“モリアーティ” -SSS-

“モリアーティ”<Moriarties>


≪プロフィール≫

【性別】不明 (核は男性)
【年齢】少なくとも70歳
【国籍】もはや意味をなさない
【シンドローム】エグザイル/ノイマン
【コードネーム】“リトル・エム -Little M-”
【ワークス】レネゲイド・ビーイングC
【カヴァー】犯罪王
【Dロイス】≪神格≫:旧き支配者の“チカラ”を受け継いでいる。
【ロイス】
  • [ビジネス]フェルナンド・フランコ:■遺志/□憐憫
  • [恩師]セバスチャン・モラン大佐:■傾倒/□恐怖
 注:モラン大佐とは、名探偵の某S・Hさんを撃ち殺しそこねたことで有名で、ある犯罪結社のナンバー2だった人です。
【ライフパス】
  • [出自]:強制解放 > 旧き支配者に触れ、その“チカラ”を手に入れた。
  • [経験]:組織への所属 > 犯罪王の結社に参加し、世界を裏で操って『いた』
  • [邂逅]:ビジネス-フェルナンド・フランコ > 結社の末裔である「ギルド」には便宜を図っている。
  • [覚醒]:探求 > そう、かつては探し求めていた。この、神秘に満ちた“チカラ”の正体を…
  • [衝動]:妄想 > 旧き支配者は再臨する。見よ、星辰は瞬いた…

【能力値・技能】
肉体:2 〈白兵〉5
感覚:1 〈知覚〉1
精神:8 〈RC〉1 〈意志〉1
社会:2 〈交渉〉1 〈情報:UGN〉1

【副能力値】
 基本侵食率:28
 HP:32 
 IV:10
 Exp:300
  • 初期:300
  • 第一回:不参加

【エフェクト】
種別 名称 Lv 侵食 技能 タイミング  効果
xxx ≪リザレクト≫ - x 宣言 x 外宇宙を越えし超常の生命力。
xxx ≪ワーディング≫ - - 宣言 x 旧き支配者の持つ恐怖そのもの。
xx1 ≪オリジン:ヒューマン≫ - Mn 達成値上昇。かつて、ヒトでありしもの。
xx2 ≪オリジン:コロニー≫ - Mn バッドステータス回復。かつて、“一族”とよばれたもの。
xx3 ≪オリジン:レジェンド≫ - Mn 達成値上昇。アレをフィクションだというのか、愚か者め。
xx4 ≪ハートレスメモリー≫ <RC> Mj 死者と会話する。死者の記憶を呼び戻す『塩』。
E01 ≪妖しの招き≫ 〈白兵〉 Mj 自エンゲージへ引き寄せる。全てを喰らう、捕食者の腕。
E02 ≪異形の祭典≫ 〈白兵〉 Mj 対象を[Lv+1]体に変更。誰一人、逃がすことはない。
E03 ≪伸縮腕≫ 〈白兵〉 Mj 射程を視界に。たとえ、此の世の果てまで逃げようとも。
E04 ≪貫きの腕≫ 〈白兵〉 Mj ガード不可。Lv回。いかなる守りを、固めようとも。
E05 ≪オールレンジ≫ <白兵> Mj ダイスボーナス。非ユークリッド幾何学を描きながら。
E06 ≪骨の剣≫ - Mn 武器作成。捕食者の牙は獲物を捕らえる。
E07 ≪デビルストリング≫ - - エフェクト打消し。驕るな、ヒトよ。
E08 ≪異世界の因子≫ - - エフェクトコピー。深淵より来る智に震えよ。
N01 ≪コンセントレイト:ノイマン≫ Synd Mj C値-[Lv(Max3)]
N02 ≪コントロールソート≫ 〈白兵〉 Mj <白兵>を【精神】。夢の世界からの一撃。
N03 ≪生き字引≫ <情報:> Mj ダイスボーナス。なにぶん、長く生きているのでね。
N04 ≪知識の泉≫ 【精神】 Mj ダイスボーナス。星の知恵よ、我に力を。
N05 ≪勝利の女神≫ - - 他者の達成値上昇。畏怖せよ、刃向えしものよ。
e01 ≪擬態の仮面≫ - - - Mj 「あら、御久しぶりね。」
e02 ≪完全演技≫ - - - Mj 「はて、お会いしたことがあったかのう。」
e03 ≪プロファリング≫ - - - Mj 名探偵は犯罪王のネガに過ぎない。
e04 ≪十徳指≫ - - - Mj その指は、全てのものをこじ開ける。
e05 ≪異能の指先≫ - - - Mj 人の記憶も、例外ではない。

【コンボ】
『貪婪』
 広げた手から伸びる触手が、ヒトの群れを絡み取る。
  • 技能:〈白兵〉
  • Effe:E01+E02+E03+E04+E05+N01+N02/侵食率:16
  • 判定:+5d10
  • Dm:-10(
  • 特記:5体(100%時6体)同時攻撃。ガード無効。ダメージが通ったとき、対象を自身のエンゲージへ。

『塩』
 死者と会話するために必要な『塩』を作り出す。もっとも、原料が悪いので蘇生はできない。
  • 技能:〈RC〉
  • Effe:xx4+N01+N04/侵食率:8
  • 判定:+1d10
  • Dm:-
  • 特記:究極の情報収集のひとつ。シナリオブレイカーともいう。


【アイテム】固定化P:4
名称 固定 詳細
カジュアル 化けるために必要な分は一そろい持っている。
フォーマル 当然、上流階級における振る舞いも完ぺきだ。
制服 必要とあらば、『隣のクラスの誰か』に化けることもやぶさかではない。(ウキウキ)
思い出の品 結社の印、“m”のイニシャル。意志判定に+1。
コネ・要人への貸し さて、今回は誰を頼ろうか。〈情報:任意〉にDB+3。他と重複。1回/1Sin。



  • 注意
 「自己満足に浸りきった駄文なんか読んでいる暇なんかねえ。手っ取り早く説明しやがれ!」
 って方のために、セッションで必要だろう情報が一番下に三言で要約してあります。
 御急ぎのかたはそれを御読みください。

≪容姿≫

 場合による。(以下はむかし本当にやったことのあるパターン。)
 1、りりしいキャリアウーマン 2、温和だが厳格そうな老人 3、日本の普通な学生
 姿によって名前も変えるが、“モリアーティ”をなぞる名前が多い。
 1、楊 茉莉(ヤン・モーリー) 2、毛利 秋(モウリ・アキ) 3、森脇 順(モリワキ・ジュン)
 でも、多分モリアーティで通すと思う。

≪設定≫

 核になったのは、“モリアーティ”の姓を持つ一人の青年だった。
 しかし今となっては、彼が何者であったかなど、何の意味も成さない。

 19世紀末の大英帝国を支配した「犯罪王M=ジェームズ・モリアーティ教授」
 かれはその驚異的な頭脳を犯罪に使う一方で、はるかな超古代に存在したある文明について調べていた。
 そして、その文明を率いていた旧き支配者たちの正体を知った。
 そう、それは外宇宙より降り立った、最古のレネゲイド・ビーイングだったのだ。
 かれはそれの持つ異能の力に尋常ならざる興味を示し、かの有名すぎる名探偵に自身が滅ぼされるまで研究を続けた。
 犯罪王の遺産は誰にも理解できず、倉庫のなかで忘れ去られた。

 だが、一族の悪行を調べていた青年が、遺産の中に含まれていた“チカラ”に触れてしまった。
 解き放たれた“チカラ”は青年を飲み込んだばかりでなく、その一族全てを飲み込んだ。
 一族は滅び去り、犯罪王の遺産を知るものは居なくなった。
 犯罪王のかつての部下と、1つの生き物となった“チカラ”以外には。

 なぜ、“チカラ”が自意識を持ちえたのかは、自身も分かっていない。あるいはその頃はまだ、それもヒトだったのかもしれない。
 分かっているのは、自意識を持った“チカラ”が“モリアーティ”を名乗り、「犯罪王M」の結社を引き継いだことだけだ。

 奇妙な時代、それに続く激動の時代、“モリアーティ”はゲルマンの破壊者と争った。
 冷たい戦争の合間、“モリアーティ”は裏社会の覇者たらんと欲したが、ついにそれは叶わなかった。

 そして、世界の大きく変貌した 今日 “モリアーティ”は零落した。

 かつて独占していた神秘や知識が流出し、「UGN」と「FH」という二つの巨大な勢力がそれを得た。
 裏社会の覇者となった二つの組織は、それぞれ別の理由で“モリアーティ”の結社を狩り立てた。
 力をそぎ落とされた“モリアーティ”は、同じ状況に陥った同類たちと「ギルド」を結成し、どうにか余命を保っていた。

 そこへ、新たな時代が到来する。

 人工衛星が爆発し、レネゲイド・ビーイングが覚醒したその瞬間
 “モリアーティ”には見えた
 星辰が動くのを
 旧き支配者たちがよみがえり、再び世界を支配する光景を

 歓喜に打ち震え、静かに深く笑った後、“モリアーティ”は約束の地へと向かった
 全ての鍵を握る“何か”が眠っている 日本へ


  • 補足
 最後の行の“何か”ってのは、公式でコードウェル博士が追っている“何か”のことです。
 よって、PLにもなんだか分かりません。ただ、PCは知っています。(少なくとも、どんなものかは)
 そんなわけで、当たり前の話ですが、GMはシナリオの都合のよいようにこの“何か”を設定しても、私は絶対に怒りません。
 いいネタを期待してみたりします。

PLより

 Ygi_Tの原点、“リトル・エム”が3rd 環境下でまさかの 大 復 活 !!
 人生で初めてのセッションで使ったキャラだから、感慨もひとしおってものです。
 (…自分がいかに成長してないか、まざまざと見せ付けられるな)

 というわけで、せっかくの高経験点ですし、ガチでロマンを追及してみました。
 具体的には『貪婪』後の≪神格≫でトループ一掃とか、
 ≪ハートレスメモリー≫のCLを下げたりとか、
 ≪オリジン:≫のおかげで達成値が固定値10でスタートする情報収集とか。
 (うん、趣味が駄々漏れている。トループが出なかったらどうするつもりなんだろう)

 設定も、妥協してない。一切合切、一片たりとも自重してないクトゥルフ神話全力投球な俺Tueeeeee!!さまだよ。
 でも、実は2nd のウィアード・エイジであってすら妄言に過ぎなかったことがデータ的に拾えるようになってるんだよな…
 前は「≪起源種≫にして≪古代種≫だぜっ!」て言ってたのが、今じゃ「レネゲイド・ビーイングにして≪神格≫だぜっ!!」だからな。
 むしろ、おとなしくなっている気がする。つまり、ダブルクロスの正当な進化にのっとったんだ。自分は正しかったんだっ!!
 (そうか、色々と理解できなくて混乱している周りのPLを見てもそう言えるか?)

 …すいません、やりすぎました。
 (そうだな、campari先輩あたり、話のわかるGM以外ではあまり使わないほうがいい。)

 わかりました。逆に言えば、話がわかればいくらでも暴走できますね、多分。
 (つまり、こいつを出したときはYgi_Tが本気だって話だ。)


つまり三言で

 セッションの都合のいいように性格や設定を変えられる、ザコ一掃と情報収集が大好きなメタモン野郎。
 (ただし、ときどき超人ロールと悪人ロールがはさまれる。特に、にじみ出るクトゥルフ神話臭はスルー推奨だ)
 あと、仲間はずれが怖いので、積極的に絡んでくると思いますので、適当にお願いします。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。