The Scarlet World -赤より紅く、太陽より鮮烈に-

このページは、世界樹の迷宮SRSキャンペーン「The Scarlet World -赤より紅く、太陽より鮮烈に-」についてのページです。

鋼鉄のプレートで覆われた世界"アトランティス"


そんな外部との繋がりが途絶えた世界に落ちた1枚の手紙。


それは、この閉じられた世界に届く最後の希望だった。


スピードの迷宮SRSキャンペーン 「The Scarlet World -赤より紅く、太陽より鮮烈に-」



レギュレーション

初期CL(クラスレベル):5

初期所持金:1500en

細かいレギュレーションは世界樹:スピードの迷宮SRSを参照のこと。

追加レギュレーション
1.常備化点の導入
各話終了後、そのシナリオ中に獲得したドロップアイテムの総合計額÷3を、常備化点として各PCに配布する。
常備化点1点=1enとして消費することで武器,防具,アクセサリーを購入できるものとする。

2.レベルアップに必要な経験点について
LvXからLv(X+1)に成長するのに必要な経験点は(X+1)^2点とする。
(たとえばLv7からLv8になるのに必要な経験点は8×8で64点である。)
+ 必要経験点表

3.アクセサリーについて
同じアクセサリーを2つ以上装備することを禁止とする。
([フラワーネックレス]、[朱実の守り]、[革のベルト]複数装備への対策)

ハンドアウト


PC1(男性限定)
出自:回収者   特徴:[回収者] あなたは1体にドロップロールを2回行える。(1品物は2つドロップしない。)
境遇:貧困    クエスト:緋山リンに会う
運命:任意
関係:緋山リン(興味)
 あなたはアンダーアトランティス東地区で、日々の生活費を稼ぐためにアトランティスから出る廃棄品から使えるものを探し出しては売り払うその日暮らしの生活を送っていた。そんな日々が続いたある日、あなたは廃棄品の中からアトランティスへの電車の切符が入った便箋を見つける。便箋には切符以外に1枚の手紙と写真と紅い宝石がはめ込まれたペンダントが入っていた。手紙には「アトランティスの皆さんへ。外の世界は無事です。アトランティスの南にある町 サリアでお待ちしています。 緋山リン」と書かれており、写真には可愛らしい少女が綺麗な自然と共に写っていた。
 あなたは、この緋山リンという少女に強く興味を感じた。出来ることなら会ってみたい。そのためには、まずアトランティスから出なくてはならない。あなたはまず切符を手にアトランティスへと向かうことにした。


PC2(18~45歳)
出自:オフィシャル   特徴:[俊敏性] 防御判定と調査判定のC値-1 (下限値:11) & 【行動値】+CL
境遇:不安        クエスト:アン・フリダーシアを見つける。
運命:任意
関係:アン・フリダーシア(相棒)
 あなたは日々アトランティスの治安維持にあたるオフィシャルであり、主にアンダーアトランティス東地区の警備にあたっているいわば警官の立場である。あなたはアンという妖精のような姿の少女と共に暮らしている。アンは基本的に人の目に映らず、その存在を知っている者はほとんどいない。
 ある日、アンは忽然と姿を消した。人の目に映らないアンの捜索依頼を出せるはずもなく失望に暮れる日々であったが、勤務中に身分不相応な男(PC1)がアトランティス行きの電車に乗ろうとしているのを目撃する。その男が持っていた紅い宝石のペンダントがアンが身に着けていた蒼いペンダントと同型のものであることに気付いたあなたはPC1を警戒しつつもアンの居場所の手がかりになると考え、PC1についていくことにした。


PC3(13~18歳)
出自:雑貨屋      特徴:[アイテムマスター]自分が使用するダイスロールのある消費アイテムの効果に+1D6する。
境遇:孤独       クエスト:クラリスの願いに応える
運命:任意
関係:クラリス=アートランデ=ミューリア(依存)
 あなたはアンダーアトランティス東地区で両親から引き継いだ雑貨屋を営んでいる。あなたの両親は早くに亡くなっているが、両親はどこからか発掘されたという白い髪を持ち紅い綺麗な目を持つ人形をあなたに残している。
 その後も雑貨屋として生活していたが、5年前に突如人形が動き出し生活が大きく変わった。人形はクラリスと名乗ったが、自分が何を目的として作られた人形かなどは思い出せないようだ。クラリスは一見して人形と見分けがつかず積極的に家事や雑貨屋を手伝っていたが、感情がなく客からの評判は今一つであった。そんなある日、クラリスはあなたに「このアトランティスから出してほしい」と訴えてきた。
 クラリスが自分からあなたに提案するのは初めてのことである。あなたは5年間一緒に自分を支えてくれたクラリスの願いを無視することができず、雑貨屋を畳み家財を売り払った金で、まずはアトランティス行きの切符を2枚買うことにした。


PC4
出自:オフィシャル   特徴:[経験豊富]取得できるスキルのSL合計に+[CL/4](切り捨て)枠する
境遇:部下       クエスト:赤い影とゴッドアースグループの関係性を突き止める。
運命:任意
関係:ルーチェ・E・カインライト[上司]
 あなたは問題対策班に所属するオフィシャルである。あなたは、最近少しずつアトランティス内で出現数を増やしつつある謎の生命体、通称"赤い影"の正体の調査担当となっており、日々"赤い影"の出現報告を受けて調査を行うことを繰り返している。
 ここまでは表の顔の話であり、あなたの裏の姿は打倒ゴッドアースグループ(GEG)を目論む集団"レイニーコール"の構成員である。あなたはレイニーコールの設立者でリーダーでもあるルーチェから高い信頼を得ており、アトランティスにあるルーチェの屋敷に特別に住むことを許可してもらっている。ルーチェは赤い影の出現数増加とGEGの動向には何らかの関係があると考えているようで、GEG追及の手がかりを探しているようだ。
 今回ルーチェはアトランティスの最重要ライフラインである電車のハイジャックを目論んでいるようだ。作戦の遂行のためルーチェと共にあなたはハイジャックする電車に乗り込んだ。

PC5
出自:??  
特徴:[契約者] 自身の判定後にその判定の達成値を+Xする。(1セッションに合計+8まで。)
特徴:[ギャンブラー]1セッションに3回、判定前に宣言して1D6を振る。出目が奇数ならクリティカル。偶数ならファンブル。
境遇:契約者   クエスト:メルティアの正体を探る。
運命:任意
関係:メルティア(契約)
 あなたはアンダーアトランティス北地区で生活している一般人だが、メルティアという吸血鬼の少女と、とある契約をしている契約者でもある。(契約内容については裏HOで示す。)
あなたにとってメルティアの言うことは絶対であり、いままでのメルティアの命令は必ずあなたにとってプラスのことをもたらしていた。今回、メルティアがあなたに新たな命令を下した。それは「私の正体を探って」だった。あなたはメルティアがまた自分を良いように扱っていると感じたが、それでも契約のこともありとりあえずメルティアの正体を探ることにした。
 そしてメルティアは1つ手がかりとして電車の切符を渡した。この切符に書かれた電車で事件が起きるとのことだそうだ。それが手がかりなら電車に乗る以外ない。あなたは駅へと向かった。

PC6(アルケミスト,ルーンマスター,ゾディアック,ウォーロック,ネクロマンサーのいずれかをやること)
出自:司書   特徴:[実戦経験なし] 1枠目サブクラス(前提合計SL+0の枠)取得禁止
境遇:研究    クエスト:連続誘拐事件の犯人を探る。
運命:任意
関係:加藤アーロン(上司)
 あなたはアトランティス南地区にある、アトランティス公文図書館に住み込みで勤務している司書である。上司であり司書長である加藤アーロン(男/42)のと共に蔵書の管理をしている。あなたは加藤に内緒で、蔵書から術式系クラスの研究を密かにしているが、実際に使用したことはなく、空想理論だけで術式を習得している。
 そんな中、あなたは、一般客閲覧禁止エリアでの蔵書の整理中、ある本を手に取った。本の内容からして良くあるものであるが、あなたは何故この本が閲覧禁止なのか不思議に感じている。(本の内容は裏HO)
 また、最近アンダーアトランティスを中心に謎の連続誘拐事件が多発しているらしい。これについて書物で調べたところ、以前にも何度か同様の連続誘拐事件が発生しているらしく、いずれも犯人が特定されていない。この怪事件に興味を持ったあなたは、あくまで書物からではあるが犯人像を特定してみることにした。








各話リスト

====1章====
1話:One Accident
2話:暗き地下停車場
3話:2ポイントリード
4話:血の雨が降る摩天楼

====2章====
5話:緋山 リン
6話:紅き少女と異世界と教会と


  • 希望は4>2>1>5>3で -- 綿(フワフワ) (2017-04-02 12:06:54)
  • おっすお願いします hoは3>2>5>1>4で -- えんぷち (2017-04-02 12:30:26)
  • がんばるぞい、希望は5>1>3=2>4で -- 桃李 (2017-04-02 12:39:50)
  • みんな希望早すぎぃ。よろしくです。希望は1>5>4>3>2で -- なぽ (2017-04-02 12:52:41)
  • 神速で笑った。希望は3>5>4>2>1でお願いします。 -- ライカ (2017-04-02 14:15:17)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。