“Iron ONE”品田・鉄一

その手を開いて握ってみな。

銃を掴めば人を殺せるし、箸を使えば飯が食えるし、鍬を持ちゃ畑だって耕せらぁ。
だからできることが無いなんて言わせねえぞ、嬢ちゃん。生きてるってのは、そういうことさ。  




PC3 品田鉄一(しなだ・てついち)


 【名前】品田鉄一
 【年齢】42歳
 【性別】おっさん
 【国籍】日本
 【シンドローム】エンジェルハイロウ/ノイマン
 【コードネーム】"Iron ONE" 
 【ワークス】スナイパー 【カヴァー】何でも屋の鉄ちゃん
 【Dロイス】複製体:モルフェウスの《ハンドレッド・ガンズ》取得。
 【ライフパス】生まれ:義理の両親
        経験/学生2(波乱万丈):大事故
        経験/デモンズシティ1:ストリートキッズ
        覚醒:犠牲  -8年前の“震夜”において目覚めた。
        衝動:飢餓
【ロイス】 
※最初はライオットの深谷鉱に対して取っていたが変更して「北条有希子」に。

[姉]品田信枝   ■親近感/□恐怖  姉貴には誰も勝てねえよ。
[仲間]辻早巻也   □有為/■不安  お前、有能とか言ってる割にかなーりポカが多くねえか?ええ?
[恋人・故人]北条有希子   □純愛/■悔悟  …………………………畜生。



  • 他PC印象(第三話終了時点)
○PC
“ドラゴンヘッド”リュウイチ 考えるな、身体の底から沸き上がって来るものをただ感じろ。そうだ、それが“でりかしー”だ!
“No.38”レベッカ・グロスター キツイ状況だが、あんたにゃしっかりしてもらわねえとな……。はっ、言う必要も無かったか。 
"lifetime in the duck"津田・真 弟さんに会って、戦って、倒したぜ。あんたが、あそこにいなくて正解だった。 
"the Striker"  水瀬やよい リュウイチやレベッカの嬢ちゃんがあんたを信じても、俺はあんたを疑うぜ。
……悪いな、歳食っちまうとどーしても素直にゃなれなくてね。
●NPC
“ドラゴンテイル”タツヒト 水瀬の嬢ちゃんと随分仲いいじゃねえか、んん~?青春だねえ、主人公だねえ。(ニヤニヤしながら)
アマネ 済まねえ、俺は何にもできねえで。知り合いの嬢ちゃんどころか、自分守るのに手一杯とは情け無い。
“The FOOL”未亜 居場所がなくなっちまうのは……辛いよな。とっととあの野郎から取り戻しに行こうぜ。
“伯爵”レオン・サンジェルマン 殺しても死なないような兄ちゃんだ。俺もあんな風に飄々とありたいもんだね。
芙蓉 待ってろ、すぐに助けてやる。白馬の王子って言うには、年を食いすぎてるがな。
“WISE=MAN”真田・賢雄 賢いヤツってのは、賢いんだろ?なのに何で俺にも分かるような、大事なことが分からなくなるかね。
“琥珀の槍” 将棋の香車を思い出させるような子だったな。逸れねえし、止まる気が無い。あっという間に逝っちまった。
“Old Fashioned”都築・和刀 会えなくても分かる。いや、会う必要も無い。同じことを、似たようなことを考えてるさ。
“鮮血に染まった百万の星”百萬 名前からして悪いヤツだな。見ればきっと0,5秒で分かるぜ。
クリクラ 流石本土側の……!人格に構わなければこれほどまでになんのかよ!畜生、これが人のやることか!?
“GM” 人を怒らせて何企んでやがる?余程自信があるのか、それとも。……まあいい、どうせ末路は決まってる。
“ジャンク・ジャンキー” 今更ラブコメやるにゃあ俺たちは年を食いすぎてる。あばよ、思い出。今はただ去れ。


<特徴>

 隻眼のおっさんスナイパー。笑うと怖い。そのくせやたら子どもに飴を渡す癖がある。
 そのポケットからは18分の1の確率で酢昆布、36分の1で塩昆布が出る。
 普段は何でも屋を営んでおり、品田食堂で新聞を読みながら客を待っている。仕事はネコ探しから大工仕事、ケンカの仲裁まで多岐に渡る。そのおかげでスラムでは割と顔が売れている。
 裏でスナイパーの仕事も営んでいて、まともな収入は大体そっちで入ってくる。だから彼が貧乏だとむしろ魔街は平和。
 凄い怖い姉がおり、頭がちっとも上がらない。ダメ人間かそうじゃないかっていう問いは愚問です。

 8年前の“震夜”において恋人である北条有希子を失い、またGMの陰謀によりそれ以来操を通していることになった。つまり42歳チェリー。
 そろそろこだわる必要も無いのかなと思いつつも、まあいいかと惰性で頑張っているとこもある。
 なので芙蓉が来たことを出来るはずの無い娘ができたと内心喜んでいる。

 戦闘スタイルは射撃。《ハンドレッド・ガンズ》で袖からスナイパーライフルを出して攻撃。昔は両目で二挺拳銃だったが片目になったからライフルに変更。アホか!いいぞmiyama!
 第二話で出てきた刀使い・都築和刀(つづきかずと)とは大学以来の友達であり、いつも刀と銃のどっちが強いかで争っている。
 十年前はめっさ強かったが今はかつての力を失っている。故に能力はサンプルのまま。

<詳細データ>


【能力値・技能】
肉体:1 〈回避〉1
感覚:6 〈射撃〉4
精神:4 〈RC〉1 〈意志〉2
社会:1 〈情報:GPO〉1

【副能力値】
 初期侵食率:30 
 HP:10 
 イニシアティブ:16


【エフェクト】
名称 LV 侵食 技能 タイミング  効果
 《リザレクト》  1
 《ワーディング》  1
①《インスピレーション》  1
②《オウガバトル》  2      
③《シューティングシステム》  2
④《主の右腕》  1    
⑤《天からの眼》  1  
⑥《ピンポイント・レーザー》  1  
⑦《ハンドレッド・ガンズ》  1


【コンボ】 ※侵食率による影響は計算していない


【アイテム】
名称 固定 詳細
コネ・親父さん 〈情報:GPO〉にDB+2


<その他/extra>



<“ジャンク・ジャンキー”北条有希子(ほうじょう・ゆきこ)>


「鉄一は十年前のPC①かPC①の友達って感じだよね」(第二話)ってなことを言われたので誕生した存在。

遅れてやって来たが、先に逝ってしまった、かつての鉄一の恋人。享年28歳。8年前の“震夜”において死亡した。
“震夜”以前からのオーヴァードであり、ブラックドッグ/モルフェウス。
ツナギを着てタオルを頭に巻くなど工員のような格好。機械好きであり、暇さえあればバイクを改造して乗り回している。
十年前は26歳であり、品田鉄一(当時32歳)・都築和刀(当時30歳)と3人でコンビを組みぶいぶい言わせていた。
かつてのPC①に当たる存在。少なくとも鉄一にとっては。
例えば二人が言い争っていると

鉄一「銃のほうが刀より強え!」
和刀「いーや刀だ!」
有希子「――いいや違うね! ロードローラーだッ!

と嬉々として轢き殺しにかかってくるどっかイっちゃってる人。
つまりモルフェウス能力でマシンを作った後ブラックドッグでそれをいじりまわし、《鋼の馬》で<運転>技能を使って戦闘を行うというバカ。
あとはオルクス系能力の《スピードレーサー》でもあれば完璧なのだが……とか思ってたけど《MAXボルテージ》があるじゃん!勝った!第三部完ッ!
生まれつき病気を患っており心臓に機械《ペインエディター》を埋め込んでいる。また右足は義足。筋力でなくスタミナが足りない。

“震夜”において鉄一と共に「地下の王」に遭遇、奮戦の末に敗北した。その時彼女が最後の力を振り絞り《ヒール》で鉄一の目の治療をしようとしたが、途中で力尽き、目は視力を回復するに至らなかった。
だがその力の残滓は残っており、鉄一をオーヴァード能力に目覚めさせると共に、モルフェウス能力の一部使用も可能としている(複製体)。

……という噂があるが、正直鉄一の覚醒の理由はがっちり決めなくてもいいやと思った。あれだったら色々GM裁量で変えてくれ。

“GM”の謎の力によって復活したが、本人かコピーかは不明。いずれにせよ鉄一に倒され土に還った。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。