調律師

チューニング

種別:自動取得
能力値:
タイミング:常時
対象: 射程:
代償:なし
効果:調律師の多くが、自身の体調や総量の管理に多くの時間を割いている。何が「澱み」で何が「流れ」なのか、それを判断するための頼れる基準は、残念ながら自分自身しかない。
キーナンバー変動値に+1の修正を得る。

ピアニッシモ

種別:
能力値:自動成功
タイミング:マイナーアクション
対象:効果参 射程:至近
代償:5PP
効果:
対象としてあなた、もしくはあなたが所持しているアイテムを選択できる。対象は[隠密状態]となる。アイテムを[隠密状態]とした場合、そのアイテムは[捜索判定]の対象とならない。

灰色の記憶

種別:
能力値:自動成功
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:至近
代償:2PP
効果:対象の認識をぽかし、記憶を曖味にさせる特技。
対象の認識と記憶を操る。対象が観察者、又はそれに順ずる者である場合には効果はない。
相手はこれに対して抵抗することができ、その場合[現在【PP】-(特技使用者の【技術】×2)]を目標値としたD99判定に成功すれば、この特技の効果を受けない。

透視

種別:
能力値:
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:硯界
代償:2PP
効果:大抵の観察者は、自分の把握するものでしか見ることが出来ない。しかし、訓練をつんだあなたは把握した内容を出来る限り普通の感覚に近づけることが出来るのだ。
この能力を使用することで、壁や箱などで遮られた先の様子を見ることが出来る。

黒き真珠

種別:
能力値:
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:遠隔
代償:3PP
効果:「黒き真珠」と呼ばれる物体を作りだし、「澱み」を穿つ特技である。
対象に[【技術】×2+2D9]のダメージを与える。対象が「種別:澱み」であれば、対象の[防御属性:技術]を無視する。

超絶技巧

種別:
能力値:
タイミング:マイナーアクション
対象:自身 射程:
代償:2PP
効果:何度も何度も反復した動作を、無意識に任せて行う特技。その体に染みついた動作は、どんな場合でも間違えることはない。
即座にマイナーアクションを2回行うことができる。ただし、マイナーアクションを複数回行う特技を使用することは出来ない。

ケセドの蒼焔

種別:
能力値:【技術】
タイミング:メジャーアクション
対象:範囲 射程:シーン
代償:「流れ」1枚
効果:「流れ」を震動、共振させ、美しくも恐ろしい焔を現出させる特技。
対象に[【技術】×3+3D9]のダメージを与える。対象が「種別:澱み」ではないならば[放心]を与える。

微調整

種別:
能力値:自動成功
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:シーン
代償:3PP
効果:対象の【PP】の1の位の数字を1D9を振り、出た目に変更する。対象にはアイテムや概念を選択することも可能である。

洗練動作

種別:
能力値:D99
タイミング:オートアクション
対象:自身 射程:
代償:4PP
効果:【PP】を使用したD99ロールの時に使用する(【PP】の他に他の[能力値]による修正が付いていてもよい)。目標値に+20の修正を得る。

ヴァイス・ヴァーサ

種別:
能力値:
タイミング:オートアクション
対象:単体 射程:シーン
代償:4PP
効果:対象が判定をした直後に使用。判定のダイス目一つを、その目の反対側にあるダイス目にひっくり返して変える。対象が同意しなかった場合には、この特技は使用されなかったこととなる。D99判定には使用できない。この特技は1ラウンドに1回のみ使用可能。

結界構築

種別:
能力値:【技術】
タイミング:メジャーアクション
対象:効果 射程:効果
代償:「流れ」1枚
効果:シーンに「流れの渦」を設置する。
「流れの渦」は【SP】を[判定の達成値]持つ。このシーンヘの登場判定の目標値に-30し、観察者以外がシーンに登場することは出来なくなる。戦闘中に使用した場合。[現在【PP】+【技術】]を目標値にしてD99ロールを行い、成功した場合、シーンのエンゲージ1つに【SP】30の「流れの渦」を設置する。そのエンゲージは「流れの渦」が存在する限り[封鎖状態]となる。

白き剣

種別:
能力値:自動成功
タイミング:オートアクション
対象:自身 射程:
代償:4PP
効果:「白き剣」と呼ばれる武器を作成する特技。剣と呼ばれているが、形状は観察者によって様々である。
常備化している「白き剣」の中から1つを選び準備する。装備スロットに先に準備されている場合でも、その装備を外して「白き剣」を装備する。

ペンタゴン・サークル

種別:
能力値:
タイミング:オートアクション
対象:単体 射程:シーン
代償:3PP
効果:未熟な技から効率よく「流れ」を引き出し、より完璧な状態にする技。
対象が行った特技の判定の直前に使用する。対象の特技でダメージを与えるか、もしくは回復させる場合、その効果に+【技術】する。この特技は1ラウンドに1回のみ使用可能。あなたを対象とすることはできない。

月の弓

種別:
能力値:【射撃値】
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:武器
代償:3PP
効果:様々に形を変える月のように、わざと緩急をつけて矢を放つ特技である。
対象に【射撃攻撃】を行う。この攻撃に対しては[突き返し]が行えない。

彩色豊かな水晶

種別:
能力値:効果参照
タイミング:メジャーアクション
対象:範囲 射程:至近
代償:3PP
効果:観察者同士でコンセンサスが取れないことは致命的な結果を招<こともある。そのため、調律師は感覚を伝える方法を編み出してきた。
[現在【PP】+【認識】]を目標値としてD99判定を行い、成功するぱあなたの直感把握の内容を完璧に相手に伝えることが出来る。ただし観察者、または、それに準ずる存在以外を対象には選べない。

無限光

種別:
能力値:自動成功
タイミング:オートアクション
対象:効果 射程:効果
代償:効果参照
効果:あなたが行った攻撃によるダメージロールの直前に使用する。代償として5PPを消費する毎に、ダメージに+2D9する。

黄金比の美

種別:
能力値:
タイミング:効果参照
対象:単体 射程:シーン
代償:10PP
効果:判定でクリティカルが出た直後に使用する。そのクリティカルをキーナンバーでのクリティカルであったことにすることが出来る。この特技の使用は1シナリオに1回のみ使用可能であり、また、キーナンバーでのクリティカルの場合には使用できない。

均衡の柱

種別:
能力値:自動成功
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:シーン
代償:5PP
効果:対象に[肉体]、[技術]、[感覚]の中から一つを選び、その属性に対する[防御属性]を与える。この効果はシーン終了時まで続く。

磐石の基礎

種別:防御
能力値:【技術】
タイミング:リアクション
対象:自身 射程:なし
代償:5PP
効果:対決のリアクション時に使用する。【技術】を判定値としてリアクションを行うことが出来る。認識値による対決を行わせる特技に対しても使用できる。

檀色の灯火

種別:LV
能力値:
タイミング:常時
対象:効果参照 射程:シーン
代償:なし
効果:観察者だけに分かる光を発して自分の居場所を知らせる特技である。
あなたがシーンに登場している場合、他のPCの登場判定の目標値に+[LV×5]する。

ゼロアワー

種別:
能力値:自動成功
タイミング:マイナーアクション
対象:自身 射程:なし
代償:5PP
効果:敵の流れの間隙を狙う特技。1つの舞踏のような見事な流れに、相手は対抗する手段を考える暇もないだろう。
次の[メインプロセス]で行う攻撃の達成値を+【技術】する。

ルクス・エテルナ

種別:
能力値:自動成功
タイミング:オートアクション
対象:単体 射程:シーン
代償:「流れ」1枚
効果:流れを利用して敵の弱点を探り、効果的に攻撃を充てる特技。
対象にダメージを与えたときに使用する。そのダメージは対象の[防御属性]を無視してダメージを与える。この特技は1シーンに1回のみ使用可能。

翠玉式変身術

種別:
能力値:【PP】
タイミング:メジャーアクション
対象:自身 射程:
代償:10PP
効果:動物へと変身する。精神橋造まで変化させる危険な技であり、現在は「翠玉」と呼ばれる外部記憶装置を変化中も持ち歩くことで対応しているが、危険であることには変わりない。
あなたの姿を他の動物へと変化させ、同時に「翠玉」を[その他]に装備する。変化した動物にできることなら出来るようになる。解除には「翠玉」を持っていることと、メジャーを使っての現在【PP】を目標値としたD99判定に成功することが必要である。また、変化中には特技を使用することが出来ず、[タイミング:常時]の特技の効果も適用されない。

銀の演舞

種別:
能力値:【白兵値】
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:武器
代償:3PP
効果:刃がまるで踊っているように煌き、切りつける特技。
対象に【白兵攻撃】を行う。この攻撃に対しては[突き返し]が行えない。

峻厳なる戒め

種別:
能力値:自動成功
タイミング:マイナーアクション
対象:自身 射程:至近
代償:3PP
効果:あなたの持てる業を全て使い、交戦状態を維持する特技。その手の届く範囲から逃れることなど、不可能に近い。
あなたのいるエンゲージを[封鎖]する。また、あなたのエンゲージから[離脱]しようとするものに対する判定に、あなたは判定値に+【技術】の修正を得る。

二重奏

種別:
能力値:【白兵値】
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:武器
代償:「流れ」1枚
効果:この特技は[部位:片手]の「白き剣」を「部位:右手」と「部位:左手」に装備していなければ使用できない。
この特技を使用して白兵攻撃を行う。その達成値に+【技術】し、ダメージに+[差分値]する。

白き剣:創造

種別:
能力値:【技術】
タイミング:メジャーアクション
対象:自身 射程:なし
代償:5PP
効果:調律師の使う「白き剣」の作成方法を学んだことを表す特技。あなたが作ったその武器は、あなたの分身ともいえる武器になるだろう。
この特技を使用して[分類:一般]、またはあなたの購入できるサブクラス分類の武器の[購入判定]を行うことができる。この特技を使用して購入した武器は「白き剣」として扱われる。

身体調律

種別:
能力値:直観把握
タイミング:オートアクション
対象:自身 射程:なし
代償:3PP
効果:自身の異常を把握し、その対抗手段を見出す特技。調律師はいかなる異常をも見つけ出し、調律する。
マイナーアクションの直前に使用する。[直観把握]を行い、成功したならばあなたの[バッドステータス]ひとつを解除する。この特技は[重圧]を受けている場合でも使用できる。

放浪者

種別:
能力値:【技術】
タイミング:メジャーアクション
対象:自身 射程:なし
代償:2PP
効果:調律師は、若い時に旅を行うことが推奨されている。様々な地を回ることで色々な思考や生活に触れて多様な常識を学ぶためだ。その経験は人脈を作り、あなたを助けるだろう。
この特技を使用して情報収集を行うことができる。この特技を使用した情報収集では[アクシデント]が発生しない。

禁業・深淵からの救い

種別:
能力値:効果参照
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:シーン
代償:「流れ」3枚
効果:流れゆく「流れ」の全てを把握し完全なる再生を行う特技。「流れ」を尊重する調律士の中では、「澱み」を作る危険のある禁忌の呪文として扱われている。
[死亡]状態の対象に使用する。【技術】による判定を行い達成値を出す。その後[ 達成値一対象の最大【SP】]を目標値としてD99判定を行う。成功した場合、対象の【SP】【PP】を全快し[死亡]状態を解除、[未行動]状態にする。この特技の対象にはそのシーン中に死亡した存在のみを指定できる。1シーンに1回のみ使用可能。

白き剣:強化

種別:
能力値:自動成功
タイミング:常時
対象:自身 射程:
代償:なし
効果:あなたは「白き剣」の扱いに習熟している。貴方の手に握られた剣は、あなたの手のように動くだろう。
あなたが使用する「白き剣」の攻撃力は常に+[LV×2D9]する。

アストラルブレイク

種別:
能力値:【認識値】
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:シーン
代償:3PP
効果:調律師達は、眼には見えないけれど存在する者達を知っている。それに対抗する手段も。
この特技は[種別:概念存在]に対してのみ使用できる。対象に[【技術】×3+差分値]のダメージを与える射撃攻撃を行う。

倫理の柱

種別:LV
能力値:直観把握
タイミング:オートアクション
対象:自身 射程:なし
代償:「流れ」1枚
効果:直観把握の元となるのは、普通とはどういう意味なのかを知ることである。比べるものを知らない者は自身の直観に引きずられてしまうだろう。
あなたが[直観把握]を行う時に使用する。その判定の目標値に+[5+5×LV]する。

滅魔の業

種別:
能力値:【白兵値】
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:武器
代償:5PP
効果:調律師は、その名前が生まれる前から目に見えぬ敵と闘ってきた。それらを滅するための戦い方は既に彼らの身に染みている。
対象に[白兵攻撃]を行い、そのダメージに+[差分値]する。対象が[種別:澱み]あるいは[種別:概念]であればそのダメージに+【技術】する。

虚の殻

種別:
能力値:効果参照
タイミング:メジャーアクション
対象:単体 射程:至近
代償:10PP
効果:巻き込まれた人達を守るために作られた守るための殻を生み出す特技。しかし、その維持はあなたの体力を容赦なく削り取っていく。
クリンナップフェイズまで、対象に与えられる実ダメージを全てあなたが代わりに受ける。クリンナップフェイズに[現在【PP】+技術]でD99判定を行い、成功した場合は次のラウンドのクリンナッププロセスまでこの効果を継続させることができる。

技巧の対決

種別:
能力値:【技術】
タイミング:リアクション
対象:自身 射程:なし
代償:3PP
効果:素晴らしい技の冴え、匠の業による武器。だが、その業をあなたは逆に利用することができる。
属性が【技術】の攻撃のリアクションとして、【技術】を判定値として[突き返し]を行うことができる。成功した場合、対象に[【技術】×3]のダメージを与える。この特技は判定に【認識値】を使用した攻撃にも使用可能。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。