“the Striker”水瀬やよい

考えること? そんなものはないわ。

私に考える事なんてない。そんなコトしなくても仕事できるから。
私に考える事なんてない。そんなコトしなくても生きていけるから。 
私に考える事なんてない。だってそんなコトしなても何にも変わらないから。 



PC3 水瀬やよい(みなせ・てついち)


 【名前】水瀬やよい
 【年齢】20歳前後
 【性別】女の子
 【国籍】日本(でもんずシティ)
 【シンドローム】エクザイル/モルフェウス
 【コードネーム】"the Striker" 
 【ワークス】看護士 【カヴァー】看護士
 【Dロイス】取って良いなら『実験体』とります
 【ライフパス】生まれ:権力者の血統
        経験/幼少:虐待
        経験/デモンズシティ表があるならそっちを見たいです。
        覚醒:探求
        衝動:破壊
【ロイス】 


<特徴とか境遇とか>

 エクザイル/モルフェウス、周囲の物質(それは自分の身体さえも)を液体に変化させることができる本土側の実験体。
 後にデモンズシティと呼ばれるようになる神奈川(でいいのか?)の、とある血族に生まれる。立派な家に厳格な父、優しい母をもち、何不自由なく暮らしてきた。
 しかしその暮らしも、辺り一面が魔街となってから一変する。一家は没落し、父は豹変した。母は病に伏し、彼女には味方がいなくなった。
 「こんな場所、私の街なんかじゃない……!」
 もう何度目になるだろう父親の暴力に堪えかねた彼女は、そう拳を握りしめながらデモンズシティを下った。当てはない。しかしあそこへ留まるのだけはいやだった。
 いっそ目の前に広がる海になってしまえればどんなに楽だろう。世界を巡る水の一部になってしまえれば、どこへだっていける。そこなら、私の場所だって、きっとある。
 彼女の身体は水気を帯び、身をなげうつ直前、ひとりの男が声をかけた……。

 数年後、本土の大学病院で働く傍ら、自ら実験体として研究に協力していた彼女は、再び因縁の地を踏むことになる。

 彼女の場所は、一体どこにあるのだろうか。

<詳細データ>


【能力値・技能】
肉体:5 〈白兵〉4 〈運動〉1 〈耐性〉1
感覚:1
精神:5 〈知識:医学〉1 〈意志〉1
社会:1 〈情報:学問〉1 〈交渉〉1

【副能力値】
 初期侵食率:30 
 HP:20 
 イニシアティブ:7


【エフェクト】
名称 LV 侵食 技能 タイミング  効果
 《リザレクト》  1
 《ワーディング》  1
①《オールレンジ》  2
②《伸縮腕》  1      
③《貪欲なる拳》  2
④《透過》  1    
⑤《インフィニティウエポン》  1  
⑥《ペネトレイト》  2  
⑦《レインフォース》  2


【コンボ】 ※侵食率による影響は計算していない


【アイテム】
名称 固定 詳細
コネ・大学教授 〈情報:学問〉にDB+2


<その他/extra>


経験点6点使用。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。