【DX3rd】KENKON HEROES CROSS ROAD > HEROES:PC > ”スターブロッサム”天堂紗希

「ファンのみんな、やっほー!今日は思いっきり楽しんでいこうねー!」

「あんたがどうしようと、あんたの勝手だけど。あんたがそのままでいるんなら、あたしは容赦なくあんたを討つよ」

「ライブの2次会会場はここじゃないわよ、悪党ども。”スターブロッサム”天堂紗希、あんたらを止めにやってきたわ」


PL:ふじっこ

≪プロフィール≫

【コードネーム】”スターブロッサム”天堂紗希
【性別】女性
【年齢】16
【身長】151cm
【体重】(公称)38kg
【誕生日】12/2
【血液型】A型
【ブリード】クロス
【シンドローム】オルクス/エンハイ
【ワークス/カヴァー】ヒーローB/アイドルヒーロー
【ロイス】
[Dロイス]:銀河の歌声

【ライフパス】
出自:
経験:
邂逅:
覚醒:
衝動:

【能力値・技能】
肉体:1    
感覚:5 射撃1 知覚1 芸術:アイドル4
精神:2 RC6 意志1  
社会:2 調達2 情報:ヒーロー2 情報:噂話1 情報:芸能界2

【副能力値】
 基本侵食率:33
 HP:24
 行動値:12

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 制限  備考
- ≪リザレクト≫ - オート x HP回復。
- ≪ワーディング≫ オート   エキストラ除外。
- コンセントレイト:オルクス
光の手
要の陣形
イェーガーマスター
鋼の顎
妖精の手
マスヴィジョン
領域の声
アニマルテイマー
完全なる世界

D 銀河の歌声

【イージーエフェクト】
名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 備考
七色の直感
スポットライト
地獄耳
天使の外套
仕組まれた幸運
テーマナンバー


【コンボ】(100%未満/100%以上)
  • 名称:

  • 組み合わせ:Sl1+Sl2+Sl3
  • タイミング:
  • 技能:
  • 対象:
  • 射程:
  • 侵食値:
  • ダイス:
  • CT値:
  • 攻撃力:




【アイテム】常備化P: 財産P:
名称 種別 常備化 詳細

≪容姿・性格≫

黒髪を肩まで伸ばした、快活そうな美少女。天堂紗希は、神明島随一のアイドルである。その人気はすでに全国規模であり、最近ではライブの観客は万に届きそうな勢いである。そのライブにおいてはオーヴァードならではの凝った演出と丁寧なファンサービスでファンを魅了しまくっている。まさに神明島の誇るスターの一人といって過言ではない人気者だ。
なお、アイドルとしてではなく一個人としての彼女は(アイドルとしてふるまっている時と打って変わって)かなり理性的で、ある種冷淡な人物である。その人物の行動で何が起こってもそれは自己責任でしょ?といった具合に。ヒーローとしてテレビカメラに映る時を含めた”営業モード”では決してそんな姿を見せることはないが、カメラのない場所、或いは完全なオフにおいてはそのようなふるまいをすることがある。

Q&A

①自己紹介をお願いします。
ファンのみんなも、そうでない皆さんも、こんにちはー!アイドルヒーロー、天堂紗希ですっ!
②座右の銘はなんですか?
水滴石穿、ですね。自分を形作っているのは今までの自分ですから。未来の自分に恥じないような人間であることが一番ですね。
③あなたの信念を教えてください
守るべき人を守ること、です。ヒーローとして、アイドルとして、絶対に破らないと誓ったことです。
④あなたの能力はなんですか?
光と鋼を操る能力。って言っても伝わりにくいと思いますけど、そういう能力です。光の能力で演出して、ゲリラライブしたり。なかなか便利ですよ、これ!…って、そういう話じゃないですけどね。
⑤ヒーローを志したきっかけは?
そうですね、あたしの母は元ヒーローなので。その背中を見てたら自然に、って感じでしょうか。
⑥尊敬する人は?
母さんです。天堂咲月、って言って。あるいは槙村咲月、の方がわかりますかね?ゲームクリエーターとしてはそっちの名前で活動してますし。…いずれにせよ、あたしにとっては憧れの人なんです。
⑦今まで戦った中で一番の強敵は?
こういう質問でふざけるべきじゃないのはわかってるんだけどね。あえて言うなら自分の限界、ってやつ。体力ある方だと思ってたんだけど、アイドルとヒーローと高校生の3足のわらじはさすがにきっついわー。
…ごめんなさい、これ、オフレコにしてもらってもいい?
⑧趣味は何ですか?
テレビゲームです。母さんの作ったゲームを二人で一緒に遊んだりとかします。
⑨好きなこと/もの
ゲームと、あとプラネタリウムが好きです。星空が好きなので、機会があると星を見るためにちょっと遠出したりとかします。プラネタリウムも館員さんのお話聞けるのはただ見るのと違ってまた楽しいですけどね。
⑩嫌いなこと/もの
母さんに、周囲に気づかいできない人間にだけはなるな、と言われてきたので、戒めてます。他の人でもそういう人はちょっと見ていて気分のいいものではないですね。
⑪休日の過ごし方は?
家でゲームしたり、アイドル仲間と遊びに行ったり。休日は普通の過ごし方してると思います。
⑫ヒーロー活動をする上で意識していることは?
できるだけ多くの人を救えるように、です。すべての人にそれぞれの人生があって、物語があって。それが壊されるのを止めるのがあたしの役目だと思ってます。
⑬ヒーローをやっていてよかったと思うことは?
アイドルとしてもヒーローとしても応援してくれるような言葉が一番うれしいです。両方頑張ってるのが今のあたしなので。その両方を肯定してもらえるのはとても心強いです。
⑭助けた人に言われて嬉しかった言葉は?
誰かを助けられたという事実が一番うれしいですね。もちろんありがとう、と言ってもらえるのはすごく励みになります。
⑮最後にファンに何か一言
ここまで読んでくれてありがとー!いつもより冷静モードで答えてみたけど、どうだったかな?あたしのいろんな気持ち、届いてると嬉しいな!

〈PLより〉

まだキャラの薄い部分が否めなす。一応目標は裏表あるアイドル。セッション中はいいんだけどこうして書くとなると口調が難しい。
母親は椎有さんがルーラーのトーキョーN◎VAのセッションより「槙村咲月」が謎のゲスト参戦。いつか拾えたらいいな。
違うんだ、俺のキャラが薄いんじゃない。他のPCが濃ゆすぎるだけなんだ…

第一話

神明島での8000人規模のソロライブ。その大役を終えた矢先にヴィラン出現の一報を受けた紗希は、会場の興奮冷めやらぬ中ヴィランを追跡する。
"特急騎士"に追い立てられ暴走するヴィランの装甲車の前に、耳慣れないメロディーが流れだす。それはついさっきすぐ近くで発表されたばかりの”スターブロッサム”天堂紗希の新曲であった。装甲車が今まさに突入せんとする交差点にあたるスポットライト。そこにいたのは紛れもなく彼女本人。ーーヒーローのお出ましだ!
彼女の鋼を操作するエフェクト(と、装甲車の運転席に座っていた紗希のファンのヴィランの必死のハンドルさばき)により見事装甲車の暴走は収まる。そこに続々駆けつけるヒーローたち。大勢は決し、彼らは”アンチマテリアルネゴシエーター”に身柄をドナドナされるのであった。

数日のち。彼女は久々のオフをプラネタリウムで過ごし、帰路についていた。そこで見たのは高校生がいじめにあうところであった。己がヒーローとしての信念から彼を救出したところ、その場を去る紗希に彼は鴫原智己と名乗る。紗希もまた名乗り返し、それで話は終わったかに見えた。
神明島に"ブルーギャングスタ"と名乗る未熟なヴィラン集団が現れコンビニやスーパーを襲う事件が多発したため、紗希は他のヒーローと協力しこれの調査を行う。その過程で、先日助けた智己がその一員であることが判明する。紗希は智己と対峙し問い質す。彼はヒーローにあこがれていたものの自身の能力不足から劣等感を抱き、そこを狙われて悪用されていた。"黒い亡霊"の口添えもあり紗希は彼の説得に成功。彼は自分の信じるヒーロー像を追う決心をする。その矢先、彼を操っていたヴィランの黒洲が攻撃を仕掛けてくる。智己は紗希をかばい負傷する。しかしこれを通じ、智己の目指すヒーロー像が固まることとなる。"誰かを守るヒーローになる"。それは紗希の目指すものと一致する志であった。

黒洲らこの事件の黒幕を倒し、またヒーローたちはそれぞれの日常へ戻ってゆく。紗希は先日のライブで発表した新曲の握手会を開催し、500人切りを成し遂げる。その500人の中に、彼女が招待状を出していた智己がいた。紗希は彼を楽屋に案内し、彼の決心と理想を聞く。そして彼を未熟ながらヒーローとして認めるのであった。
(一話 了)

(長いし要領を得ないあらすじになった。二度としない。)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。