GATE > ガンドッグ11話

『The Longest Day(前編)』

▼時期:2017年4月8日

▼状況説明/Aパート(長めのオープニング)
リルガナを首都とする正統帝国が成立して数週間。皇帝の命によって各地から兵が集められていた。
同時に陸上自衛隊では帝都制圧作戦を立案。正統帝国軍と共同で行うこと、帝国打倒後に講和交渉をスタートすることを条件とし、日本政府は本作戦を実行する命令を下した。
日本時間4/7 AM9:00、第一〜三戦闘団に所属する普通科大隊、機甲科大隊、特科大隊が帝都に向け進軍を開始。作戦開始より80時間後には帝都を占領する計画となっている。
第六深部情報偵察隊は、地上部隊に先行する偵察任務を課され、帝都周辺を調査することとなった。
現在時刻は、作戦開始より20時間。
日本時間4/8 AM5:00である。
地上部隊はリルガナ東方の山脈にて、敵の攻撃を受けている。損耗は軽微、作戦に遅れはない。第六偵察隊は偵察任務を継続せよとのことである。

▼Aパート/参加PC
浅井/石動/岸峰/ライリー/村瀬+黄山

※作戦開始から20時間で、駒田/岩見/下野+赤川/青海の5名は交代で休憩に入ったものとします。



▼状況説明/Bパート
日本国内に潜伏していた中国とロシアの工作員は、日本の帝都制圧作戦を受け、最後の作戦に打って出た。
一般外国人のデモ隊を装い、大集団で銀座駐屯地に接近。同時に付近で爆弾テロを起こし、避難という名目で駐屯地に殺到。
大集団に対し戸惑う自衛官を拘束し、銀座駐屯地を制圧した。
異世界への『門』は車輌をバリケードとして封鎖され、爆薬が取り付けられた。
日本時間4/8 AM6:00、彼らは日本政府に対し特地に駐留する28000人を人質に取ったと宣言。『門』の放棄と石動晶の引き渡しを要求した。

▼Bパート/参加PC
レイチェル/岸峰妹/佐藤/下野/駒田/岩見

▼ハンドアウト(暫定/変わるかも知れません)
【岸峰妹】
早朝、銀座周辺でテロがあり、銀座駐屯地が制圧されたというニュースが流れた。
なんと君の兄が人質になってしまったらしい!
なんとか助けないと!と思っていたところ、以前筑波大学病院で出会ったレイチェルさんから連絡があった。
曰く、銀座の様子を見に行こうとのことである。


【レイチェル】
銀座駐屯地制圧に際し、CIAは状況を把握出来ていなかった。度重なる作戦の失敗で、CIAにはもう使えるエージェントが残っていなかった為である。
現在、まともに動けるのは君と君の部下のボブだけだ。
現在アメリカ政府は事件の詳細を知りたがっている。露中が本当に駐屯地を制圧しているのか? 制圧部隊の武装は? 門の状態は? 陸上自衛隊の動きは?
君には調査が命じられた。
この事態で使えそうな手駒に、君は心当たりがあった。


【佐藤】
東京に戻って療養として病院にいた際、早朝のニュースで銀座駐屯地が何者かに制圧されたらしいと知った。
同時に病院の談話スペースにいた女性が何やら物騒な電話を始めた。
聞けば、身内が特地にいるらしく、名は岸峰というらしい。
放って置けない気がしたので、君は岸峰妹に付いていくことにした。


【岩見】
帝都制圧作戦に伴う偵察任務を引き継ぎ、君と駒田らはコルリス駐屯地に帰還していた。
休息の間、東京にいる公安の同僚から君に連絡があった。
日本が帝国との戦争を終わらせる前に、露中は仕掛けてくるだろうという予想通り、彼らに動きがあったとのことである。
銀座に来ているという同僚から資料を受け取るべく、君は駒田に許可を得て、休憩の間に東京へと戻った。
そこで遭遇したのは、爆弾テロと暴徒と化したデモ隊による駐屯地の襲撃であった。



【駒田】
岩見からの報告を受け、君は岩見の東京行きを許可した。しかし指揮官である手前、単独で東京へと戻すわけにもいかず、同行することとなった。
そこで駐屯地襲撃に遭遇してしまった。
元の指揮系統に戻ることは出来ない。
しかし君にも何か出来ることがあるはずだ。



【下野】
岩見と駒田がコソコソしてるので、こっそり着いていって東京へと戻った君は、駐屯地襲撃に遭遇する。
これも君の実家が手を引いていることだろう。
実家と決着をつけるときが来たのかもしれない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。