【MGR】大正機神浪漫譚―鋼語―【大正】 > ―寧静―


―序文―

天皇陛下のお膝元、天下の銀座を遊ぶなら
今日は帝劇、明日は三越、カフェーなんかも良い感じ。
鬼の如くに色黒く、恋の如くに味甘く、地獄の如くに煮え滾る
薫香高いコーヒーに、人は誰もが酔い痴れる。
帝国全土の魁の、モダンの極みは此処に在り。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

遥かな彼方、少女の生まれた世界には、剣劇と銃声が満ちていた。
一を殺せ。十を屠れ。百を滅して、千を滅ぼせ。怒号が響き、人が死ぬ。
傾く故郷、その姿を見せられて、泣かぬ者などいるのだろうか。
ましてや君なら救えると、唆されたらどうだろうか。
故に少女は心を凍らせ、祖国の為に剣を取る。
固い決意を胸に秘め、ただ、守り抜くために。

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

男は正しく、豪快と言うのが相応しかった。
袈裟を着て、酒を片手に女を侍らせ、金子で博打に興じる始末。
肉も食らうし、嘘も吐く。無頼で破戒な禿頭だった。
そんな男がただ一人、カフェーの席で杯を乾かす。
縁に色づく黒の円。苦みに狼狽え、砂糖を入れて。
さてと一息、笠をかぶると、モダンな男女の行きかう巷、
銀座の街へと繰り出した。念仏代わりの鼻歌とともに。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

そこは銀座。流行の最先端。
そこは銀座。賑やかなる花の街。

大正機神浪漫譚―鋼語―
第二幕 ―寧静/Truth or False―

お休みだから、羽を伸ばして
君と一緒に、街を行く。

楮神・奏明用ハンドアウト コネクション:結城・漣 関係:信頼などのポジティブな感じ
 君が大正世界にやってきてから一週間ほどが経った。西村機関所属の機神使いになった君は、時に漣とともに訓練をしたり、或いは他の仲間達と遊んだりしながら、それなりに満ち足りた日々を過ごしていた。
そんなある日のこと、訓練終わりに、漣が君へと問いかける。
「……明日、訓練の休みなんだけど、その……どっか遊びに行かない?ほら、銀座とか、案内してあげるよ」
 お出かけしないか、という誘いである。大正の銀座と言えば、帝都の華やかさの粋みたいなものである。たまには羽を伸ばすのも悪くはないだろう。


目的:結城・漣と銀ブラする。

アルク・イル・ノーチェス用ハンドアウト コネクション:エリス 関係:庇護
 ある日のこと、喫茶ふぉうちゅんへと向かう道の途中で、君は一人の少女にぶつかった。黒いドレスの様なフリルたっぷりのワンピースにおそろいの黒フリルカチューシャ、同じく黒の日傘を右手に持った少女は、銀髪赤目でどことなくお人形っぽい雰囲気だった。彼女は自身の名をエリスと名乗ると、その場では二、三言葉を交わして、彼女の後を見送って。
 そして次の日、休みの君が、たまたま喫茶ふぉうちゅんにいたところ、再び彼女がやってきた。彼女は店に入ると、まず一杯注文してから、困り顔で問いかける。
 「……あの、銀座に行きたいのですが、道が分からなくて。どう、行ったらいいでしょう?」
 君は案内してもいいし、案内しなくても良い。

目的:エリスと銀ブラする。

新條・扇奈用ハンドアウト コネクション:加賀智・天明 関係:なんか適当に
 昼飯時の神社へと、いつも通りのあいつがやってきた。とはいえ今日は厄介事を押し付けに来たというわけでもないようで、懐から取り出したのは2枚の紙片、長方形のそれは、切符か何かのように見えた。天明はそれを押し付けるように差し出すと、笑いながら君に告げる。
 「運よく帝劇の新作が二枚ほど取れてな。どうよ、銀ブラ」
 日頃の苦労の埋め合わせ、なのだろうか?折角の誘いだ。遊ぶついでにいろいろたかってやるのもいいかもしれない。

目的:加賀智・天明と銀ブラする

児玉・紘佑用ハンドアウト コネクション:久雅・友染/クリスティー・マクベス 関係:庇護/信頼
 ある日の喫茶ふぉうちゅん。すっかり仲良くなった友染とクリスは、互いに好んだ小説やら劇の話に盛り上がっていた。おおよそクリスが恋愛ものに傾いて、友染が歴史や伝奇物に傾いて、といった雰囲気である。そんな話につき合わされて、適当に相槌を打つのも君の日課になりつつあった。
 そんな日々を過ごしていた君は、ひょんなことから帝劇のチケットを手に入れてしまった。手元には三枚のチケット。折角だ、両手に花、というわけでもないが、二人を連れて遊びに出るのも悪くはないだろう。

目的:ダブルデートで銀ブラする

戒塚・操用ハンドアウト コネクション:"居眠仁王"重玄・黒核(Kurozane Shigen) 関係:脅威
 君は、今日も今日とて西園寺亭に呼び出されていた。いつも通りの依頼である。報酬となる砂糖菓子を食べながら聞くのは、一人の僧侶――というにはあまりにも豪放磊落とした無頼漢の話だった。曰く、居眠仁王と呼ばれている禿頭の男は、チベットの山奥に安置されていた仏舎利の欠片を大日本帝国に持ち込み、今は銀座に潜伏しているらしい。
 芙蓉としては、彼の目的をつかみたいとのことだ。ともあれ銀座をぶらつきながら、探してみるのもいいかもしれない。

目的:銀ブラしつつ、目標を探す。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。