この蒼い世界で・NPC&舞台設定

NPC

※現地点でオープンしている情報を基にして記述しているため、今後、ここに書かれている内容は変わることがある
 (その際は、ビフォアー・アフターがわかるように書き換え)

※2010.11.27. 第二話での追加NPC+情報を「<<New!」の形で表記。
 (具体的には、千春・ハイネ・《夢応の鯉玉》・レイスナイト・グラサンを追加、映・大道さん・来雨に書き足し)


Key Character----

第一話~

□幸野映(こうの・えい)

「もう、これだからあんたは…ほら、ぶーたれてないで行くよっ!」
―性別:女/年齢:14→16/種族:人間/クラス:ノーマル(Lv.1)
  • わりとどこにでもいる、ボーイッシュで写真の大好きな少女
  • クラスに一人はいそうな、孤立しているクラスメイトを放っておけないタイプ
  • 篁千尋と逢原スセリとはそういった流れで仲良くなり、無類の親友となった
  • 2008年、サジッタ社主催の「私の大切なもの」をテーマにしたフォトコンテストで最優秀賞を受賞。作品には、青空をバックに千尋とスセリが映っている。
  • また、その頃から頻繁に頭痛に悩まされるようになる
 →2010年2月、とうとう授業中に倒れてしまうが…
  • 家族構成は両親とシベリアンハスキーのハスt…は不味いのでいいお名前を募集中。一人っ子なので、篁家はちょっとした憧れ。
  • ファッションセンス? なにそれおいしいの? …ジーパンにシャツが標準装備、髪型はベリーショートからボブになった。

〔第二話での追加情報〕<<New!
  • 揚羽町内にある聖華病院、一般病棟に入院中。
  • ほぼ昏睡状態。起きている時がかなり珍しい。
  • 表向き、「脳内の腫瘍が症状の原因、切除困難」という状況だが、真実は「脳内にシャードが発生、切除しようとするとトラブル発生→施術中止」。
  • 昏睡中は夢を見ているらしい。
 →第二話後半、千尋達はその夢の世界に立ち入り、そこにいた《奈落》を倒すも脱出できず…?

〔参考:映から各PCへの印象めいたものをインタビューしてみた〕
  • 千尋…「あいつはねぼすけだし消極的だし、嫌なヤツ…なんだけど、別に悪い子じゃないのも真実なんだよね。実はいざというとき頼れるしさ」
  • スセリ…「私のお姉ちゃん。腕も立つし優しいし、頼れるし甘えられる。逆も然り、だといいんだけどね。…たまに、心配になるなあ」
  • 咲髏…「サジッタ社の人。…なんというか、ミステリアスだよね。やっぱり仕事のデキる女性は、こう、特別に神秘的っていうか…」
  • シグルト…「(ちょっと考えて)…ああ、町でたまーに見かけるあの人か。千尋もスセリも、見ちゃいけません! ってするんだけど…?」
  • 総司…「千尋のお姉さんの彼氏さんだよね。どういう面でもしっかりしてて、でも純朴なところもあって…本当、千尋にも見習ってほしいな」


□大道善慈(だいどう・ぜんじ)

「というわけで、ちょっくらお願いできるかな?」
―性別:男/年齢:56→58/種族:人間/クラス:ノーマル(Lv.5)
  • サジッタ社の取締役のうち一人、技術開発部門のトップ
  • かなりな叩き上げだが、それを悟られない飄々とした、軟派な雰囲気を持つ
  • 桐崎咲髏の上司であり、彼女には事務から外回り、クエスターとしての仕事まで様々の「些細で重要な」任務を担当させている
  • 最近、異世界の遺失技術であるレリクスの収集に血道を上げている。夢はタイムマシンの完成だとか。
 →その第一歩として、咲髏に「《夢幻郷》を垣間見出来る」レリクス《夢応の鯉玉》の確保を依頼する。<<New!
(※「ALA」P.125,「BLS」P.111参照)


□ユリウス・ナインライブズ(―・―)

「世界をボクの愛で満たしたら、立派な世界征服にならないかな?」
―性別:男/年齢:34→36/種族:人間(?)/クラス:ノーマル(Lv.3)
  • ヨーロッパを中心に頭角を現しつつあるナインライブズ家、その指導者(プリンス)の一人
  • 戦場にて、記憶を失った桐崎咲髏を助け、優秀な部下へと仕立て上げた
  • 政治戦争、経済戦争により世界各地への影響力を強め、いつか来る己による世界征服の日を待ち侘びている
  • また、彼の欲望はこのブルースフィアだけに留まっていないようで…?
  • このような「異世界」に対する発言から、彼自身が西洋のフォックステイルなのではないか? という噂が後を絶たない
(※「ALG」P.322,「BLS」P.104参照)


□クラウス・カウフマン(―・―)

「全く、お前の入れる紅茶は不味いな…別に、飲んでやらなくもないが」
―性別:男/年齢:25→28/種族:人間/クラス:アルケミスト(Lv.6)
  • 骨董品店「一つ頭の大鷲亭」の店主
  • その実態は、裏社会からの品卸。取り扱いは怪しげな壷から拳銃にドラッグ、果ては結界子にレリクスまで様々。
  • 現在はアルバイトのシグルト・シャンポリオンを通じ、「公安委員会」という異世界の組織に協力している
  • しかしクラウス当人は己の利益を軸にして動くため、いつその関係が切れるかもわからない
  • ゆえに、様々な組織に肩入れしていた過去を持ち、大概の相手には何かしらのコネクションがある(勿論プラスの意味でもマイナスの意味でも)
  • 他人に弱みを見せたら負けだと思っている節があり、慣れている人間ならばその性癖を利用して「存在するものならば何でも」仕入させることが可能
  • 有り体に言えばツンデレ
  • 外見は中性的な北方系欧州人、分類的には美形だが性格のせいで色々と台なし


□虚門来雨(こもん・くるう)

「うわあ、冷蔵庫がブリザード吐いてる! た、助けてー!!」
―性別:男/年齢:13→15/種族:人間/クラス:ブラックマジシャン(Lv.7)
  • 虚門家の現当主である少年
  • その正体は、無邪気と偏った知識が服を着て歩いているという、ある意味化け物
  • そのため、生活には父の造り出したホムンクルスである兜総司の存在が欠かせない
  • 「諸般の事情」により学校には行かず、自宅にある書物を読み漁る毎日を過ごしている
  • また、同様の事情により外出することも極めて稀
 →どうやら幽体離脱めいたチート魔法を使える模様。魂だけになっても駄目な子は駄目な子でした。<<New!
  • 家族は兄が二人、ただし片方は養子に出されもう片方は別居中。父母とは死別。
  • 残念なまでに生活能力と運動能力が無い
  • 外見は…ショタでいいです
  • 勝手に様々なものを各地から拝借していた模様。
 →第二話では、クラウスの店にあった預言書が犠牲に。見事、グラサンに証文を握られ、ここから虚門家の没落がはじま…る?<<…New?
  • 第二話中盤、すせり達に事の重大さを告げた後、対《奈落》用の武器を求めて二十三代目無道玄斎の元へ向かった。<<New!


第二話~

□‘レイスナイト’篁千尋(たかむら・ちひろ) <<New!

「私は、彼女を守るためだけに」
―性別:男/年齢:不詳(PCの千尋より若干年上)/種族:奈落/クラス:ブラックマジシャン(Lv.30)
  • 別のリーフワールドからやってきた、「篁千尋」その人。
  • 「映の守護」を第一として行動し、数多の犠牲を払ってきた。そのため、奈落にまで身を堕としてしまう。
  • しかし信条は変わらず、結果として「映を夢の世界から解き放つ=映を不幸にする」一行と衝突、第二話のボスとなる。
 →戦闘後、霧散した彼の一部を咲髏が《夢のかけら》として確保することに成功。
  • 「映を守るためなら、一人であっても戦う」というスタンスが敗因を生み出したと思われる。総司の存在が想定外だったようだ。
  • 映以外にも、すせり、シグルトとは元いた世界で交流があった模様。シグルトに関しては、結構容赦ない発言を繰り返していた。
  • そのあたりも含め、まだまだ謎が多いため、次回以降、新しく判明する(判明させる)情報に期待できる…かも、しれない。


□篁千春(たかむら・ちはる) <<New!

「千尋、起きなさい! 映ちゃんとすせりちゃん、来てるわよ!」
―性別:女/年齢:二十代前半~中盤?/種族:人間/クラス:ノーマル(Lv.2)
  • 篁家の長女、千尋の姉にあたる。
  • 性格は…あれ、sikkiさん、「明朗快活だが女性らしい一面もある」みたいなノリでしたっけ…? …募集中。
  • 普段はケーキ屋さんで、販売スタッフとして働いている(ちなみに、このお店の猛烈なファンが来雨)。
  • 兜総司の彼女。
 →第二話までの二年ほどの間に、千春、総司の《カブトフォーム》を目撃してしまう。以降、関係が悪化。
 →しかし第二話前半、総司は彼女に「真実を話す」と約束し、《カブトフォーム》を封印。関係は再び良好へ…?
  • 千春さんのロールは、各PL様の提供でお送りいたします。何か足りなかったら補足可能です。


□‘サングラスの男’(通称:グラサン) <<New!

「シグルトさんのためなら、どこにだってついて行きますよ」
―性別:男/年齢:不詳/種族:人間/クラス:ノーマル(Lv.2)
  • 元は、第一話で暗躍した‘謎のネットアイドル’エリスの配下にいた危ない人。それをシグルトが見事に《チャーム》し、《ウィザードアイ》の媒介としているようだ(扱いとしては、アイテムの《エキストラ》)。
  • ただし、前者の魔法については解けている疑惑も。グラサンにフラグが立ったようです。
  • 現在は、声の出ないシグルトの代弁者として動きつつ、「一つ頭の大鷲亭」でバイト中。
  • 裏社会やクエスター・スペクター絡みのことは、少しは了解している。ただし、本人に力はさっぱりない(と思われる)。
  • 今後もグラサンの華麗なる活躍にご期待ください。Ygiさん、気になるところありましたら追加パッチどうぞ。


→Next person,Now Roading...



Guest Character----


第一話

□‘謎のネットアイドル‘エリス

「エリスは神様、神様は全てを思い通りにするの…だから、あなた達はいらない」
―性別:女/年齢:?/種族:奈落/クラス:アポスル(Lv.18)
  • ネット上でそのテの人間には話題のアイドル、キャッチフレーズは「光る! 動く! 音が出る!」
  • その実態は奈落の使徒であり、「世界の奈落化による征服」を目指していた
  • 目下、部下を集めるため、ファンイベントの裏でアビスシードを混ぜたドラッグを売り捌いていた
  • しかしその売り子のうち一人がへまをし、売買現場を幸野映に撮られてしまう。その後始末のために大立ち回りをし、結果失敗。
  • 死に際に「生まれ変わっても世界を壊す」と発言していた
  • 外見はロングヘアーに眼鏡、いかにもどじっ娘という風貌だが、どちらかといえば電波系


第二話

□‘青い花’ハイネ・ハルデンベルク(―・―) <<New!

「あなたの悪い夢を、僕が全部、片付けてしまいましょう」
―性別:男/年齢:17/種族:人間/クラス:OVLドリームバスター(Lv.4)
  • 夢の世界を垣間見できるというレリクス《夢応の鯉玉》を追い、揚羽町に辿り着いたドリームバスターの少年。
  • 着いて早々、町内を荒らしていたスペクターに遭遇。そこを咲髏・シグルト・総司に助けられ、以降行動を共にする。
  • ちなみに、レリクスは「財力」という怪物を飼いならす咲髏によりサジッタ社のものに。だが、ハイネは立場上、一回これを発動させている。
  • 第二話で「クエスターを夢の世界へ誘う」ことができるとして、一行を映の夢の中へと導いた
 →しかし彼らは目覚めず、ハイネは夢の世界の入り口となった「ざくろハウス」内部で待機しているようだ
  • 性格は温厚、ちょっと可愛いものが好きかもしれない。
  • ショタ要員2、と言いたいが年齢設定が意外と高かったことをすっかり忘れていた。


□‘レリクス’《夢応の鯉玉》(むおうのりぎょく) <<New!

(鯉を浮かべた宝玉は、静かに佇んでいる)
―性別:なし/年齢:かなり古い/種族:レリクス/クラス:超一級品
  • 古代の叡智が詰まった奇跡のアイテム・レリクスの、世にも稀な「本物」。
  • ドリームバスターが強くマナを注ぎ込むことにより、「誰かの夢」=《夢幻郷》のどこか=異世界を映し出すことができる。
 (この対象は基本的に任意。完全ランダムにすると、「世界にとって重要度の高い夢」が映し出されやすい。)
  • 発見されてから世界各地を転々とし、結局、古物商クラウスの手からサジッタ社へと渡った。
  • 形状は、「水晶玉の中に、鯉の形をした像が沈んでいる」というもの。
  • 第二話中盤で、確か「所有権:ざくろ、所有者:すせり」という状態になっていた記憶が…。

→Now Roading...





舞台設定

※ここが知りたい! というものがありましたらお気軽にどうぞ

□揚羽町(あげはちょう)

  • JR上野駅から私鉄に乗って約十分くらい
  • A区に属する、それなりに大きい町
  • 乗り入れは私鉄のみ、「揚羽南駅」がターミナル
  • 住宅が大半、東西南北に十字に延びる大通り沿いが商店街や雑居ビル
  • 小鳥遊や逢原、岩清水(、虚門)といった古い血筋の家が軒を連ねている
  • 町のほぼ中心部に風上神社がある、現在の神主は風上朱雀(かざかみ・すざく)
  • 学校は小~高まで点在する公立校と、小~高まで(基本的に)一貫の私立校である空蝶学園がある
  • ぎりぎり下町の範囲、雰囲気としては馬場や田端、千住のあたりを想定


※以下は第二話から出てくるであろう設定です


□私立空蝶学園(しりつからちょうがくえん)

  • 創立十五年(2010年現在)、近頃頭角を現しつつある進学校
  • 「小中高一貫部」「中高一貫部」「高等部」の三部が存在、卒業の際に外部校へと移動することも可
  • 高等部には一般クラスとは別に、芸術特進と体育特進のクラスが設けられている
  • 教員の灰汁が妙に濃い
  • 部活動もそれなりに盛んで有名どころの部活はそれなりにある、掛け持ちは可能
  • 設立当初より「歴史研究部」が存在、その実態はクエスターの斡旋組織(→個別項)
  • 制服はブレザー、女子はスカートとパンツ両方が許可されている

□「歴史研究部」

  • 顧問は社会科兼「理論指導」の風上朱雀、副顧問は国語科兼「実技指導」の在原明楽(ありわら・あきら)
  • 「クエスターの斡旋」と「クエスターの育成」を二大柱として活動している
  • 入学者のうち、クエスターとして覚醒している者には風上よりシャードを介して入部を促される(強制ではない)
  • また、未覚醒で素質のある人間については在原が全てチェック、動向を観察
  • 常に人員不足に悩まされているため、所属しているクエスターは馬車馬のように働き、結果として卒業のころには立派に一人でやっていける位になっている場合が大半
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。