The_Ending_of_Agharta Ⅰ > アガルタPC3

パーソナルデータ
キャラクター名 シルヴィア
メインクラス フォートレス
クラスレベル 18
残存/合計経験点 51/2223

年齢 14 性別
身長 体重

ライフパス
出自 ホッポル族
境遇 捜索
運命 喪失
特徴 [幸運者] 効果 1シナリオに3回まで、判定の2Dで出目4以下のとき、判定をクリティカルにできる。

コネクション(ハンドアウトで指定してあるものと、各PCへの関係を記載お願いします)
対象 関係
セヴァンタス(ホッポル族の族長) [師匠]

能力値
体力 反射 知覚 理知 意思 幸運
基本値 19 12 9 9 15 9
ボーナス値 6 4 3 3 5 3

装備武器
部位 装備名
武器左 ドラゴンシールドQ
武器右 シルバーシールド
防具頭 チェインヘルム
防具腕 レザーグローブ
防具鎧 レザージャーキンD
防具足 クリムゾンレギンズ
アクセA 朱実の守り
アクセB フェアリーガードA
アクセC 化石の首飾り

ステータス表
戦闘能力値 ベース クラスB 武器左 武器右 防具頭 防具腕 防具鎧 防具足 アクセA アクセB アクセC スキル 合計値
命中値 3 14 -1 -2 14
回避値 3 8 2 2 2 6 23
術式値 3 7 10
抗術値 3 8 2 1 2 6 22
行動値 7 8 -6 -3 2 3 11
耐久力 19 86 105
精神力 15 25 35 75
攻撃力L XX 20 殴+7 XX 殴+27
攻撃力R XX 20 XX 殴+6 殴+26
防御[斬] XX XX 3 2 1 1 2 3 5+3 20
防御[刺] XX XX 4 2 1 1 2 5+3 19
防御[殴] XX XX 5 2 1 1 1 3 5+3 21
防御[炎] XX XX 4 7 1 12
防御[氷] XX XX 4 7 1 12
防御[雷] XX XX 7 1 8
防御[水] XX XX 13 3 16
戦闘移動
全力移動
射程:左
射程:右

取得スキル一覧
スキル名 SL 種別 タイミング 判定値 難易度 対象 射程 代償 概要
※フォース/ディバイドモード - - メジャー 自動 - 自身 20m - 2R間射程内の味方(複数可)への攻撃の対象を自身へ変更 防御判定1回,ダメージ倍加なし
盾マスタリー 5 - 常時 斬刺殴防御修正+SL(5)
騎士マスタリー 10 常時 自身が攻撃対象となった際TP+[SL/5+1(切捨)(3)],精神力+[SL*2(20)]
TPブースト 5 常時 TP+SL*3(12)
VITブースト 3 常時 斬刺殴防御修正+SL(3)
AGIブースト 3 常時 行動値+SL(3)
TECブースト 1 常時 炎氷雷防御修正+SL、頭スキル与ダメ+SL(1)
修練の極み:回避 1 常時 回避+[CL/3(切捨)(6)]
修練の極み:抗術 1 常時 抗術+[CL/3(切捨)(6)]
ラインディバイド 3 セットアップ [10-SL(7)]TP ラウンド間,同エンゲージの味方対象の攻撃を自身に変更,防御判定1回,ダメージ人数分
オールディバイド 1 セットアップ [15-SL(14)]TP ラウンド間,味方対象の攻撃を自身に変更,防御判定1回,ダメージ人数分
ディバイドガード 3 ダメージ 20m 6TP ダメージロール直前/ダメージ引受,防御修正は自身,ダメージ-SL
援護攻撃 1 ダメージ 30m 3TP 対象の与ダメージ[+1D6](CL15以上で[+5D6]
援護防御 1 ダメージ 30m 4TP 実ダメージ[1D6+CL(16)]軽減(1/1R)
防御陣形 1 メジャー 20m 6TP 2R間斬刺殴+SL(1)
アシスタンス 1 オート 6TP 判定直後、達成値+2(CL15:+5)、1/R
プリヴェント 1 オート 6TP 判定直後、達成値-2(CL15:-5)、1/R
ワンモアチャンス 1 オート 2TP 判定直後、自身振り直し、1/2R(15CL~:1/R)
行者の功徳 5 オート スキル使用時HP[SL*2(10)]回復(サブクラス:モンク)
変身 1 マイナー (CL~15)TP 2R変身状態,HP全快,行動値1(サブクラス:ファフニール)
シャドウステップ 1 オート 自身 3TP 物理攻撃の回避判定+1(スペルブック)
余SP:0

所持常備品

所持品
マリンガード 水防御修正+3
氷霜の指輪(壊) 耐久値+4、氷属性に付属する状態異常無効、損傷度2/5(死亡時+1)


常備化点使用履歴
名称 個数 出納
初期作
初期常備化点 +1500 1500
ヒーターシールド 1 -550 950
レザージャーキン 1 -120 830
レザーグローブ 1 -150 680
チェインヘルム 1 -380 300
朱実の守り 1 -240 60
60
1話後
配布 +714 774
リトルシザーズ 1 -400 374
374
2話後
配布 +766 1140
クーラーシールド 1 -550 590
チェイングリーブ 1 -385 105
105
3話後
配布 +537 642
642
4話後
配布 +757 1399
5話後
配布 +690 2089
売)チェイングリーブ -1 +154 2243
クリムゾンレギンズ 1 -2156 87
6話後
配布 +144 231
231
7話後
配布 +845 1076
1076
8話後
配布 +1043 2119
化石の首飾り 1 -2000 119
119
9話後
配布 +388 507
507
10話後
配布 +996 1503
売)クーラーシールド -1 +220 1723
売)リトルシザーズ -1 +160 1883
売)ヒーターシールド -1 +220 2103
シルバーシールド 1 -1980 123
123

設定
ホッポル族の集落から大賢者サマリア探索の命を受け派遣された少女。
先代から要人の護衛を担う守り人の家系の一人であり、幼い頃から盾を中心とした戦闘技術を教育される。

ホッポル族の民族衣装の上に軽い鎧を着用し、頑強とはいえない体ながら自身の半身ほどの大きさの盾を背負っている。
平時でも栗毛色の短髪に編み物の帽子を着用している事が多く、お世辞にも女性的とは言いがたい貧相な体型からも一見して少女か少年かを判別するのは難しいが、本人もそれほど気にしてはいないらしい。

世界滅亡の予言を元に、単身で大陸のどこにいるかもわからないような人物の捜索を行わされる、と
かなり過酷な境遇で有るはずなのだが、本人の奔放で先を考えない性格から勢いで放浪生活を続けており、
特に大きな事件に合うこともなく、更に偶然世界樹の巫女に出会うことに成功している。これが【幸運者】たる所以だろうか。

ホッポル族にしては珍しく、種族の境なく誰にも人懐っこい性格。
特に、世界樹の巫女であるミラに対しては妄信的とも言える忠誠心を見せることもあり、はたから見れば従者そのものに見えるであろう。
パーティの他の者からは邪険に扱われがちなアリスや、冒険者を襲撃してくる蛮族などにも気さくに話しかけ始めかねないが、パーティの年長者の発言に逆らうこともないため事なきを得ている状況。

家族構成は、祖母と両親、姉と弟妹の7人家族。
里の事実上の軍である護衛隊に多くの者が入隊する家系であり、かつて活躍した祖父と父に加え、
剣士として優秀であった姉も若くして抜擢されている。

祖母:クロカ
父方にあたる祖母。気功学や薬草学の心得があり、村ではかつて薬屋を営んでいた。
村に伝わる物語を孫に聞かせてやることと庭のハーブの手入れが趣味。
「行者の功徳」はシルヴィアが祖母から教わった気功学に基づく呼吸法によるもの。

父:フォレノ
お調子者で気さくな中年の父。数年前までは護衛隊で盾兵として活躍していたが、脚を痛め現在は退役している。
息をするように冗談を吐く軽い言動が目立つが、家族思いの優しい父。子供とのスキンシップを好むが、最近末娘にも寝る前のキスを嫌がられるのが悩み。
シルヴィアの盾術は彼の教育に寄るものが大きい。

母:ウェルシュ
柔和で温厚な母。料理が上手く、得意料理のシチューは絶品。
夫の冗談を軽く流すのに長け、その裏にある真意を感覚で見ぬいてしまうことから逆らえない彼を尻に敷いている。
最近の心配事は護衛隊で活躍する長女と遠方に出た次女の無事、夫のいびきの音量が大きくなってきている事。
シルヴィアが良く食べる子に育ったのは、彼女の料理で生活してきた故だろうか。

長女:サバラ(17)
優れた剣士であった祖父に憧れ幼い頃から剣術を学び護衛隊に志願した、家族思いの気丈な少女。
遺伝もあるのか優秀な二刀流技術を持ち、若くして護衛隊の主要メンバーとして活躍している。
女の強い家庭であったこともあり、堅物で人付き合いの上手くない性格から男ばかりの護衛隊での人間関係に少し難儀している。
シルヴィアが盾術を学ぶようになったのは、姉への憧れと彼女を守りたい思いが大きな要因。

長男:トルテ(10)
近頃反抗期を迎えた長男。父に似て悪戯好きの問題児。
近所でも悪餓鬼として悪名高いが、憎めない性格からなんだかんだ愛されている。
最近近所の幼馴染の少女がなぜか気になってしまい、ついつい悪戯をしては母に叱られる。
シルヴィアも共謀し悪戯を図ることも多く、悪友のような関係性。

三女:フィナ(8)
泣き虫で甘えん坊な少女。姉らとは異なり気弱で人見知りも酷く、母の手をいつも離さない。
慌てる反応が面白いのか、お気に入りのぬいぐるみたちを兄に頻繁に隠されては母に泣きつく様子がよく見られる。
最近はお姉ちゃん達に会えない日も多いため、寂しがり母と祖母に甘える日々。
泣いている彼女を家族で一番早くなだめるのは、シルヴィアの額を合わせ頬をすりつける熱烈なハグだったりする。

護衛隊:
ホッポル族の自警団に相当する部隊。平時では里内での事件に対応する他、里へ侵入するモンスターへの警戒や討伐、
山へ狩りに向う狩猟隊の護衛等を行う。
かつては世界樹の巫女の護衛として置かれたようだが、今ではその名に名残を残すのみとなっている。

お姉ちゃんはレイピア/マンゴーシュみたいな装備しちゃうショーグン系ビルド女騎士だといいなって思います





名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。