ピエール

≪プロフィール≫

【種族】人間
【性別】男性
【年齢】52歳
【属性】火/風
【第一クラス】ナイトウィザード:Lv0
【第二クラス】強化人間:Lv0
【クラス履歴】
 龍使い:Lv2
【総合Lv】2
【ワークス】デザイナ―(暗殺者)
【ライフパス】
  • [出自]:世界の守護者
  • [生活]:病に倒れる

【基本能力値】

筋力 13 +2 知力 5
器用 11 +2 信仰 5
敏捷 7 +1 知覚 9
精神 7 幸運 6
移動 2 CF修正 2

【プラーナ】
内包値 21
解放力 9
最大HP 31 (重傷値6)
最大MP 15
闘気 6

【戦闘値】

戦闘値 基本値 クラス修正 特殊能力 未装備 装備 闘気 最終
命中 11 3 14 0 14
回避 8 2 10 6 16
攻撃 14 5 8 27 0 27
防御 11 3 14 14 28
魔導 6 2 8 3 11 11
抗魔 5 2 7 10 17
行動 7 1 8 0 8

【装備】[装備可能重量:15]

名称 種別 重量 価格 命中 回避 攻撃 防御 魔導 抗魔 行動 射程 備考
呪練制服 防具(全身) 1 伝家 《オーダーメイド》 ピエールが初めて作った自分用のマジックアイテム、他に妻あげたドレスがある
魔騎士の外套 その他 1 60万 エリィ・コルドンが駆け出しの暗殺者だった頃のピエールに与えたもの
ハット 防具(頭) 7千 服に良く似合う帽子

【特殊能力】

名称 クラス SL タイミング 効果
≪月衣≫ NW - 常時 アイテムの隠匿。
≪伝家の宝刀≫ NW 1 常時 アイテム入手:破魔弓。
≪気功≫ ron 常時 プラーナ効率が良くなる、1cCL
≪龍爪≫ ron 常時 素手のダメージ上昇
≪光龍≫ ron 通常 命中判定上昇、c時絶対化
≪激龍≫ ron 通常 攻撃をマス内全員に
≪幻想舞踏≫ KM 2 常時 戦闘能力のジャッジをcに。2回まで
≪闇に紛れる≫ item SL 常時 全力移動での離脱の効率化
≪風の騎士≫ item SL 対抗 回避C時に全力移動
≪アディオス!≫ item SL 常時 退場判定すべてに達成値上昇

【取得魔法】[魔法取得レベル:6]

名称 Lv 属性 MP 発動値 カウント 効果時間 対象 射程 タイミング 価格 効果
バーストジャンプ Lv 属性 MP 発動値 カウント 効果時間 対象 射程 タイミング 価格 飛ぶ
エアブレード Lv 属性 MP 発動値 カウント 効果時間 対象 射程 タイミング 価格 遠距離攻撃、命中向上
フェニックスライブス Lv 属性 MP 発動値 カウント 効果時間 対象 射程 タイミング 価格 ダメ後回復ジャッジ、1r1

【所持品】

名称 重量 効果 価格
0-Phone 0 ウィザード専用携帯電話。あらゆる言語で会話可能に。 v0
MUGEN-KUN 0 ウィザード専用クレジットカード。 v0
幸福の宝石 0 [F]を打ち消す v15,000
U2魔石(x10) プラーナ2D6点回復 v10.000
所持金 v395,000
借金 v0

【コネクション】

対象 価格 備考
Drクドラク 自動取得 暗殺者時代から付き合いのある闇医者
エリー 自動取得 最愛の妻にして、我が人生の呪いの源
アンゼロット ライフパス 老獪な女狐、出し抜くのは難しく信頼してはならない
ハルカ・クガ 3000 大いなる者の少女。利用価値は高い
柊蓮司 20000 アンゼロッドへの切り札だった少年。それが私への切り札となるとは
ソフィ 2000 妻の命を奪って生まれた灯、いはけなき子や 罪はなけれども、生き続けるがさらぬ厄
ケンジ・イトマキ 3000 アンゼロッドが見込んだ通り、その才能は疑い得ない。しかし、未だにルーキーとしか言えない(ツンデレ
ルキノ 50000 敵の力をもって善を為すという言動の割に、その基準は彼の主観でしかない。このルーキーはどう動く?
チアキ・マックラ 0話 「絶対無敵のふりをして純愛」絶対無理

【成長指針】

戦闘での役割は囮と遊撃。敵の攻撃をあえて食らう位置に行き、回避。上手く行けばそれで移動もできるから、わざと味方の範囲魔法を受けるのも良し。とすると、強化人間になるのが良いか。
 とりあえず、暗殺者としての技量は十分に揃ったので、選択肢として敵対者をアサシンすることも視野には入れておく。
買い物は前回の報酬を得てから。部位:全身と部位:上半身とかは重なるということを知ったので、改造ベスト相当のオフェンシブアーマーを着込むとかしたいけれども10倍かぁ。

≪容姿≫


        |三三三三三三三三三三三|
        |三三三三三三三三三三三|
        |三-ーミミミミミミミミミミミミミ 、
        ,ノミミミミミミミミミミミミミミミミミミヽ
       /ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
      /ミミミミ/    ll  ll    ̄ヾミミミミ/
      lミミミミイ ( 〇) ヾー8´      |二         
      ヽミミミl ,,,/`':;:´⌒ヽ8_-=='/    l
         ヾ`´.;.;.;.;人_.;.;.;.;.;8.;.;.;/    | _
          `ー ´   ̄ー8 ̄     |-、
       __ `、      @      |.;.;.;.;ヽ___ __
       /;.;.;.;.;.;.;.;.;`、 iニ.、         /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,-' ̄.   ̄ ̄ー 、
     /:;:;ヽ.;.;.;.;.;.;.;.;ゝl _jヽ,        /.;.;.;.;.;.;.;.;/    、      ノ
    ∠――\.;.;.;;.;.;.;!.|   ',. __ー ̄  ̄ ̄`/     `┬‐ ´ ̄
          \, ',ー\.   ',‐ ̄        l        ,' !
       /.;.;.;.;.;|○,- r‐-、 ソ ,. -' .―      >-<⌒ l i
      /.;.;.;.;.;.;.;.;.;|.;.;.;ゝヽ \`  ゝ `) \ , -'、 ノ )ヽ l !
    /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; \  ` ̄  \   `  、 \. _ノ./!
   /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; ,ヽ __    _丶._   ノ'´
***≪設定≫
 ・生まれ:生まれてすぐに、ピエールの両親は不思議な、それでいて抑えられぬ尊厳と慈しみの心溢れる、この世のものとは思えない少女からピエールに対する助言を得る。
 「この者の欲することを成させなさい。この者は私と世界に仇を為すでしょう、そして、世界の敵となります。それがこの者の運命。しかし、もしもこの者が自ら運命を変えたいと願うならば、そのとき、世界の味方となるでしょう。私はこの者に対して何もすることができません、そのことを済まなく思います」
 ・ピエール、両親から放任とも思えるほどに自由に育てられる。自分で何をしたいか、何を為すべきかを模索し始める。
 ・18の時、リセを卒業しバカロレアを受けるも、デザイナーになりたいと思い同時に服飾学校へと入学。エリーと出会うがこのときは知り合い程度の仲。
 ・デザイナーとしてデビューしたピエールは招かれたパーティでエリーと再開。恋におちる。
 ・人生順風満帆、自由奔放に生き、運命が自分のものであると思う日々。エリーに求婚する。
 ・ピエール振られる。名家の生まれであるエリーの両親からの反対とエリー本人からの拒絶。運命を呪う。
 ・両親死亡。遺品として残されたペンダントに「汝の欲することを為すが良い」と書いてあるのを見たピエールは、エリーを誘拐する。
 ・オーストリアまで逃げたピエール。エリーから彼女の一族の秘密を打ち明けられる。エリー、ピエールの懇願により結婚を承諾する。
 ・ピエール、エリーの家へと婿養子に入る。ピエール・ロダンと名が変わる。エリー一族の呪いを解く方法を模索し始める。このころ、ウィザードの知識を得る。
 ・名声、コネ、すべてが足りない。金を得るために妻にも内緒で暗殺稼業を深夜に始める。エリーから心配される。
 ・手を血に染めて、魂を悪魔に売って、それでも呪いを解く方法は見つからない。暗殺の対象にウィザード、エミュレーターが含まれるようになる。
 ・ピエール、呪いの正体に気づくと共に、それが金や名声ではどうすることもできない存在であると知る。もう一つ、自分には運命を変える力はないと言う事を知る(大いなる者、勇者への転職はできなかった)。
 ・エリーから懐妊の知らせを聞く。彼女は死ぬというのに、どうしてあのように綺麗な笑顔を浮かべられるのだろうか。ピエール、エリーに中絶を願う、拒絶される。
 ・ピエール、裏切りの飛竜の遺骨を手に入れる。渡した老婆がほくそ笑む
 「それが何になるって言うんだね、あんたの運命を教えてやるよ、あんたは大いなるお方に仇をなして死ぬのさ。墓にはもう名前が記されているよ、ピエール・バルナバ・ロー・・・」彼女は眠った、永遠に。
 ・エリー、出産のために入院。ピエールは最後の望みをもってアンゼロッド宮殿へと向かう。
 ・ピエール、牢に入る。長女の出産とエリーの死を知る。ひとつだけ運命に抗う、まだ私は生きている・・・・。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。