dx_sss11

【今回予告】

テーブルクロスを引きなおし、次の食卓を用意しよう。
彼は行儀が悪いので、二重のクロスが欠かせない。

「金輪際近付かないでくれる?あんたと仲良くする気は毛頭無いから」

次の料理が必要だ。食材はどこだ。贖罪はどこだ。

「うるさい、今食事中だ。邪魔するな、食うぞ」
「…業を背負っても、生きることに価値はあります。だから、黙れ」

皿の上には誰が乗る?彼ら、彼女ら?それともあなた?
裏切り者(ダブルクロス)が捌かれる――

 Double†Cross 3rd edtion:SSS11
『食事中はお静かに -Be quiet, in eating time-』

――まな板の上の物語。



【Hand OUT】

◆日島・和秀(にちじま・かずひで)
◎ロイス:四方海・静音 <Yomoumi・Sizune>
○推奨感情:P>連帯感/N>恐怖
 君が通う西母苗高校に、緑央市から四方海静音という転校生がやってきた。
 彼女は愛想が悪いが普通の転校生に見え、君は日常のありがたさを享受する。
 だが授業中、ふと彼女と手が触れた瞬間に“それ”は起きた。君の体から、急速に力が抜けていき――。

◆真宮・陽良 (まみや・あきら)
◎ロイス:“RYDEEN” 入谷雷電 <Iriya・Raiden>
○推奨感情:P>有為/N>脅威
 会長は忙しい。どうしても外せない用事の為、君は午後の授業を途中で抜け車で移動していた。
 しかし道中、謎の襲撃を受ける。
 「お前が真宮陽良か?聞いてるぜ、強いんだってなァ!」
 雷を纏ったそいつは、高らかに入谷雷電と名乗った。

◆赤井太一(レッドタイツ)に憧れる少年
◎ロイス:瀬尾羽・修 <Seobane・Syu>
○推奨感情:P>誠意/N>不安
 今日は学校の行事で授業が早めに終わり、君は真宮モナゴンズの練習に急いでいた。
 だが、君の平穏はそこで終わりを告げる。
 突然君の前に黒ずくめの男が現れ、襲ってきたのだ。
 君は赤井・太一と瀬尾羽修という少年によって危機を脱するも、赤井・太一はそのことによって倒れてしまうのだった――。

◆伊庭・猟子(いば・りょうこ)
◎ロイス:レネゲイドビーイング “Be quiet ”
○推奨感情:P>興味/N>指定なし
 ふらりふらり。今日も食べ歩く君の前に、都築京香が現れた。
 彼女の依頼はFHの開発したRB“Be quiet”の悪用を防ぐこと。
 「私には相性が悪いのです。お願いできますね?」そう言って彼女が差し出したのは、駅前クレープ屋のタダ券だった。



【情報概略】
緑央市(りょくおうし)
 母苗市から離れた隣の隣の隣町。人口はそれほど多くはないがそれなりに栄えていた。
 だが1ヶ月前に事件があり――。

四方海・静音(よもうみ・しずね)
 緑央市からの転校生。気の強そうな目つきで愛想が悪く、眉根にしわがよっているのがデフォ。

●“RYDEEN(ライディーン)” 入谷・雷電(いりや・らいでん)
 母苗市の外部からやってきた、エース級のFHエージェント。

●“真っ直ぐな矢(ストレートアロー)” 瀬尾羽・修(せおばね・しゅう)
 緑央市支部に勤めていたUGNチルドレン。シンドロームはハヌマーン=モルフェウス。
 紆余曲折を経て、母苗市に赴任してきた。

●レネゲイドビーイング“Be quiet”
 FHが開発したもの。詳細不明。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。