扶桑蒸奇譚SRS > デバッグ第三回


予告

帝都秋津に、今宵も悪漢の笑いが木霊する。
しかし、悪あればそこには正義の執行者の姿あり。
帝都を騒がせる、謎の断罪者”月天”。
法を無視したその私刑行為に、随身省の調査官は何を思い、そして何を為すのか。
信じる正義を、貫くことはできるのか。

扶桑蒸奇譚SRS
「正義についての一考察」
――燃ゆるは魂、蒸気が廻すは運命の輪。

【ハンドアウト】

PC1用ハンドアウト コンストラクション:随身省調査官
コネクション:月天 関係:脅威など
君は随身省の調査官だ。帝都秋津の秩序を守るため、日々犯罪と戦っている。
そんなある夜のこと、確保寸前だった犯人が君の目の前で殺害されてしまう。
殺ったのは、月天を名乗る怪人。
それが、君たち随身省にとっての試練の日々の始まりだった。


PC2用ハンドアウト コンストラクション:探偵
コネクション:葉山 義弘 関係:悔悟など
君は秋津に事務所を構える探偵だ。君には、葉山義弘という助手――いや、相棒が居る。
しかしある日、彼は突然姿を消してしまった。
何の連絡もなく、家にも書き置き一つすらなく。
一体彼の身に何があったのか。君はそれを探ることにした。


PC3用ハンドアウト 
コネクション:真犯人 関係:憎悪、殺意など
君は秋津に根を張る廻間組に属する荒事屋だ。今まで組のために、邪魔な奴らを片付けてきた。
だがある日、組に戻った君を待っていたのは仲間たちの死体。
しかも折り悪く他の連中に見られてしまった君は、裏切り者の濡れ衣を着せられてしまった。
誰かが君をハメようとしているのか、それとも何か別の出来事の飛び火なのか。
いずれにしても、真犯人を突き止めなければならない。


PC4用ハンドアウト コンストラクション:記者
コネクション:黒石 露伴 関係:上司など
君は帝都秋津は日々新報社に務める記者である。編集長より、最近ちまたを騒がす怪人月天についてスクープをとってこいと直々のお達しがあった。
やつの行いが本当に正義なのか、それともただの愉快犯なのか。
その真実を――追う必要はないが、他社を出し抜けるようなとびっきりのネタを拾って来いということらしい。


  • PC5人だと1がバディになります。 -- kinosi (2016-10-31 10:28:34)
  • あげ -- kinosi (2016-11-12 13:30:57)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。