神我狩_機械仕掛けのリターナー > 第4.3話

明るい方4.3話/栞不在時用

▼よくわかる時系列
5/16(月):アルク登場。
5/17(火):アルク高校に転入。
5/23(月):中間考査・始
5/27(金):中間考査・終

6/10(金):望が透明なタロットを受け取る。
6/13(月):瓶の悪魔事件。
6/14(火):栞捕獲事件。
6/15(水):タイムスリップ。
6/16(木):コールドスリープからの目覚め。
6/29(水):教祖襲撃。

7/4(月):期末試験・始
7/8(金):期末試験・終
7/11(月):試験休み・始
7/12(火):【今回の話】
7/15(金):試験休み・終

7/18(月):答案返却日。立花栞の事件簿(1)
7/19〜21:登校日。
7/22(金):終業式。アルク、未来へ帰る。
7/24(日):アルク、現代へ戻る(予定)


▼トレーラー
教祖の襲撃は終わった。
君たちは数々の試練を乗り越え、そして数々の解決せねばならない問題を残し、1学期を終えようとしていた。
先に待ち受けるのは長期の休暇。
夏休み。
試練は多々あろうが、少なくとも戦いの合間に、青春も謳歌出来るであろう。
胸を躍らせて、あるいは決意を新たに、君たちは試験休みを過ごしていた。

問題は7/12(火)に起きた。
試験の採点などというものは、実のところ三日ほどで片付いてしまい、その後の試験休みというのは成績の算出に使われているのだが……
試算された彼らの成績は、教師陣にとって好ましいとは言えないモノであった。

吾妻屋 望。浅海 黎。
この両名は火曜日の夕方に死の電話を受け取ることとなった。
水曜日から日曜までの5日間。二人には補習授業を受けて貰う。そして日曜には追試験を受けて貰う。と。
君たちは、天照ZONEプライムの無料ビデオにうつつを抜かしたツケを支払うこととなった。
もとより。学生の本分は勉学なのだから。


神我狩キャンペーン・機械仕掛けのリターナー
第4.3話・番外編!

『補講・オブ・ザ・デッド』

追試験の成績が芳しくないようであれば、夏休みは返上される。



▼シナリオハンドアウト
【吾妻屋 望&浅海 黎】
コネ1:多村 麻呂
コネ2:二荒 涼華(黎の担任)
感情:申し訳なさ
君らは【PLの任意の教科】の成績がべらぼうに悪かったが為に補講を受けることとなった。
まあ色々あったし勉学が疎かになってしまっても仕方がない。元より優秀な立花栞やアルケンフォートは補講を回避していたようであるが……
さて。補講を受けるべく、ほとんど誰も登校していない学校へと向かった君らであったが、そこで待ち受けていたのは、何者かに拉致された【君らの補講該当科目の教員】であった!
これは君たちの進級を阻もうとする闇の勢力の手によって行われたのだ!
その名も裏生徒会!
落ちこぼれ生徒を学校から排除しようとする彼らはどんな姑息な手でも使うだろう!
そしてその背後にて裏生徒会を支援する影の成績会議!
学校地下【2D10×100】mに構築された巨大迷"究"校舎!
審議の時を待つ円卓理事会!
審判を下す其の者、ソリヌンティウス!
役者と舞台が整った今、補講オブ・ザ・デッドが幕を開ける。
望は、黎は、全ての陰謀と妨害を打ち破り、無事に補講を受けることは出来るのか!?
君たちは夏休みを勝ち取ることが出来るか!?


【アルケンフォート】
コネ:ソリヌンティウス
感情:任意
補講じゃないけどめちゃくちゃ面白そうなのでついていきました。


【光平 樹】
コネ:日向 真美
感情:任意
期末考査が終わったタイミングで、君はあまり関係ないはずの成績会議に呼び出された。
呼び出された理由は、君の担当している図書委員会から二人も成績がアレな生徒が出たかららしい。
それだけなら特に君の仕事とは関係がないのだが、本題はこうだった。
「浅海 黎とかいうサボり常習犯をどうにかこうにか補講に引っ張ってきて欲しい」
さらにソリヌンティウスは君に告げる。「浅海くんの成績が改善するようなら夏のボーナスをちょっと増額するよ」と。
そして君は、望と黎の為に大補講計画を立てることとなる。日向真美とともに……
頑張れ光平 樹!生まれてくる子のためにも今は稼ぐのだ!!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。