは知っておこう。(そだね)
 データ的には仲間がいないと何もできないキャラだけど、だからこそ一匹狼を気取るってかっこいいよね。(そうかあ?)
 いや、絶対かっこいいよ。これでいこう!(はいはい)

 キャンペーン3話まで終了

 …… (どうした? 実際、かっこよかったじゃん もっと胸を張れよ)
 ……僕、そんなにPLとして信用されてなかったの? (胸に手をあてて、よく過去の所業を思い出してみよう)
 ……たしかに、前科というか心当たりというか、ありまくりだけど (だけど?)
 ……こういう設定をするときって、本気でカッコいいキャラを目指す時だけじゃないですか (そんなこと言われても困る)
 …… (そんな ほぼ全PLから「こりゃ駄目なネタキャラだ」と思われていたからって 気にするなって)
 …… (セッションはうまく行っているし、自分自身が驚くほど七姫に入れ込んでいるじゃない?)
 …… (GMもわざわざネタを拾ってくださったんだし、何か不満でもあるのか?)
 いや、不満はない。まったくない。 (そうか、ならいいじゃないか)
 そうだね、よし! ××の××を××しにいくか。 (おー! これからが地獄だぞー)

"彼女”について

 「お兄ちゃん」
 そう呼ばれることに、僕は思いのほか慣れていた。
 女の子の、声だった。明るく、屈託のない言葉だ。なつかれては、いたんだっけ?

 ……"あの事件”以前のことは、あまり覚えていない。
 何か、大切なことがあった気はする。命を懸けて守りたくて、また会うために生きていたくて。
 そう思っていた。幼いながらも、魂に刻み込んでいたはずだ。その人たちのことを。
 ……"あの事件"の後、僕はそれらを失っていた。
 彼女は結局、母親側に引き取られたんだったっけ? そんな話を聞いていた気がする。
 そんなことに興味は抱けなかった。僕はもう、彼女たちとの"絆”が断ち切られていたから。
 だから、なおのこと、「宇宙人」に執着していたのかもしれない。

 なんと言われたっけな? 確か、「彼女くらい自分で守れ」って意味合いだったな。
 「そんな単純な関係だったら、楽なんだけど」とでも、答えたっけ。

 まあ、どう言い繕ったところで、僕の立場は変わらない。
 妹の存在なんて、本人に言われるまで気づかずに忘れていた自己中心主義者で、
 ……その妹がどうなろうと、記事と「宇宙人」のほうを優先するエゴイストなんだ。

 駄目だ、僕はどうしてもこの島には住めない人種のようだ。
 僕にとっての"彼女"は、グルメとオカルトが専門の後輩でしかない。
 島に縛り付ける足かせにはならない。はるか彼方にある妹とは、結びつかない。

 実はいまだに、"彼女"の本名も思い出せていないんだ。
 本当は僕自身の、もだけどね。記憶の混乱、オーパーツの仕業(イタズラ)だ。メモは置いてきちゃったし。

 自分でも不思議なことに、僕はまだ人であるらしい。「宇宙人」への妄執はいまだに断ち切れていないのに、なぜだろうね。
 ……まだ、変われるからか。

 ならば多分、今こそ変わる時だろう。はぐれた狼が、ただの人へと。
 それから、涙を流すんだ。流せるように、なるはずなんだ。

  • 補足
 ようは常備化ロイス:家族を昇華して次セッション以降に常備化しなかった薄情者なわけです。
 ネタを拾っていただきありがたうございますGM。けど設定を練り直すのに苦労しましたよGM。
 生まれの母親不在を生かすとは思ってませんでしたよGM。
 しかし、SSは面白いですね。ちゃんと伝わっていればよいのですが……

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。