第2話:かつての光、今はいずこ

次回予告



 賭けをしないか?ククク、失うモノはくだらないものだけだ・・・

 大倉市は変貌を迎えようとしていた。

 所々に現れる"あの世界"
 人々の噂に流れる”不気味な夢”

 大倉市にて、一大麻雀大会が行われる。
 それは、全ての強運とあらゆる技術が集う混沌の舞台

 その大会の裏で、微笑むのは悪魔か鬼か

 牌を混ぜろ、混沌を掻き混ぜるが如く。
 山を作れ、世界を積み上げるが如く。
 賽を振れ、その目により運命を決めよ。

 そして、我らがバンドにも、嘗て無い危機が迫る。

 果たして、ライブ参加は出来るのか?
 我らが一般人、佐藤さんの夢はいかに?

 ・・・得るのは光、失うモノはくだらないこの世界のみ

 澱み流れてシナリオ「嘗ての光、今はいずこ」

 流転する街になにが待ち受けているのか、まだ誰も知らない


要約:麻雀大会が行われるよ!あと、この大会に勝たないとバンドは解散になってしまうようだよ!!

 相変わらずハンドアウト書くのは難しいのう。
 こんな感じになるはず?http://www.din.or.jp/~knights/jpg/janshi_all.jpg


PC超越:松永=天人

シナリオパス:「鬼頭 瑞巌への警戒」(GMと要相談)
 マクガフィンの事件から、あなたは街の至る所であの世界との繋がりを感じるようになった。
 この街は、どうなろうとしているのだろうか。
 そんなことを思っていると、星の世界よりも遠くより、超越者からの託宣が聞こえた。
 「鬼頭 瑞巌という男を警戒せよ。彼は澱みへと至らんとしている」

関係無いけど、GMの中での超越者のイメージ:http://www.youtube.com/watch?v=-syWlzurvJs&feature=related

シナリオハンドアウト

PC①:氷土=流

シナリオパス:「前田 元への執着」
 あなたよりも若く、風を「感じる」または「読む」ことができた男がいた。
 その名は前田。神の域に達した天才と呼ばれながらも、人知れず引退した男。
 街を見下ろしながら、何故か彼を思い出した。秋の夜風が君に何かを伝えようとしているのか。
 見下ろした街の先には、突然現れたとしか言えない、巧妙に持ち主が偽造されたスポーツ会場のような施設が見える。
 あなたの街を狙う新しい脅威を、あなたはまだ測りかねていた。

PC②:ジークリート(アンジェラ)=ローゼンバーグ

シナリオパス: 吉倉 佳奈への倦怠感
  「即刻、この音楽室から退場して下さらない?」
 いきなり生徒会がバンドの練習で使っている音楽室に侵入してきたと思ったらそんなことを言われた。
 何でも、部活でもなんでもない同好会に学校の施設を使わせることはできない、また、ライブは文化祭委員会が認めたバンドでなければ参加できないと今年から決まったとのことだ。
 いきなりそんなことを言ってきた吉倉に君は心底怒りを覚えた。
 何が何でもバンドのライブ参加を認めさせてやろう、君はやる気が出てくるのを感じた。

PC③:別所=レベッカ=アムルタート

シナリオパス:(GMと要相談)
 あの時、裏の世界でみた龍の姿。あれは紛れもなく、あなただった。
 そして、あなたではなかった。あの力は傷つき弱ったこの星に来る前のあなたの再全期の姿だったのだから。
 マクガフィン、白き剣、かつての自分。この街に何が起きようとしているのだろうか。
 ケーキを前にしかめっ面で考えていた君の目の前に、いつの間にか涙目の佐藤の姿があった。
 なんでも、ライブへの参加が絶望的になったそうな。
 やらなきゃいけないことは多々あるけれども、まず先に可愛い生徒を守ってやらなければ。


  • おお、本当に麻雀とは。ちなみに、ジークさんは一切麻雀のルールについては知らない、初心者という設定で行こうかと思います。なら、実際PLの方はどうなのか?んなもん役など国士無双十三面(ライジングサン)しか知らんわ! -- sikki (2009-12-21 18:44:48)
  • 竜レベッカだったwwwやwはwwりwww!まさか剣はドラゴンスレイヤーwwwそして麻雀だと…?くくく、ルールは知らんがデータ的にサポートの準備は万全に整えておるわ……!そして〈勝利の風〉に加え〈絶対運命〉取ったから実はレベッカも結構風が読めるぞ! -- Sig (2009-12-21 22:31:11)
  • まぁ、GMも麻雀なんてやった事ないから解らないんですけどねー。ただ、戦闘を麻雀風に表現して行おうというだけなので、ルールはしらなくても大丈夫ですよ。 -- びびんば (2009-12-22 12:31:01)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。