PC2

────────────────────────────────────────
      ◆ アルシャードFF 専用キャラクターシート ◆
────────────────────────────────────────
■基本的特徴
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃PC名:フリーデリケ・パウルス   │種 族:人間       性別:女  ┃
┃PL名:TM            │カバー:神学生      年齢:21歳 ┃
┠──────────────────┴───────────────────┨
┃クエスター        5レベル  加護      宣言         ┃
┃クラス:パンツァーリッター :2   :ヘルモード              ┃
┃クラス:ソーサラー     :2    :オーディン               ┃
┃クラス:ミッショナール   :1   :イドゥン               ┃
┠──────────────────────────────────────┨
┃シャード:色彩:蒼色  形状:剣型    場所:ペンダント         ┃
┠──────────────────┬───────────────────┨
┃総使用経験点:20         │未使用経験点:            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
────────────────────────────────────────
■能力値
 クラス       体力 反射 知覚 理知 意志 幸運  │登場判定
 パンツァーリッター: 5  4  4  4  3  4  │+4
 ソーサラー    : 3  5  3  5  4  4  │
 ミッショナール  : 3  4  4  4  5  4  │コネクション
 フリーポイント  :       1           │+6
           体力 反射 知覚 理知 意志 幸運  │
 能力基本値    :11 13 12 13 12 12  │
 能力ボーナス   : 3  4  4  4  4  4  │

────────────────────────────────────────
■ライフパス
┏━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃出自│神の恩恵   │特徴:美形  :美しい顔立ちをしている        ┃

┣━━┿━━━━┯━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃境遇│喪失  │グランドクエスト :アスガルドの探求            ┃
┃  │    │パーソナルクエスト:失われた記憶を取り戻す         ┃
┃  │    │シナリオクエスト :友の夢を叶える             ┃
┣━━┿━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃邂逅│恩人  │コネクション:恩人  :リディル・グーデリアン       ┃
┃  │    │コネクション:    :                  ┃
┗━━┷━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
────────────────────────────────────────

────────────────────────────────────────
■アイテム
 MPポーション×2

 兎の足

 ポーション×2

 ランス

 魔導プログラム:マルクト・イェソド

 IDカード

 

所持金:440ゴルト

────────────────────────────────────────
■戦闘値表
   │BS│PR│SO│MI│未装備│武器│武器│防具│AC│他1│他2│現在
レベル│  │ 2 │ 2 │ 1 │    │  │  │  │  │  │  │
命中値│ 4 │ 2 │ 1 │ 1 │ 8 │ 0 │  │  │   │ 1 │ 0 │ 8//
回避値│ 4 │ 2 │ 1 │ 0 │ 7 │  │   │ 0 │  │ 1 │ 0 │ 7//
魔導値│ 4 │ 1 │ 2 │ 1 │ 8 │   │  │ 1 │  │ 0 │ 2 │ 9//11
抗魔値│ 4 │ 1 │ 2 │ 1 │ 8 │  │   │ 1 │  │ 0 │ 1 │ 9//10
行動値│ 8 │ 2 │ 2 │ 1 │ 13 │  │  │ 0 │  │ 3 │ 2 │13/16/15
耐久値│11│ 6 │ 3 │ 2 │ 22 │  │  │  │  │  │  │22
精神力│12│ 3 │ 5 │ 2 │ 22 │  │  │  │  │  │  │22
攻撃右│■■│ 2 │ 1 │ 0 │ 3 │氷3│■■│  │  │ 5 │ 5 │氷11
攻撃左│■■│  │  │  │■■■│■■│  │  │  │  │  │
───────────────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──
戦闘移動           防御 斬│  │  │ 1 │  │   │  │ 1
 18/21/20m         修正 刺│  │  │ 0 │  │   │  │ 0
                  殴│  │  │ 0 │  │   │  │ 0
全力移動              炎│  │  │   │  │   │  │
 36/60/40m            氷│  │  │   │  │   │  │
                  雷│  │  │   │  │   │  │
                 射程│15m│  │■■│  │  │  │■■
────────────────────────────────────────
■特技
特技名          :L:種別:TI:判定値:難易度:対象:射程: 代償 :効果
コーリング        :1: 自 :SU: 自動 : 無 :自身: 無 :2MP:パンツァーに登場可能

チャージ         :1: 自 :MJ: 命中 : 対決 :単体:武器:2MP:対象に物理攻撃。ダメージ+3

パンツァーⅠ       :1: ア :常時: 自動 : 無 :自身: 無 : 無 :パンツァーⅠ所有

パンツァーⅢ       :2: ア :常時: 自動 : 無 :自身: 無 : 無 :パンツァーⅢ所有


セフィロト        :1:魔ア:MJ: 魔導 : 対決 :単体:15m: 無 :セフィロトで魔法攻撃を行う。

魔導プログラム      :1: ア :常時: 自動 : 無 :自身: 無 : 無 :魔導プログラム2個保有

癒しの滴         :1: 魔 :MJ: 自動 : 無 :単体:15m:2MP:HP2D6+6点回復

改造武器         :2: ― :常時: 自動 : 無 :自身: 無 : 無 :「種別:カバラ」武器のダメージ+3

神聖守護         :1:自魔:DR: 自動 : 無 :単体:15m:3MP:実ダメージ1D6+1点軽減。1ラウンド1回
預言           :1: 自 :MJ: 自動 : 無 :自身: 無 : 無 :1シナリオ3回まで、GMに質問可

────────────────────────────────────────
■設定
瞳の色:赤
髪の色:蒼
肌の色:白

 

帝国軍のカバラ部隊に所属していた軍属の一人。

実際の所、ある日倒れていたところをリディル・グーデリアンに助けられた。

しかしながら、助けられて目覚める以前の記憶を失っており、自分の名前すらも本当のものかはわからない。

と言うより、本人的には違うであろうと言う確信めいた思いがある。これは、リディルから名前を問われた時に、咄嗟に脳裏に浮かんだ名が、「フリードリヒ・パウルス」という男性名だったから。自分に何か関係があるのではないかと思って入るのだが真相は全く分からない。

しばらくグーデリアン邸で養生していたが、やがて自身にカバラ、特にセフィロトを扱える才能があると判り、また、軍人と言うものに漠然と帰属意識めいたものがあったため、記憶を取り戻す一助になればとリディル→グンターを経由して帝国軍のツァオベラーとして登録。その際に、マックスと言う名の青年をはじめとして、エリカ・スチュアートらと親しくなる。パウルス本人によれば、エリカの雰囲気は、昔自分の傍に居た筈の「誰か」と似ているらしい。また、ガーランド准将とは話す機会はないが、その姓の人間と何処かで会った記憶が微かに残っている。

マックスについては、軍でトライアルされたパンツァーの一台にパウルスが乗せられたことから始まる。そのトライアルに出されていたパンツァーは非常にピーキーな代物で、実際の所、熟練者でないと扱いが困難と言われていたものだった。偶然か手違いか、とにもかくにも彼女が部隊から推薦され、そして乗りこなしてしまったことからそのパンツァーの開発者であったマックスと縁が出来てしまったのである。

尤もこの時、誰よりも驚いたのは実はパウルス本人だったりするのだが。以後、パンツァーリッターとしても登録されてしまったパウルスはマックスに愛車の整備を任せるようになる。ちなみに、マックスがそのパンツァーに入れた銘「スターリングラード」には何故か嫌な感覚を覚えるのだがそれが何なのかは特定できない(笑)

エヴァンジェリンについてはパウルス自身は殊更に思う処は無いのだが、リディルが微妙に対立しているためリディルに味方している。

唯一の持ち物だったペンダントが実際にはシャードである事が判明したが、そのことはリディルの忠告により二人だけの秘密。

現在は推薦を受け、神学校に一時籍を置いている。

 

性格は一言で言うと真面目。真面目で融通が利かないが、命令されたことは全力で成し遂げようとする。ツァオベラー時代から、味方の兵站管理などの仕事を買って出ることが多く、味方からは意外と重宝されていた。ただ、ストレスを内に溜め込むタイプであり、そのストレスが限界容量を超えると「黒化」する。その時にはシャードを握ると何故か落ち着くのだとか。理由は現在不明。

リディルは自分にとって命の恩人であるだけではなく、最近では友人のような、妹のような親密な関係を築きつつある。リディル自身も、彼女の話す様々な場所の話を聞くのは楽しいらしい。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。