Night food

暫定ハンドアウトのようなもの。

暫定なので色々変更利きますし、追加も出来ますです。
また、各ハンドアウトの上限は1名ではありません。



人間/Unknown:報道屋、自由人、学生など
 あなたは、フレンチクォーター界隈のシンシティと言うバーによく顔を出す。
 ガイドブックにも載るような『お上品な』店であるため、気を張る必要が余り無いのもここにいる理由だろうか?
 その辺りの話はさておき、ある日の帰りにあなたはちょっとした情景を目撃する。
 良し悪しは言わずもがな。あなたの人生はその時、変わる・・・・・・のかもしれない。


人間/Known:警察、警備員など
 あなたは超常の世界に片足突っ込んだ人間だ。
 家系的なものか、信頼か、上司の嫌がらせか。真意はともかく、あなたにはちょくちょく【厄介な】事件が押し付けられる。
 今日も、そんな仕事の一環だ。ヴァンパイア・ツアーの客が一人、奇妙な死に様を見せやがったらしい。
 羽目を外した若いのの仕業か? それにしては、手際が悪いが……。


吸血鬼/ランケア・サンクタム(ビダル派、サボア派、中立。どちらでも構いませんが、先に決まっていると楽です)orカルシアン
 あなたは、このニューオーリンズで最も幅を利かせている盟約、ランケア・サンクタムの一員だ。
 いつものように、フィリップ翁が、奇抜な姿であなたに話しかけてくる。
 きのう、奇妙な死体が上がったそうなのですよ。ちょっと見ては来ていただけませんか? 
 こういうとき、彼が望んでいるのは火種をさりげなく処理する手腕だ。しかし、はて。彼の、というか彼の後ろの人物にとって縄張りを破ってまで手を出すような一件が起こったのだろうか?

(カルシアンの場合、ココ・デュケットからの仕事受諾でスタートします)

吸血鬼/モルバス
 あなたは、最近一人の病人を看取ることとなった。
 執着がなかったわけではないが、彼(ないし彼女)が死を望んでいるように見えたため、あなたは解放することにした。
 のだが。
 なにやら面妖な事件が起こったらしい。目の前にいるのは、間違いなく……
 (調整中)

吸血鬼/ディーヴァ
 あなたは、愛の狩人(ディーヴァ)だ。あなたの愛人の一人がちょっとした事件に巻き込まれたらしい。
 愛によって行動を起こす、と言うのは非常に人間的で良いことなんじゃないかな?
 (以下調整中)

吸血鬼/老魔女の環 人間/VooDoo
 あなたは、ヴードゥーの教えに魅せられていたり、帰依していたりする。
 (以下調整中)

魔術師/目覚めたばかりorその他(やりにくさを感じないなら目覚めたばかりである必要はない)
 あなたは魔術師として目覚めたばかりである。
 異形の力がこの世界にある事を知ったあなたは、あることに思い当たった。
 そういえば前に、変なものを見た記憶がある。当時は見間違いで済ませたがひょっとして!
 好奇心の為か異能を試してみたくなったのか。あなたはその現場、フレンチクォーターの一角へと足を向けた。
 (調整中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。