Instinctive Brute > オメガ > Episode3


ダブルクロス The 3rd Edition
「Instinctive Brute」
Episode3
Desired Organism

齋藤来夢  
シナリオロイス 舟生櫂
舟生達を助けてから数ヶ月が経った。この数ヶ月間で助けることのできた捕食種もいればあなたが吸収した捕食種もいる。その間あなたに舟生から便りが定期的に届いていたがここ最近
それが途絶えている彼の身に何かあったのかもしれない。

入江ミサゴ  
シナリオロイス 天尊玲爾
UGNがジャーム化前の捕食種を保護してから数ヶ月がたった。狩りは進み残りの捕食種の数もだいぶ減ってきた。そんな中あなたがエクスタのα班と狩りをしていると捕食種の群れの中に1人の男を見かけた。

姫宮結依
シナリオロイス レイジ細胞
捕食種の保護とジャーム化した捕食種の狩りが進み事態は徐々に収束へと向かっているように見えた。しかしあなたの中で湧き上がる感情がある。それは恐怖の感情である。このまま事態が収束した時自分はどうなるのかエクスタから捨てられてしまうのではないかという恐怖。この感情は自身が抱いていることなのかそれともレイジ細胞によるものなのか。いずれにしてもこのままではまずい。

霧谷血斬  
シナリオロイス 華房 瑛莉
あなたが霧谷雄吾に掛け合ったことで一部の捕食種は保護されるようになった。またジャーム化した捕食種の狩りも進み残った捕食種の数は少なくなってきた。そんな中あなたは華房瑛莉に呼び出された。なんでもミサゴが天尊玲爾に接触したらしい。それだけなら呼び出すまでもないと思うが、彼女には他に話したいことがあるのかもしれない。

成田颯 
シナリオロイス 若馬駿
舟生櫂たち捕食種の1件以来α班は面倒くさい相手になっている。表立って対立することはないがΩ班の捕食種2人の動向を注視しているのは間違いない。そんな折α班の班長若馬駿があなたに話しかけてきた。お前の所の姫宮は直にジャーム化する。彼はそう言ってきた。なんとも面倒くさい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。