【cfsc】最輝のスピカと間もなき天使 > PC3

崩玉の天使姫(インバート セレスティアル)》ファエル

「スピカちゃんのことは、お好み焼きうどんと同じぐらい大好きだよ!あれ?あたし何かおかしいこと言ったかな?」

「この世界っていろんなものがあるんだね…生きてるだけで本当に幸せ。」

「愛するってどういうこと?楽しいって相手が誰でも一緒じゃないの?」


■基本データ
【コロナ】星詠み(フォーチュン)

【ミーム】アンゲロイ

【ブランチ】御遣い(みつかい)

■能力値およびHP・LP
【HP・LP】
元値 修正値
HP 21 44
LP 7 7
【基本能力値】
肉体 技術 魔術 社会 根源
6 7 7 7 9
【戦闘能力値】
白兵値 射撃値 回避値 心魂値 行動値
元値 6 6 4 6 14
修正値 6 6 6 6 43

■ライフパス
【宿命】造物主【特徴】疾風迅雷【特徴効果】行動値+3
【闘争】興味
【Dパス】人助けへの義務感

■ギフト
【欲望】悔恨
【種別】龍血:悔恨の時計
【希望】6点

■獲得特技
名称 種別 能力値 タイミング 対象 射程 代償 効果 参照
星詠み
女神の祝福 自動 自動成功 判定直後 単体 シーン フレア1枚 達成値+フレアの数字、自身不可 SC100
再生の車輪 自動 自動成功 いつでも 単体 シーン 全フレア 戦闘不能死亡覚醒を回復、HPとLPを1まで回復、シナリ1回 SC100
夜明けの星 Lv1 自動成功 セットアップ 2体 シーン フレア1枚 ターン中、攻撃属性根源に変更 SC101
※エンノイア DB 自動成功 ダメロ 単体 シーン フレア2枚 ダメ+差分値×2、シナ1回 SC101
※ヤハリエル DBLv1 自動成功 いつでも シーン シーン フレア1枚 バステ全回復、シナLv回 SC101
御遣い
心ある天使 自動 自動成功 いつでも 単体 シーン フレア1枚 シナ1回制限の特技アイテムの使用回数回復、自身対象不可、シナ1回 DD100
有翼天使 選択 自動成功 常時 自身 なし なし 常に飛行状態。種別:回復/防御、タイミング:ダメロの効果+社会 DD100
引き離し 自動成功 イニシア 効果参照 効果参照 フレア2枚 対象と二人で新しいエンゲージ形成 AB102
※高機動攪乱 DB 自動成功 ダメロ 単体 シーン フレア1枚 ダメ+行動値 DD101
※メタトロン:エロアイオス DB 自動成功 判定直後 単体 シーン フレア3枚 達成値0に SC106
※エノク DB 自動成功 オート 自身 なし 効果参照 フレア1枚をソフィアの合致するAとして扱う。LPの最大値と現在値-1、アフタープレイで回復せず AB103
※アンピエル 相DB 自動成功 ダメロ直後 効果参照 シーン 全フレア ダメロひとつを0に。シナ1回 AB103
一般
教師 Lv1 自動成功 オート 単体 シーン 5HP ダイス目1つを6に、シナ[Lv+2]回 LP160
資産家 自動成功 常時 自身 なし なし 常備化点+3D6(ロール済み16) SC139
謎の後援者 自動成功 メジャー 自身 なし なし 常備化20点以下のアイテム取得、シナ1回 SC140
ギフト/Dパス
断ち切れし時 自動ギフト 自動成功 ダメロ 単体 シーン 希望3点 差分値更に+1、シナ1回 DD079
こぼれ落ちる時間 ギフト 自動成功 オート 自身 なし 希望2点 メジャーか対象:単体の特技を範囲化 DD079
自ら目指す光 Dパス 自動成功 いつでも 単体 シーン 全フレア 戦闘不能覚醒を回復、HPバステ全回復、シナ1回 DC098

■装備スロット
部位 名称 行動 ダメージ HP 射程 相当品 備考 参照P
右手 天使の聖槍(エンジェルスピア) +6 【肉体】+4D6 至近/シーン スピア 投擲可能 SC145
左手 聖なる天使羽(エンジェルウィング) +10 +8 ラウンドシールド/輝く紋章 回避+2 SC153
胴部 天使の装束(エンジェルクローク) +5 +15 エンジェルクローク DD118
その他 聖なる天輪(エンジェルハイロゥ) +5 数珠 SC164
乗り物 なし

■特技コンボ
星詠みにコンボなどない!

■アイテム
孤界の崩玉(希望3点回復、消耗品、赤砂の薬包相当品)
聖女のイコン(フレア1枚ドロー、シナ1回、みんなで撮った写真相当品)
茨の冠(根源+2、薔薇十字の指輪相当品)

■初期作常備化点まとめ
名称 常備化点
スピア 3
ラウンドシールド 2
輝く紋章 5
エンジェルクローク 5
赤砂の薬包 15
薔薇十字の指輪 3
みんなで撮った写真 1
数珠 3
初期作21+資産家16 37

■設定など
ファエル
年齢:16歳
種族:幻獣(天使)
身長:156cm
スタイル:スッ、スッ、スッ
好き:「友達」、お好み焼きうどん
苦手:特になし。全部が興味の対象。
口調の特徴:一人称「あたし」いつも腑抜けているようなふにゃっとした喋り方。誰に対しても似たような話し方で「〜ちゃん」と呼ぶが、エオスに怒られたので、先輩に対しては「〜さん」と呼ぶ場合がある。語尾は「〜だよぉ」「〜なのにぃ」「〜するぅ」のように語尾が伸びる。
容姿:薄ピンクの髪を長めのポニーテールにして、左肩から前に下ろしている。長さは腰ぐらいまで。前に下ろす理由は翼に当たって邪魔だから。毛先に行くほど色素が薄くなり綺麗な白髪に近づくが、これは体内の龍血の影響で本来真っ白な髪に赤い色が付いているから起こるのだという。頭の上にはきちんと可愛らしいハイロゥが乗っかっている。前髪は下ろしたまま。勉強をする時だけヘアピンをつけるが、どっちに流すかは気分次第。瞳は真紅でタレ目。服は着ていて楽しいからとゴスロリから軍服、もんぺに至るまで多種多様なものを統一性のなく集めており、見る度に違った印象を受ける。一方で、服は楽しくて着ているだけで、裸を見られるのが恥ずかしいとは思っていないため、暑い日などはお風呂に入った後でそのまま裸で歩いているところを目撃されることもしばしば。背中には二枚の大翼があり、こちらも薄ピンク。オリジンで買い物をすると可愛い服なのに天使用の背中に加工のあるものがなくて買えないことが多いのが不満だという。

三千世界の片隅。造物主が壊した孤界の残滓から戯れに作った天使の少女が一人。造物主の、堕ちたる自己への悔恨なのか、在りし日の三千世界への懐旧なのか、はたまた単なる偶然なのか、時を操る能力を持ったその少女は、世界のことを何も知らないまま、長い眠りについた。
長い眠りの末に、彼女は導かれたように、始まりの孤界 ー【オリジン】へとたどり着く。流れ着いた彼女を保護したのは、【コンストレイション】の一員であり、EXRの女神エオスであった。彼女の力を見抜いたエオスは、彼女の教育兼ねて【コンストレイション】へ参加させることを決意し、「ファエル」という名前を与えた。
目覚めたばかりのファエルには、目の前に広がるものの全てが美しく見えた。そしてその興味の向くままに、「友達」を増やしていった。最も生まれたばかりの彼女に他者への慈愛の念が認識できるはずもなく、自我の形成段階を孤独に過ごした彼女に、個体の識別能力が十全に完成しているはずもなく、ただ世界の事物の一つとしての「生命」に興味を持っていただけなのかもしれない。実際、彼女の「友達」への対応はいつも同じようなもので、親友ー少なくともサリュの側はそう思っているようだーのサリュに対しても「興味」以上の感情を示す事もない。もちろん、サリュが嫌いとかそういう訳ではなく、目覚めてすぐの彼女にとっては目に入る全てのものが新鮮で、全てのものが楽しさを与えてくれるものであるために、まだ未熟な彼女の心では、感情の峻別が付いていないのだと推測される。すぐ距離を詰めてくる彼女の態度に勘違いして撃沈した生徒も多いのだという。
エオスに「天使の役割は人々を助けることだ」と教わったので、お節介なぐらい絡んでは失敗することが多い。 造物主が自身の知識を全て込めて作成したため、知識量自体は豊富にあるのだが、その知識を適切に使うことがまだできていないため、とても回りくどい方法を取っている場合が多い。しかし、ファエルのちょっとした発言が、周りの助けになることは多いという。
すぐに服などを買って散財してしまうので、戦闘に使うものはお小遣いとは別にエオスからもらっている。
彼女の特殊能力ー天使の共通の能力と区別して便宜上「スペリオル」と呼称するーの発現は、かなり不安定なものであった。これが未だ彼女がUCクラス止まっている一因でもある。時たま偶発的に発動することがあるものの、発現のトリガーはわかっていないのが現状。

スピカとの出会いは彼女が学園に来た初日のことだった。初めて会う「翼のない生物」に興味を持ったファエルがスピカの腰のところを触ったことがきっかけだったという。
ファエルにとって、スピカは学園に来て初めてできた「友達」であり、彼女に友達とはなんなのか教えてくれたのも彼女であったことから、特別な思いは持っているはずだが、彼女自身はそこまで理解できておらず、好物である「お好み焼きうどん」と同じぐらい好きと表明している。

  • 彼女のスペリオルについて
造物主の悔恨の意を受けた孤界の残滓よって作られた彼女が生まれながらにして持つ、天使ならざる能力。あらゆる事象を拒絶することができる。時の流れを拒絶したり、反転させることで時間操作が可能であり、ファエル自身はこちらの能力が本体だと思っているようだが、能力の根幹は拒絶である。それ故に傷の拒絶や死の拒絶も限度はあれど可能。造物主が壊した世界の傷を癒さんためか、はたまた壊れてしまった造物主の復活を阻止させんがためか、本来はかなり長い単位での時間の遡及、もしくは進行が可能だというが、現在は偶発的、それも数秒自分以外の時間を止めておく程度にとどまっている。彼女のスペリオル発動のトリガーは「彼女が強く誰かのことを思うこと。」賛同者に囲まれて孤独だった造物主の悲哀の表れなのか、はたまた愛を育む人間への憧れなのか。特に造物主の「善き魂」の生まれ変わりたる「地球」の住人への思いが強くなる時に最も力が強くなる。造物主自らも真に愛されたかった。そういうことなのだろうか。
しかしながら、時を操るというのは、過去にあった出来事、未来にあったかもしれない出来事全てを拒絶することに他ならない。他者を受け入れることで初めて発揮される拒絶の能力。その相反する特性が、造物主自身の苦悩を象徴しているのかもしれない。

  • 孤界の崩玉について
ファエルと同じく破壊された孤界の残滓から作られた宝石。かなりの量のフレアを溜め込んでおり、ファエルが触れることで、能力を活性化させることができる。フレアの充填にそれなりの時間がかかるため、連発はできず、ファエルの側にも相応の負担がかかるので1戦闘に2回が限度。休養の時にはエオスの絶対守護で守られている。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。