神我狩_機械仕掛けのリターナー > 第6話

【明るい方6話】

▼トレーラー
時は流れる。
分岐し、合流し、また分岐し、たえず一定の方向に向かって。
それは川の流れのようであり、人の子は漂う木の葉のような物。
それはさながら神の定めたルールであり、人がそれを破ることはそれ自体が罪なのかも知れない。
しかし、それでも人は、タイムマシンという知恵の実を食べた。

神我狩/機械仕掛けのリターナー
第6話:『原罪』

知恵の実を食べた時より、人は旅人となった。
アルカナは彼の旅路を暗示する。



▼ハンドアウト
【吾妻屋 望】
コネ:姉上 感情:畏怖
その後、君の姉は特に何も言って来なかった。
ヤバい案件に巻き込んでしまった自覚があるのか、君が謎の事件に関わっていることを問いただす様子はない。ただ少し、申し訳なさそうにしていた。
成弓大学からの帰り道、君は黒服の怪しい集団に囲まれる。彼らは環境省の職員と名乗り、君に話を聞きたいと伝える……


【光平 樹】
コネ:瑠璃ちゃん 感情:複雑
瑠璃ちゃんは今が幸せだと言った。両親がいて、叔母もいて、自分も生きており、幸せだと言った。
瑠璃ちゃんは弥生のことも好きだったが、それでも今が一番だと言うかも知れない。
時間移動の算段がついたとき。彼女は立ちはだかるのだろうか?


【浅海 黎】
コネ:八幡 感情:任意
八幡が渋い顔をして君に告げる。この街の結界が弱くなっている、と。
結界は八幡が張ったものであり、16年前に破滅の具現が現れた際に、これ以上街が戦場にならぬように、戦意あるモノを弾く為に張ったものだという。
しかし、16年前から八幡の力は弱まる一方らしく、流川や天草の侵入を許し、先の事件の発端となった。これから先、神我狩や妖、荒御魂が街になだれ込む可能性が高いと、八幡は言う。
狙われるのは、望と栞らしい……


【立花 栞】
コネ:日向 真美 感情:任意
日向 真美は君たちの時間移動によって自分が死ななかったことを知っている。
そして、光平樹と弥生、そして如月の16年間を側で見てきた存在だ。
彼女は君に、樹と弥生が仲違いしたままのこの状況を変えて欲しいという。自分が生きているせいで引き起こったことなら、そうじゃない世界へ彼を連れて言って欲しいと言うのだ。
そんなことを話していた夏休み終盤の学校。
いつの間にか多数の気配に取り囲まれていく。
白銀の鎧を着た騎士のような集団。肩には十字架。彼らは聖堂騎士団、対悪魔十字軍を名乗り、剣を構えている……


【アルケンフォート】
コネ:水月 感情:任意
水月は、タイムマシンの修理を終えたという。先に君だけを呼んだようで、話があるらしい。
時間移動の理論に詳しいのはアルテであり、彼女の助力が得られれば、最も人の救われる世界線、あるのかどうかも怪しいが、たどり着けるかも知れないという。
また彼女は、死ぬ直前まで望の力について研究していた。神化の誓についても何か知っている可能性は高い。
もっとも。神化の誓について研究していたのは、この神社でコールドスリープになっているアルテではなく、アルケンフォートの魂となっている方のアルテだが……
未来を摑み取れ!機械仕掛けのリターナー!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。