ヴァレンタイン

ヴァレンタイン


●根源記憶 :自己への悔恨
●死に場所、死因 :戦場で焼死

●タイプ :スケルトン

●能力値
〔体力〕3
〔機敏〕2
〔知性〕2
〔感覚〕3

●スキル :計20ep
[射撃]3 4ep
[博識]1 1ep
[ディフェンダー]1 1ep
[破断剣:刺突]2 2ep



[物質化]2 2ep
[修 復]4 6ep
[増 幅]2 2ep
[特 殊]2 2ep

[ワークス:神殿騎士]2 -ep
  • [忍び]
  • [礼儀作法]
  • [騎乗]


●インフェルノ技法 :計16CP
〈マテリアライズ〉2 -CP
〈リペアリング〉4 -CP
〈ブースト〉2 -CP
〈ヘイジィ〉2 -CP

〈炎鎧〉3 4CP
〈トランスフォーム〉4 6CP
〈ターゲッティング〉2 2CP
〈ストライク・ブラスト〉1 1CP
〈シールド・プロテクト〉1 1CP
〈ワンハンデッド〉2 2CP

●装備
[武器]
ロング・ボウ(両手) 威力修正10 威力13
ハンドアックス  威力修正3 威力6
バックラー ガード値+6

[防具]
ガントレット(両腕)防護値:4 重量:2×2
ロリカ・セグメンタータ(胴部)防護値:4 重量:3
グリーブ(両足)防護値:4 重量:2×2

●タレント
【戦士の誇り】:≪ロイヤルガード≫
【冷静沈着】:≪ロックオン≫
【正直】:なし

●その他数値
〔耐久力〕:16
〔GF/MGF〕:3/7
〔近接値〕:0
〔射撃値〕:3
〔回避値〕:-2
〔先制値〕:2
〔威力値〕:3




●設定
かつて名を馳せた神殿騎士であり、スケルトンと化した現在も神殿騎士である。

生前の記憶はほとんどないが、神殿騎士であったことと、
強大な力を持つヴァンパイアを倒さねばならない、ということだけ覚えている。

スケルトンになったのも、
ヴァンパイアに対抗するため、自らの死を悟った瞬間、生きながらにして炎に飛び込み、
肉を焼き尽くしたためである。

現在は、
なぜヴァンパイアを倒さねばならないのか、
倒さねばならないヴァンパイアとは誰なのか、
その記憶を探りつつ、神殿に与してヴァンパイアを打倒し続けている。
(なお、現在属している神殿は、かつていた神殿ではない)

〈炎鎧〉で作り出した外套をまとい、頭がい骨型の兜をかぶった神殿騎士、という触れ込みで、
ご近所さんにも人気である。
(神殿内では、彼の正体は公然の秘密となっている)


よく考えたら回避に意味などなかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。