DX3_ミカゲ

“隕鉄 -Fallenstar-”ミカゲ<Mikage>

『おう、熱いぜ。俺は元気だぜ。』

≪プロフィール≫

【性別】男性風
【年齢】17歳風
【国籍】オリオン座
【シンドローム】サラマンダー・バロール
【コードネーム】“隕鉄 -Fallenstar-”
【ワークス】レネゲイドビーイングC
【カヴァー】庭石
【Dロイス】≪エターナルブレイズ≫:「焼け石に水」って知ってる?
【ロイス】
  • [理解者]ネームレス:■尽力/□猜疑心
  • [管理員]霧谷雄吾:■庇護/□猜疑心
【ライフパス】
  • [出自]:孤独な魂 > 仲間と離れて、あそこは何も無かった。暗いし。
  • [経験]:生命停止 > 落ちたら死ぬね。君も僕も。
  • [邂逅]:幼子 > 霧谷のおっちゃんほどいい男ったら俺くらいでないです?
  • [覚醒]:渇望 > もっと熱を。もっと加速度を。
  • [衝動]:加虐 > みんな爆ぜればいいじゃんか。

【能力値・技能】
肉体:2
感覚:1 <知覚>1
精神:7 <RC>4 <意志>1 <知識:レネゲイド>1
社会:2 <交渉>1 <情報:UGN>1 <情報:学問>1

【副能力値】
 基本侵食率:37
 HP:31
 IV:9

【エフェクト】
種別 名称 Lv 侵食 技能 タイミング  効果
xxx ≪リザレクト≫ - x 宣言 x 熱くもないのに死ぬわけが無いだろ。
xxx ≪ワーディング≫ - - 宣言 x ホットスタート。意識だけ。
Sa01 ≪コンセントレイト:Sa≫ Synd Mj C値-[Lv(Max3)]
Sa02 ≪焦熱の弾丸≫ <RC> Mj 気付いたら手の中にあるもの。それを投げつければ焦熱の弾丸。
Sa03 ≪インフェルノ≫ Synd Mj お前の行動はそこで終わりだっ!
Ba01 ≪時間凍結≫ - Int 言っただろ! お前の、行動は!
Re01 ≪ヒューマンズネイバー≫ - - - - 世話んなってるよー
Re02 ≪オリジン:ミネラル≫ - Mi 隕鉄とは何かって? あれ、名付けたのはそっちじゃなかったっけ?
Et00 ≪エターナルブレイズ≫ - Set 触ると火傷すっけど避けんなよー?

【コンボ】
『なし』
 突っ走る。当たる。砕ける。あとは野となれ山となれ。

【アイテム】固定化P:4
名称 固定 詳細
レザージャケット 石は寒くてもいいけどホラ、石を触る人は寒いと嫌じゃん?
コネ:裏社会 <情報:裏社会>にDB+2。

≪容姿≫

 活発な少年風の石が空から降ってきてそれがレネゲイドビーイングだった場合の見た目。

≪設定≫

 レネゲイドの宿る隕石が空から降ってくることなんてざらです。
 では何故隕石のレネゲイドビーイングがさほど多くはないのか。
 そう、落下ダメージによる死者が後を絶たないのである。

 ミカゲはそんなご多聞に漏れず、星から星になりかけた、星の数ほど在る星の一つ。
 ただの隕石として博物館に展示される彼が運よく(侵食値が低かったため)蘇生したその時、
 ちょうど通りかかったのが誰あろう、霧谷雄吾その人だったのだ!

 霧谷雄吾に、そのカロリーと熱量を認められたミカゲは晴れてスカウトされ、
 とあるUGN支部の庭石として第二の生を歩むこととなる。
 パーティーに空きがあったら入れておきたいパートナー部門の上位常連となった火の玉ミカゲであるが、
 色々あってハンドアウト参照。

独り言

 コンセントレイトが自動取得と勘違いしていたため、
 エフェクトを当日練り直す羽目になったのもいい思い出。
 火の玉役とパーティーの良識役を兼ねるという珍事に陥ったのもいい思い出。
 三人とも火の玉役は兼ねてたからねっ☆


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。