The_Ending_of_Agharta Ⅱ > アガルタPC4

パーソナルデータ
キャラクター名 ローズ・クオリア
メインクラス ダークハンター
クラスレベル 17
使用経験点
年齢 14 性別 女性
身長 158→165 体重 47

ライフパス
出自 一般人 境遇 探求 運命
特徴 一般人の底力 効果 スキルの取得上限Lvが(本来が5なら6に、本来が10なら12)になる。

コネクション(ハンドアウトで指定してあるものと、各PCへの関係を記載お願いします)
対象 関係
ポポル博士 尊敬
リリー 心配
クロム 依存
アレックス 恋心
スフィー 不安
人形師レイン 嫉妬
ヴェルディム・エルシアス 信頼/恐怖

能力値
体力 反射 知覚 理知 意思 幸運
基本値 12(17) 12 15 12 10 12
ボーナス値 4(5) 4 5 4 3 4

装備武器
部位 装備名
武器左 縛鎖(ドラゴンズウィップSA相当)
武器右 鎧鎖(レザーシールド相当)
防具頭
防具腕 オーシャンリスト
防具鎧 ダークチュニック
防具足
アクセA マジックネックレス
アクセB 朱実の守り
アクセC

ステータス表1
戦闘能力値 ベース クラスB 武器左 武器右 防具頭 防具腕 防具鎧 防具足 アクセA アクセB アクセC スキル 合計値
命中値 4 12 5(+3) 21(24)
回避値 4 8 1 2 (+4) 15(19)
術式値 4 7 1 12
抗術値 4 8 1 1 (+4) 14(18)
行動値 8 13 +1 -1 21
耐久力 12(17) 43 3 63
精神力 10 29 36 75
攻撃力L XX 15 斬+23 XX 21 殴+59
攻撃力R XX XX + +
防御[斬] XX XX 8 1 9
防御[刺] XX XX 7 1 8
防御[殴] XX XX 9 1 10
防御[炎] XX XX 6 6
防御[氷] XX XX 6 6
防御[雷] XX XX 6 6
戦闘移動 26m
全力移動 52m
射程:左 10 m
射程:右

取得スキル一覧
スキル名 SL 種別 タイミング 判定値 難易度 対象 射程 代償 概要
※軍鎖展界オールボンテージ - - イニシアチブ 自動 なし 範囲(選択) 視界 - 対象に封じ3種を与える。また対象は1シーンの間、封じを受けている時に受けるダメージに+[CL*3]。CL15でこれを+[CL*5]に変更する。
鞭マスタリー 8/12 - 常時 自動 なし 自身 なし なし 攻撃力+[SL*2], C値-1
TPブースト 12/12 - 常時 自動 なし 自身 なし なし 精神力+[SL*3]
HPブースト 1/12 - 常時 自動 なし 自身 なし なし 耐久力+[SL*3]
STRブースト 5/12 - 常時 自動 なし 自身 なし なし [体力基本値]と[攻撃力]+SL
修練の極み:命中 1/1 - 常時 自動 なし 自身 なし なし このメインプロセス間における命中値+3
ソニックステップ 4/6 セットアップ 自動 なし 自身 なし 2+SL リアクション+SL (1シーン中)
戦闘集中 1/1 マイナー 自動 なし 自身 なし 2TP 命中値+3
縛鎖アナコンダ 1/6 メジャー [命中] 対決 単体 武器 3TP ダメ+1D6+SL。ダメージを与えた対象にSLD6毒付与。
絞殺鎖エクスタシー 6/12 メジャー [命中値] 対決 単体 武器 7TP 対象がいずれかの封じを受けているか、〈状態復元〉を持っているならば、ダメ+[5+SL*8]
鎧鎖トラッピングⅠ 1/6 - リアクション 回避値 対決 自身 なし 12-SL 物理攻撃に対してカウンター。1戦闘中1回
鎧鎖トラッピングⅡ 1/6 - リアクション 抗術値 対決 自身 なし 12-SL 魔法攻撃に対してカウンター。1戦闘中1回
狂乱鎖フォアストール 1/1 オート 自動 なし 本文 至近 2TP 同一エンゲージ内への攻撃を対象:あなたに変更
ワンモアチャンス 1/1 オート 自動 なし 自身 なし 2TP 判定振りなおし。1ラウンド1回
反復の即興曲 1/1 オート 自動 なし 単体 30m 3TP 対象の判定振り直し。1ラウンド1回

▼容姿
赤毛のツインテールに紫のビキニ、ホットパンツ姿の少女。両手に赤いハンドグローブ(ポポル博士の発明品)。
小柄だが膨らんでいるところは膨らんでいるしスタイルはまぁまぁいい。

▼性格
男勝りな性格で、口調が荒っぽい。
ただ口が悪いだけではなく、仲間の安否を気にする優しい一面もある。
親という存在とあまり接しなかったせいか、甘えるという行為が苦手。

▼設定
物心ついた頃からポポル博士の助手として生きてきた女の子。両親の所在は不明というか、そもそもそういった存在と一緒に過ごしたという記憶が一切ない。
……もっとも、彼女にとってそれが"日常"であったから、それに関して不満を抱いたことはない。さらにいえば、ここまで養ってくれたポポル博士に対して感謝の意を示している。
彼女の武器は"鎖"。
両手に装備したハンドグローブ(指なし手袋)はポポル博士の発明品で、どちらにも10mほどの鎖が凝縮・収納されている。博士ってすげぇ!
戦闘スタイルはあまり見せられたものではない。右手の"縛鎖"で敵を縛りつけ、左手の"鎧鎖"で敵の反逆から身体を守りつつ、じわじわとなぶり殺す。
特に、"軍鎖展界(オールボンテージ)"による広範囲への舞踏乱劇を受け、無事にいられる者はいない。

"トゥインクルシーカーズ"の皆との旅を重ねて行くうちに、人と触れ合うことの楽しさを感じるようになる。
同時に皆を失いたくないという気持ちが生まれ、博士には教えられなかった技"狂乱鎖(フォアストール)"を習得。

第3話にて発見した砂漠の中の施設。その中には300個の、少年少女が入れるほどの引き出しが設置されていた。さらにクロム・リリーらによって、空かないひきだしの中には人間の死体が安置されていたことが発覚。そして、ローズだけは気づいてしまう……205番の引き出しに、微かな見覚えがあることを……。しかし甘えることが苦手なローズは、そのことを皆に相談せず、自分の心の中に押しとどめてしまう。その後スフィらに相談するまでの数日間、本調子を出すことはできなかった。

第5話にて自身が第二使徒と呼ばれる存在であることが判明した。第一使徒の命により自身を殺しに来た、同使徒のヴェルディムと応戦するも、後一歩のところで敗北を喫した。アウグスのおかげにより一命を取り留めたが、ヴェルディムはまたすぐにでも私を殺しにやってくるだろう、もうこれ以上仲間を巻き込みたくないという気持ちから「チームからの脱退」を宣言する。(その時も最初は素直にはなれず、「あんたたちじゃ頼りないから、やっぱこのパーティを抜ける」と言い放った。)
しかし、アレックスやリリーに引き止められた挙句、アレックスに「そこまで言うならずっと離れないで」と半ば告白のようなことを言ったら受け入れられ、ひとまずチームに残ることになった。

▼各PCに対して
リリー
「危なっかしいったらありゃしないわ。積極的すぎる。まぁ、怖がって何もできないような奴と比べりゃ幾分かマシなのかもしれないけど……。それにしても、彼女の巫女としての力は本当に不思議なものね。ポポル博士が目をつける理由もなんとなく頷けるわ。」

クロム
「典型的な話好きのダメ男ね。ギルドマスターの意向で彼と同じチームに入らされた時には、本当にどうしようかと思ったけれども。……ムカつくけど彼に守られているから冒険を続けられている面もあるし、一応感謝はしているのよ。嫌いだけど。」

アレックス
「すぐ息切れするし、男のくせに汚い仕事を受けたがらないし、暑いとへばるし、子供っぽく興味のあることにはすぐ飛びつくし……不満を挙げたらキリがないわ!ひとまずアレックスは、どんな人にも優しくするの、ホント紛らわしいからやめてよね。困るのよ。……え?何故って///あ、う、その………そうよ、彼の行動に勘違いした奴がアタシらを邪魔してくるかもしれないじゃない!……え、他人に邪魔されるのが嫌ならチームを抜ければいい?それは嫌よ!……あ、違///……その、そう、アタシはポポル博士の指令を達成するために、仕方なくチームに入ってあげているだけなんだから……ばか……」

スフィー
「彼女については、同じチームにいるにも関わらず、未だに得体もしれないのよね……。絶対何か隠しているとは思うのだけれども。少なくとも、アタシが想像できるようなことでもないのは確かね。あと凄い器用。あの力の源は一体なんなのか、少し興味はそそられるわね。」

▼PLより
名前の由来はローズクォーツ(紅水晶)、
イメージ画像はアルカナハートのシャルラッハロートです。

成長予定について
このあとトラッピングⅡ(魔法攻撃に対するカウンター)を取得し、
フォアストール(同エンゲージ攻撃自身収束)を取得。←取りました
その後怒りのTPブースト爆上げになるかと思います。←なりました
ついにエクスタシー爆上げの時期がきました!

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。