赤い手のレギュレーション

『赤い手は滅びのしるし』の、乾坤堂におけるレギュレーションです。
以前に紙面にして渡した方も多いですが、 こちらが常に最新版です 。こちらを参照お願いします。

最新の変更点と更新箇所は 赤色で太字 にしてあります。

1.使用ルールブック

  • 基本のコアルール三部冊(PHB3.5e、DMG3.5e、MM3.5e)

  • 追加サプリメント
    『戦士大全』『冒険者大全』『信仰大全』『秘術大全』『魔術師大全』『無頼大全』『勇者大全』『自然の種族』『石の種族』『宿命の種族』『高貴なる行いの書』『竜の書 ドラコノミコン』『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』『呪文大辞典』『武器・装備ガイド(3e)』『モンスターマニュアルⅡ(3e)』『モンスターマニュアルⅢ』『魔物の書Ⅰ 奈落の軍勢』『魔物の書Ⅱ 九層地獄の支配者』

  • ワールド情報関係のサプリメント『グレイホーク・ワールドガイド(3e)』

  • 『武器・装備ガイド』『モンスターマニュアルⅡ』は3.5版用のパッチをあてること。

  • 『次元界の書(3e)』については、宇宙間や他の次元界の設定を参照するときにのみ使用可能です。データ部分は使用不可。

  • 以下は使用禁止。『サイオニクス・ハンドブック3.5e』『不浄なる暗黒の書』、他のワールド関係のサプリメント、d20関連、他の3版のサプリメント、未訳のサプリメント。

2. 開始時キャラクター作成

  • キャラクターレベル5
  • 経験点ペナルティを被るようなマルチクラスは 禁止。
  • 能力値 32ポイントの購入式(DMGの165p参照)
  • 開始経験点 11,000点
  • 開始所持金 9,000gp で買い物。gp上限なし。
  • 初期作成時のアイテムの譲渡、金銭の貸し借り可能。ただしあまり推奨しない。
  • 魔法のアイテムについて購入の制限は一切ない。
  • ワンドはハーフチャージで購入可。10チャージ単位で値段を算出して買えます。魔法の矢なども10本単位で本数を少なくして買えます。
  • HDは各ダイス一つにつき、振ったその時点で一回だけ振りなおしができる。振りなおしをした場合必ず振り直した後の結果を採用すること。HDのダイスロールは DMが見守っている中で、許可を取ってからロールする。
  • モンスタークラス使用可。ただしレベル調整値が+1までのものまで。
  • 悪属性の選択禁止、悪属性の神格の信仰禁止。
  • 魔法のアイテム類(巻物、ポーションなど含む)を初期作成の段階で作成することが可能(そのために経験値が1,000余分になっている)。レベルが下がらないならばいくらでも作成可能とする。経験値は自分のものだけを使うこと。
  • 陣営ならびに陣営値によるキャラクターの強化は、今回は使用禁止。
  • 特技《統率力》(PHB)の使用禁止。参加PCが多いので。

3. キャラクターの背景設定


  • 地身のキャラクター
    PCがエルシア谷(今回の冒険の舞台となる地域の名前)の出身ならば、どこかの都市にもれなく実家がついてきたりします。希望する場合はDMに申し出ること。種族によって場所が変わったりするので。

  • 信仰と神格
    エルシア谷でよく信仰されている神格は、「ペイロア」「聖カスバート」「ファラングン」のいずれかでそれらならばいずれかの都市に大きな寺院もあります。エルシア出身のクレリックの方は上記の神格から信仰する神を選んでください。

4. ワールド設定


  • ホームワールドは グレイホーク にいたします。昔から存在する由緒正しき中世風のファンタジー世界です。
    • グレイホーク世界については『グレイホーク・ワールドガイド(3e)』を参照のこと。なお、このサプリメントがなくてもゲームには差し支えはありません。
  • グレイホーク世界独自の暦を採用して日付を管理します。グレイホークワールドガイド参照のこと。

5. その他


  • 上記のルールブック以外にも、公式FAQ私家訳日本語版 (080814のバージョン) を適時参照。

  • キャラクターの成長について
    • 最終的にレベル10(予定)まで上がる予定です。できれば、10までの成長を初期作成の段階で考えて置いてそれを見越して作ってください。
    • 途中の最適化、組み直しは基本できません。
    • ただし今回はPHBⅡの再訓練ルールがあるのである程度なら融通が利くかと思います。

  • セッションを行うにあたって、5~6人以上のプレイヤーが参加することが条件である。欠席者によって、パーティのバランスが悪くなってしまう場合があれば、NPCがパーティに加わるか、他のPLを一回限りのゲストとして迎えるかして対処したい。基本的にパーティバランスが悪いからといって遭遇や仕掛けを変更したりはしないつもりである。

  • 今回は時間も大切なリソースのひとつとなってくるかもしれない。アイテムの作成や呪文の書き写しなど、本来ならばゆっくりと時間をとって行うのがのぞましい行動は、満足に行えない(できないわけではない)可能性があるとDMとして言っておこう。アイテムの鑑定など、冒険の合間にやっておきたいが時間がかかる行為は、協力的なNPCを見つけてやってもらうなりしてPL諸君で方法を模索してもらいたい。

  • PCが死亡して、蘇生呪文を使わずに新しいPCを作り直す場合は、キャラクターレベル(旧PCのレベル-1)で作ってもらう。経験値や所持金もその下がったレベルに準ずる。

  • セッションを欠席したPLのPCの措置について
    • PLが休んだ場合、そのPCは可能な限りパーティと別行動をとるという方針で行きます。別行動になってしまうのは、戦闘やその他の処理を休んだ人の分までやるとなるとけっこう大変だからです。もし別行動をとるには不自然な状況であった場合(ダンジョンのド真ん中など)、このゲームは中途半端なところで中断というのも珍しくないので、休んだ場合については柔軟に対処します。

  • セッションを休んだPLのPCの経験点と資産の分配について。
    • 経験点 … 休んだ分でパーティが得た分と同じだけの経験点を得ることができます。
    • 資産の分配 … 休んでいたPLのPCがその分配財産を得れるかどうかは、ケースバイケースで判断。資産分配時にパーティにいなかった場合は、パーティで分配された分と同じだけの現金収入を得ることができます。
    • 基本的にDMは、休んでパーティにいなかったからといって、資産の分配や経験点の獲得で不利になることはいたしません。

更新履歴

  • レギュレーションをバージョンアップして、wikiに転載。(2009.1.14)
  • ワールド設定と、5.その他 に、死亡したPCに代わる新PCを作る際の諸注意を掲載(2009.1.30)
  • セッションを休んだPLのPCについて、を載せました。(2009.2.22)
  • 特技の《統率力》の使用を規制から、禁止に変更。(2009.6.14)
  • 今更ですが、微妙にレギュレーションを変えましたが、微調整です。今後のゲームには影響はないと思います。(2009.8.11)

Comment

  • レギュをwikiにあげました。ワールドは未定。紙媒体との違いを赤い太字で示しました。 -- DM=leonleon (2009-01-13 22:19:51)
  • DMにちょっと質問ですが、エルシア谷にはバーバリアンみたいな未開人クラスがいそうな余地はありますでしょうか? いや、つまりスピリットシャーマンを旅行者にするか地元民に出来るかの違いでしかないのですけれど。 -- t-jun (2009-01-13 23:34:59)
  • 設定を読み直してみたのですが、地図に載っていない集落も多数あるみたいですし、未開の部族の集落の存在は、十分余地はあると思います。あと、ストームロードの神格なんだけど、信仰大全とかに載ってる自然か天気を司る神格なら基本どれでも代替可能みたいなので、自分で選択して再解釈しなおしてもらって構いません。 -- DM (2009-01-14 00:37:47)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。